Salicaceae

2016年11月23日 (水)

Scyphostegia borneensis Stapf

花と果実があっても何の科か全く分からなかった植物。ようやくScyphostegia borneensis という種であることが分かりました。昔の植物学者も悩んだようで、色々な科に入れられたり、Scyphostegiaceaeという単独の科に入れられたり。最近のAPGIII分類体系では広義のSalicaceaeに含まれているそうです。

----------------
Scyphostegia borneensis Stapf, Trans. Linn. Soc. London, Bot. 4(2): 218 (1894).
Distribution: Malaysia (Borneo).

Scyphostegia_borneensis
標高1200m付近の沢に近い常緑樹林にて。

Scyphostegia_borneensis2




葉裏。葉だけ見るとScolopiaを縦長にしたような葉。

Scyphostegia_borneensis3
花序。こちらは雄花。花筒があり、確かにSalicaceaeっぽくない。

Scyphostegia_borneensis4


果実には長い柄がある。本種は雌雄異株で、こちらの写真は別個体のもの。

2016年8月 9日 (火)

Homalium caryophyllaceum Benth.

本日は健康診断。結果を受け取るのはしばらく後になりますが、まあ当人の感覚的には何も大きな問題がないはず。

--------------------
Homalium caryophyllaceum Benth., J. Proc. Linn. Soc., Bot. 4: 38 (1860).
Distribution: Cambodia, Indonesia, Malaysia, Thailand, Vietnam.

Homalium_caryophyllaceum
ボルネオの湖をボートに乗って植物探索。水際のヤブでHomaliumが咲いているのを見つけました。

Homalium_caryophyllaceum2
葉裏。葉は結構分厚い。

Homalium_caryophyllaceum3
雄蕊はglandの間から3本ずつ出ていて、合計15本。めしべの先端は4-5本に分かれていました。

Homalium_caryophyllaceum4
自生地の様子。こんな水際にHomaliumが生えているとは。新種!?と思ったけど、あっさり同定されてしまいました。しかも広域分布の種。山地の森林ばっかり行っててはなかなか出会うことのできない種でした。

2015年7月 4日 (土)

Homalium cochinchinense (Lour.) Druce

Flacourtiaceaeに分類されていた属の多くが、APG分類体系ではAchariaceaeとSalicaceaeに組み入れられました。

-------------------
Homalium cochinchinense (Lour.) Druce, Rep. Bot. Soc. Exch. Club Brit. Isles 4: 628 628 (1917).
Astranthus cochinchinensis Lour., Fl. Cochinch. 1: 222 (1790).
Distribution: Cambodia, China, Thailand, Vietnam.

Homalium_cochinchinensis
東南アジアでは標高800-1400m付近でポツポツと生えている。

Homalium_cochinchinensis2
葉裏。脈上には細かい毛が生えています。

Homalium_cochinchinensis3
花序。毛の多い様子はH. dasyanthum (Turcz.) W.Theob.に似ている。

2015年1月16日 (金)

Hemiscolopia trimera Slooten

今日はベトナムで得たEuphorbiaceaeの花を夕方から見ていました。discだのcolumnだの、聞きなれない単語がたくさん登場し、観察した花の構造を何とか言葉で表現したかったのですが、、、どうにも行き詰ってしまいました。続きはまた明日!

-----------------
Hemiscolopia trimera Slooten,  Bull. Jard. Bot. Buitenzorg III, 7: 342 (1925).
Distribution: Malaysia, Thailand, Vietnam.

Hemiscolopia_trimera
色合いといい、形といい、何だかサワヤカな印象を受ける低木。

Hemiscolopia_trimera2
葉がやや厚く、ゆるい鋸歯と横に走る三次脈が本種の特徴。

Hemiscolopia_trimera3
果実はGarciniaの若い果実を彷彿とさせる、なんだか面白い形。花はまだ見たことないのでとても気になります。

その他のカテゴリー

Acanthaceae | Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Balsaminaceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Cannabaceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Cardiopteridaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Chrysobalanaceae | Clethraceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Dipentodontaceae | Dipterocarpaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Gentianaceae | Hamamelidaceae | Hypericaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Lythraceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Pandaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Schisandraceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Tetrameristaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Trigoniaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ミャンマー】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ