Phyllanthaceae

2016年11月15日 (火)

Bridelia retusa (L.) A.Juss.

相変わらず更新が突然途絶えてしまい、申し訳ありません。インドネシア(スマトラ、ジャワ)とカンボジアに行ってきました。今年は例年に比べ、1割増しで日本にいない日が多い気が・・・。今月の残りはおとなしく日本にいることになっているので、約2週間ほど再開します。

-----------------
Bridelia retusa (L.) A.Juss., Euphorb. Gen. 109 (1824).
Distibution: Cambodia, China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Nepal, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Bridelia_retusa
東南アジアのDry evergreen forest, Mixed evergreen forest, Dry deciduous forestなどで割とよく見かけるBrideliaの木。葉は大型で分厚いので他の種と容易に区別できます。

Bridelia_retusa2
枝には皮目があり、葉裏の側脈間には細かいはしご状の脈が目立ちます。

Bridelia_retusa3
果実のサイズは1㎝に満たないですが、Brideliaの中では大きい方。

2015年4月19日 (日)

Aporosa microstachya (Tul.) Müll.Arg.

4月に入ってからしばらくは、苦手科目としていたAporosaを勉強していました。Aporosa属はインド~中国~東南アジア~ニューギニアまで、約82種が記載されているようです。そのうち、私が見たのはまだ20種未満。まだまだ道のりは遠いです。

このブログでは以前にカンボジアで見た Aporosa tetrapleura Hance を紹介していたのでこれが2種目。

------------------------------
Aporosa microstachya (Tul.) Müll.Arg., Prodr. [A. P. de Candolle] 15(2.2): 474 (1866).
Scepa microstachya Tul., Ann. Sci. Nat., Bot. sér. 3, 15: 256 (1851).

Aporosa_microstachya
タイ南部でA. microstachyaと呼ばれているタイプ。川沿いに生え、3-5mの低木でした。

Aporosa_microstachya2
葉裏は意外とテカテカ。枝は細く、わずかにジグザグ気味。

Aporosa_microstachya3
雌花序と若い果実。花序は短く、果実、柱頭に毛が生えているのがわかります。

2014年11月13日 (木)

Cleistanthus tomentosus Hance

やや湿り気のある常緑樹林でみつけたCleistanthusの一種。

----------
Cleistanthus tomentosus Hance, J. Bot. 15: 337 (1877).
Distribution: China, Cambodia, Thailand, Vietnam.

Clesitanthus_tomentosus
全体的に毛が生えていて、昨日のC. myrianthusに比べるとずいぶんやわらかい印象。

Clesitanthus_tomentosus2


葉裏はやや白味を帯び、全体に毛が生えています。

Clesitanthus_tomentosus3
果実の毛は次第に抜け落ちていくようです。

2014年11月12日 (水)

Cleistanthus myrianthus (Hassk.) Kurz

先日Brideliaを掲載し、その流れのPhyllanthaceae仲間としてはこの属も外せません。Brideliaに近縁な属で、東南アジアにおける森林の重要な構成要素のひとつのCleistanthus。140種ほどが分布し、属名は"hidden + flower"、小さい花にちなんだ名前でした。

--------------------
Cleistanthus myrianthus (Hassk.) Kurz, Prelim. Rep. Forest Pegu, App. A cx (1875).
Nanopetalum myrianthum Hassk., Verslagen Meded. Afd. Natuurk. Kon. Akad. Wetensch. 4: 141 (1855).
Distribution: Australia, India, Indoneisa, Malaysia, Myanmar, Philippens, Singapore, Solomon Islands, Thailand, Vietnam.

Cleistanthus_myranthus2
広域に分布する結構立派な木。インドシナではポツポツ見たことありますが、インドネシアではまだ見たことありません。下3枚の写真は日向の枝で、上の写真は日蔭の枝(でもそれぞれ別個体)。葉の形はずいぶん変わるようです。

Cleistanthus_myrainthus
花も実もあり、ちょうど良いシーズンに出会いました。確かに1つの木がこれだけ果実を実らせていたら、分布域も広くなるに違いない。

Cleistanthus_myrainthus3_3
葉裏は全面明るい茶褐色。最初に花も果実もない上の写真の個体を見たときは、黄金色の葉裏と膨れる葉柄からDurioの何かと思ってしまいました・・・。

Cleistanthus_myrainthus2
花と果実がいい具合に写っていました。Phyllanthaceaeなので果実は3裂します。

2014年11月 5日 (水)

Bridelia stipularis (L.) Blume

Brideliaは熱帯の低地にぽつぽつと広く見られる普通種。花がとても小さく、葉や果実はどの種も似た形をしていて、その分類はなかなか難しい。いくつか同定できない種を抱えています。いずれなんとかせねば。

--------------------
Bridelia stipularis (L.) Blume, Bijdr. Fl. Ned. Ind. 12: 597 (1826).
Clutia stipularis L., Mant. Pl.: 127 (1776).
Distribution: Bhutan, Brunei, Cambodia, China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Nepal, Philippines, Singapore, Sri Lanka, Thailand, Timor, Vietnam.

Bridelia_stipularis
カンボジアの低地にて。広域に分布していることになっていますが、まだインドシナでしかこれはと思うものを見たことありません。

Bridelia_stipularis2
Brideliaの中では毛が多い方で、葉裏には短い白色の毛がびっしり。

Bridelia_stipularis3
果実。種小名の通り、ガクは大きく目立つ。

2014年10月17日 (金)

Antidesma laurifolium Airy Shaw

Antidesmaの仲間は以前にAntidesma puncticulatum Miq.Antidesma ghaesembilla Gaertn. を紹介していたのでこれが3種目。日本ではヤマヒハツ1種ですが、東南アジアにはたくさん分布しています。

A. laurifoliumは現地ではごく普通に生えていますが、分布域は意外と狭く、タイ南東部からカンボジアの南部にかけての湿った常緑樹林内にのみ、となっています。ベトナムでもただ花序が短いだけのよーく似たものを見ていて、それが何なのか気になるところ。

-----------------------
Antidesma laurifolium Airy Shaw, Kew Bull. 26: 356 (1972).
Distribution: Cambodia, Thailand (SE).

Antidesma_laurifolium
葉は厚ぼったく細長い。主脈が上に凸なのもなかなか特徴的。

Antidesma_laurifolium2
葉裏。三次脈はうっすらと見えるがどちらかというと不明瞭。

Antidesma_laurifolium4
雌の花序。咲いているときは4㎝程だったかと。

Antidesma_laurifolium3
果実は偏平な球形。

2014年7月 5日 (土)

Aporosa tetrapleura Hance

Antidesmaはまだ数種類見ているのですが、いい写真がすぐに出てこないのでひとまずAporosaを。明日から日本を離れ、東南アジアの森に植物を探しに出かけてきます。そのため更新が遅れる、または停止してしまうかもしれませんが、、、ご容赦ください。

-----------------------
Aporosa tetrapleura Hance, J. Bot. 14: 260 (1876).
Distribution: Cambodia, Vietnam.

Aporosa_tetrapleura
Aporosaは苦手科目のひとつですが、この種は葉の形が特徴的なのであっさり同定できました。

Aporosa_tetrapleura2
葉は厚く、裏面には細かい脈が明瞭に見えます。

Aporosa_tetrapleura3
花が小さいあたりはやっぱりAporosa。

Aporosa_tetrapleura4
果実も小さいけれど、いい具合に色づき始めています。リンゴのような桃のような。

2014年7月 4日 (金)

Antidesma puncticulatum Miq.

Antidesma buniusとしばし悩みましたが、やっぱりこの種に同定。A. buniusは腋生(/頂生)の花序をつけるのでこれは違うはず。

-------------
Antidesma puncticulatum Miq., Fl. Ned. Ind., Eerste Bijv. 468 (1861).
Distribution: Cambodia, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Philippines, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Antidesma_bunius
葉はテカテカのダエンバ。

Antidesma_bunius2
葉裏もテカテカ(標本にしても)で細かい際脈が明瞭に見えるところが特徴的です。

Antidesma_bunius3
果実はとてもすっぱい。ので、疲れたときに食べれば元気になれます!

2014年7月 3日 (木)

Antidesma ghaesembilla Gaertn.

長い葉柄と葉の形が特徴的なので、すぐにそれと分かるAntidesmaの一種。しかし種小名の読み方が難しく、未だに名前を覚えられないAntidesmaでもあります。グハエセムビラ?

------------------------
Antidesma ghaesembilla Gaertn., Fruct. Sem. Pl. 1: 189 (1788).
Distribution: Australia, Bangladesh, Cambodia, China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Nepal, Papua New Guinea, Philippines, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Antidesma_ghaesembilla
葉の長さはだいたい6-9㎝ほど。低地の乾燥季節林、乾燥フタバガキ林に生えています。

Antidesma_ghaesembilla2
乾燥地に生えるため、葉はやや厚みがあり、両面に光沢があります。葉の基部はややcordate気味。

2014年7月 1日 (火)

Phyllanthus roseus (Craib & Hutch.) Beille, Gagnep.

これでPhyllanthusは一区切り! ちょっと多型的な種ですが、ひとまずこの名前をあてておきましょう。将来的に2種には分けられそうですが、もっとたくさんのサンプルを見るが必要があります。

----------------------
Phyllanthus roseus (Craib & Hutch.) Beille, Gagnep., Fl. Indo-Chine [P.H. Lecomte et al.] 5: 590 (1927).
Phyllanthodendron roseum Craib & Hutch., Bull. Misc. Inform. Kew 1910: 23 (1910).
Distirbution: Cambodia, Laos, Thailand, Malaysia, Vietnam.

Phyllanthus_roseus
高さ0.5-2mほどの低木。緑色が美しい。

Phyllanthus_roseus3
葉裏は白く、無毛。

Phyllanthus_roseus2
果実は大きくて直径1.5-2㎝ほど。なんだか美味しそう。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Acanthaceae | Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Balsaminaceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Cannabaceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Cardiopteridaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Clethraceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Dipentodontaceae | Dipterocarpaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Gentianaceae | Hamamelidaceae | Hypericaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Lythraceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Pandaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Schisandraceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Tetrameristaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Trigoniaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ミャンマー】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ