Violaceae

2016年7月 5日 (火)

Rinorea virgata (Thwaites) Kuntze

遭遇頻度はあまり高くないけれど、東南アジアで出会ったスミレ科のRinoreaも何だかんだで10種くらいになりました。1mに満たないshrubから8mにもなるtreeまで、様々に分化しています。まだ同定に至ってないものもいくつかあり、新種っぽいものもあり、、、もう少し真面目に頑張らないと。

----------
Rinorea virgata (Thwaites) Kuntze, Revis. Gen. Pl. 1: 42 (1891).
Distribution: China, Laos, Myanmar, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Rinorea_virgata
やや乾燥する藪や林縁のようなところに生えていた、葉は長さ3-4㎝と小型のRinorea。
広域に分布しているようですが、ミャンマーで初めて出会いました。

Rinorea_virgata2
葉裏と、腋生の花、そして果実。

Rinorea_virgataw
おまけで果実の写真をもう一枚。

2016年3月23日 (水)

Viola annamensis Baker f

年明けよりマレーシア、ベトナム、インドネシアと怒涛の調査に明け暮れ、長らくご無沙汰してしまいました。ようやく福岡に戻り、しばらくは落ち着いた生活を送ることができそうなので(といっても明日、明後日はまたお出かけですが)、東南アジアの植物紹介を再開します。

再開記念は2月に行ったベトナムで見つけたこのスミレ。渓流沿いに生え、葉もやや披針形気味でケイリュウタチツボスミレを彷彿とさせます。
------------
Viola annamensis Baker f., J. Nat. Hist. Soc. Siam iv. 128 (1921).
Distribution: Vietnam.

Viola_annamensis
あいにくの雨天でしたが、スミレは満開でご満悦。

Viola_annamensis_2
葉裏。葉も花も無毛。

Viola_annamensis_3
花弁は細長く、ほんのりとピンク~紫色を帯びます。

Viola_annamensis_4
横からみたところ。距は白色で短い。

2014年11月10日 (月)

Rinorea anguifera Kuntze

木本スミレの2種目。奇抜な果実が特徴的ですが、東南アジアでは割と普通種。

-------------------
Rinorea anguifera Kuntze, Revis. Gen. Pl. 1: 42 (1891).
Distributoin: Burnei, Cambodia, Indonesia, Malaysia, Thailand, Vietnam.

Rinorea_angustifolia
乾季の道路際の個体は砂埃にまみれて何だか可哀想。

Rinorea_angustifolia2
葉裏。この鋸歯の感じは確かにスミレっぽい。

Rinorea_angustifolia3
花と果実。下の小さい花が受粉すると大きく生長してもじゃもじゃに。どうしてこうなってしまったのか。広域分布して分布拡大に成功していることを考えると、何かしらの利点があるに違いない。

2014年11月 3日 (月)

Rinorea bengalensis (Wall.) Kuntze

2年前は「Suregada?」とEuphorbiaceaeの私が知らない属だろうと決めつけ、そのまま同定することもなく放置していたこちらの植物。久々に写真を見ると、「あれ?これスミレじゃん」と思い、調べてみたらやっぱりRinoreaでOKでした。

Rinorea bengalensis、名前は知っていましたがこれがそうだったのか・・・。今見るとRinoreaにしか見えないのに。当時はまだまだレベル不足でした。

------------------------
Rinorea bengalensis (Wall.) Kuntze, Revis. Gen. Pl. 1: 42. (1891).
Alsodeia bengalensis Wall. Trans. Med. Soc. Calcutta vii: 224 (1846).
Distribution: Australia, Cambodia, China, India, Malaysia, Myanmar, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Rinorea_bengalensis
Celastraceaeのような低い鋸歯。石灰岩地に生え、1mほどの低い木でした。

Rinorea_bengalensis2
葉裏。うーん、何だかあまり特徴ないですね。

Rinorea_bengalensis3
立派な托葉痕ととガク片の長いこの果実がスミレの決定打。次は花を見て見たい。

その他のカテゴリー

Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Balsaminaceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Cannabaceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Clethraceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Dipentodontaceae | Dipterocarpaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Gentianaceae | Hamamelidaceae | Hypericaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Lythraceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Pandaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Schisandraceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Tetrameristaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Trigoniaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ミャンマー】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ