Rubiaceae

2016年8月10日 (水)

Schradera polysperma (Jack) Puff, R.Buchner & Greimler

マレーシアでは科も属も分からない植物にたくさん遭遇。そういうのは聞いたことのない名前の分類群の標本や文献を片っ端から当たっていくしかなく、、、そのうちいつか「おおっ!これはあの時に見た〇〇〇だー!」とばっちり当てはまるものを見つけ、胸のつかえが取れてスッキリする訳です。いやーこれぞ快感。

こちらは倒木の樹幹についていた、現地で「Morinda? (でもMorindaじゃない)」と呼んでいたアカネ科のつる(というよりはScandent epiphytic shrub)。全く分かりませんでしたが、別の目的のためにアカネ科の文献を片っ端から拾っていくと運よく同定することができました。

------------------
Schradera polysperma (Jack) Puff, R.Buchner & Greimler,  Blumea 43: 293 (1998).
Morinda polysperma Jack, Malayan Misc. 1(5): 14 (1820).
Distribution: Indonesia (Sumatra), Malaysia Thailand.

Schradera_polysperma
花や果実がないと思わずGynochthodesとか言ってしまいそう。

Schradera_polysperma2
葉裏はのっぺり。

Schradera_polysperma3
花弁の内側には長い毛がたくさん生えていました。

2015年11月28日 (土)

Gardenia sootepensis Hutch.

今日は日曜大工に取り組むなど、久々に?のゆっくりとした休日を過ごすことができました。

---------------
Gardenia sootepensis Hutch., Bull. Misc. Inform. Kew 1911: 392 1911.
Distribution: Cambodia, China, Laos, Thailand.

Gardenia_sootepensis
やや乾燥気味のところに生えているGardenia。

Gardenia_sootepensis2
葉は触るとザラザラ。

Gardenia_sootepensis3
果実は長楕円形でわずかに5、6稜があります。

2015年9月18日 (金)

Rennellia elliptica Korth.

暇なようでやらねばならぬことは山積。タイムリミットはあと3週間。少しずつ、着々と片付けていくしかありません。

-----------------------
Rennellia elliptica Korth., Ned. Kruidk. Arch. 2(2): 257 (1851).
Distribution: Indonesia, Malaysia.

Rennellia_elliptica
スマトラの低地~標高600m付近までやや普通に見られるアカネ科の低木。

Rennellia_elliptica2
全体無毛。

Rennellia_elliptica3
花は5数性。R. ellitpicaは通常3つの花の子房が1つに融合しています。

2015年8月20日 (木)

Xanthophytum polyanthum Pit.

ベトナムで見つけた、OphiorrhizaとGreeneaを足して2で割ったような謎植物。今日ようやく同定できました。アカネ科にこんな属があったとは。

-------------------------
Xanthophytum polyanthum Pit., Fl. Indo-Chine [P.H. Lecomte et al.] 3: 91. 1922
Distribution: China, Vietnam.

Xanthophytum_polyanthum
花序の柄が長く伸びる点がこの種の特徴のひとつ。

Xanthophytum_polyanthum4
立派な托葉。

Xanthophytum_polyanthum2
葉裏は脈がたくさんあってGreeneaっぽい。

Xanthophytum_polyanthum3
果実は裂開しない(はず)。

2015年3月12日 (木)

Greenea corymbosa (Jack) Voigt

花序がタコノアシっぽく思えてずっと見てみたかったこの植物、ついにタイ南部で出会うことができました!

------------
Greenea corymbosa (Jack) Voigt, Hort. Suburb. Calcutt. 385 (1845).
Distribution: Indonesia, Malaysia, Myanmar, Thailand.

Greenea_corymbosa
葉は想像していたよりずっと大きかったです。

Greenea_corymbosa3
枝はTarennaっぽい。托葉は長い。

Greenea_corymbosa4
果実や花序軸には毛がびっしり。ガク裂片は4つでした。

2015年1月14日 (水)

Gynochthodes cochinchinensis (DC.) Razafim. & B. Bremer

ハナガサノキと言えばMorinda属の植物として覚えていましたが、最近の分子系統の結果を踏まえ、

Razafimandimbison, S. G., & Bremer, B. (2011). Nomenclatural changes and taxonomic notes in the tribe Morindeae (Rubiaceae). Adansonia 33(2): 283-309.

の論文ではGynochthodes属への組み替えが提唱されています。

いやはや、つい先日までNさんに教えていただくまで全く知りませんでした。いろんな分類群でどんどん論文が発表されるので、追いつくのが大変です(といっても、これはもう4年前の論文でしたが)。この考えが良いかどうかはちょっと論文を読んでみないと分かりませんが、今回はひとまずこれに準じてGynochthodesとしておきましょう。こちらはハナガサノキの近縁種の植物。

-------------------
Gynochthodes cochinchinensis (DC.) Razafim. & B. Bremer, Adansonia, sér. 3, 33(2): 288 (2011).
Morinda cochinchinensis DC., Prodr. 4: 449 (1830).
Distribution:Cambodia, China, Vietnam.

Gynochthodes_cochinchinensis
花序は頂生。ハナガサノキと同様、つる植物です。

Gynochthodes_cochinchinensis2
葉裏は微毛が全面に生えています。Flora of Chinaによるとdensely villosulousと表現してありました。

Gynochthodes_cochinchinensis3
果実は数個が融合。しかし何とも不思議な形。

2014年10月31日 (金)

Hedyotis capitellata Wall. ex G.Don

インドシナ半島の中標高域の林縁部でちらほら見かけるHedyotisの一種。

-------------
Hedyotis capitellata Wall. ex G.Don, Gen. Hist. 3: 527 (1834).
Distribution: Cambodia, Laos, Thailand, Vietnam.

Hedyotis_capitellata
Scandent herbというべきなのか、周囲の藪や木にからみながら数mまで伸長していきます。

Hedyotis_capitellata2
葉裏。写真の下の方にギリギリ写っている托葉も特徴的。

Hedyotis_capitellata3
花は4数性。雄蕊が長く突き出ています。カンボジアで出会った個体の花は白色でしたが、ベトナムでみかけた写真の個体は黄色味を帯びていました。

2014年9月 8日 (月)

Coelospermum truncatum (Wall.) Baill. ex K.Schum.

東南アジアでは種数はおそらく五指に入るアカネ科のグループ。低木から高木、そしてつるになったりと多様に分化しています。こちらは約10種からなるCoelospermum属の1種。木本つる植物です。

--------------------------------
Coelospermum truncatum (Wall.) Baill. ex K.Schum., Nat. Pflanzenfam. 4(4): 136 (1891)
Distribution: Cambodia, Thailand, Vietnam.

Coelospermum_truncatum
ひとつの花をよくよく見てみれば確かにRubiaceae。

Coelospermum_truncatum3
写真の個体は日当たりの良い林縁で見つけたつるの上部のもの。林内に生えているときはもう少し幅広の葉をしています。

Coelospermum_truncatum2
葉裏の三次脈は割とよく見える。托葉がすぐに落ちるため、幼いときはアカネ科と気づかないことも多々ありました。難しい。

2014年8月26日 (火)

Timonius corneri Wong

カンボジアのTimonius、ひとまずこの名前にあてておきますが、もう少し丁寧に調べた方がいいかも。

-------------------
Timonius corneri Wong, Kew Bull. 43: 500 (1988).
Distribution: Cambodia, Malaysia, Singapore, Thailand.

Timonius_corneri
アカネ科なので葉は対生。そして薄っぺらい紙質のすらっとした葉があればTimoniusです。

Timonius_corneri2
葉裏の様子。葉のサイズは20㎝を超える大きいものから8㎝ほどと小さいものまで生育環境によって大きく変異がありました。

Timonius_corneri3
短い花序を葉腋から出し、黄色い花を咲かせます。

Timonius_corneri4
ちょっとピンボケですが、果実は花序あたりだいたい1-3つ。こじんまりしてなかなか可愛い。

2014年8月24日 (日)

Canthium filipendulum Pierre ex Pit.

ベトナムの森で見慣れぬCanthiumを発見。これは新種かも!?と思って調べたらちゃんと90年前に記載されている種でした。いやはや、昔の人は本当に良く採り、きちんと発表までしていて、その知識と努力量に頭が下がるばかりです。

---------------
Canthium filipendulum Pierre ex Pit., Fl. Indo-Chine [P.H. Lecomte et al.] 3: 296 (1924).
Distribution: Vietnam.

Canthium_filipendulum1
葉は柔らかく、私が出会ったCanthiumの中で高貴な印象を漂わせる一番の美麗種。

Canthium_filipendulum2
対生するトゲが出て、葉裏のこの脈の雰囲気はやっぱりCanthium。

Canthium_filipendulum
実はCanthiumの花をまともに見たのはこのときが初めて。この種はガクが著しく反り返っていますが、すべてがこのような形状の花をつける訳ではなようです。

その他のカテゴリー

Acanthaceae | Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Balsaminaceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Cannabaceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Clethraceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Dipentodontaceae | Dipterocarpaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Gentianaceae | Hamamelidaceae | Hypericaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Lythraceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Pandaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Schisandraceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Tetrameristaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Trigoniaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ミャンマー】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ