Moraceae

2016年7月12日 (火)

Ficus lamponga Miq.

いよいよ明日からBorneoへ。今から慌てて荷物の準備です。東南アジアに行くときはいつも直前にドタバタ。それではまた。今月末に戻ります。

------------------
Ficus lamponga Miq., Fl. Ned. Ind., Eerste Bijv. 431 (1861).
Distribution: Cambodia, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Ficus_lamponga
葉は楕円形。

Ficus_lamponga2
東南アジアの中では珍しく低地に生えていても落葉するタイプで、葉質は薄い。

Ficus_lamponga3
果実。葉のついていない古い枝に柄のある果実をたくさんつけます。

2016年1月14日 (木)

Ficus obpyramidata King

タイ南部で見たことのないFicusを発見。これは新種かも?と思いましたが、どうやらこの種でよさげな感じ。

-----------
Ficus obpyramidata King, Ann. Roy. Bot. Gard. (Calcutta) 1: 116 (1888).
Distribution: Malaysia (Peninsula), Myanmar, Thailand.

Ficus_obpyramidata
葉のサイズや形はFicus hispida L.f.に似ていますが、対生でなかったり、毛の質が違ったりと明らかに別種の雰囲気。

Ficus_obpyramidata2
葉裏。

Ficus_obpyramidata3
果実。この手の果実をつけるのはFicus属の中でもSycomorus亜属の仲間。

Ficus_obpyramidata4
せっかくなので果実を割った写真も。中にはイチジクコバチや寄生蜂がわらわらといました。

2014年8月 2日 (土)

Ficus variolosa Lindl. ex Benth.

標高1300mを越える森でFicusを見つけました。ベトナムはまだ同定していないFicusがたくさん、ぼちぼち頑張ります。

--------------------
Ficus variolosa Lindl. ex Benth.
Distribution: China, Laos, Vietnam.

Ficus_variolosa
Ficus ischnopoda Miq.を小さくしたような可愛らしいFicus。

Ficus_variolosa2
葉裏の脈は細かい。托葉も小さいながら、Ficusっぽい立派な形をしています。

Ficus_variolosa3
果実は赤色に熟していました。

2014年7月28日 (月)

Artocarpus gomezianus Wall. ex Trécul

(おそらく自分しか呼んでないだろうけど)通称ゴメちゃん。Artocarpus ではArtocarpus chamaに次いでちらほらと見かける種です。

-----------------
Artocarpus gomezianus Wall. ex Trécul, Ann. Sci. Nat., Bot. III, 8: 118 (1847).
Distribution: India, Indonesia, Myanmar, Malaysia,  Philippines, Singapore, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Artocarpus_gomeziana
ジャックフルーツ(A. heterophyllus)ともA. chamaともずいぶん印象が違いますが、葉はいかにもArtocarpusというような深緑色。

Artocarpus_gomeziana2
葉裏の様子。側脈は明瞭に隆起し、三次脈もやや隆起しています。枝葉は無毛。

Artocarpus_gomezianus3
果実は直径5-8㎝の手頃なサイズ。

Artocarpus_gomezianus4
果実の中身はどんなのだ、と切ってみると赤色でびっくり! そして乳液がたくさん出てきて、案の定剪定ばさみがベトベトになってしまいました・・・。

2014年2月16日 (日)

Artocarpus chama Buch.-Ham.

Artocarpusは種類としては5種以上得ているのですが、いまいち同定に自信がないので今回は分かりやすいこの種のみ紹介しておきます。広域分布でA. rigidusとも呼ばれたりしているようですが、ここではBerg et al. (Flora of Thailand 10 (4), 2011) に従っておきましょう。

-----------------------
Artocarpus chama Buch.-Ham., Mem. Wern. Nat. Hist. Soc. 5: 331 (1826);
Artocarpus asperulus Gagnep., Bull. Soc. Bot. France 73: 86 (1926);
Artocarpus rigidus subsp. asperulus (Gagnep.) F.M.Jarrett, J. Arnold Arbor. 40: 154 (1959);
Distribution: Bangladesh, Cambodia, China, India, Myanmar, Thailand, Vietnam

Frim4425
葉は幼木は不規則な深い切れ込みをしていることが一般ですが、成木は普通のよくある単葉の形をしています。

Artocarpus_chama2
葉裏はザラザラ。

Artocarpus_chama3
果実は直径20㎝程度。

Artocarpus_chama4
10mの高さから落とした果実、キャッチし損ねて炸裂してしまいました・・・。中身は見た目ジャックフルーツそのものですね。

Artocarpus_chama
これは上の写真4枚とは全然別のもので、カンボジアの畑の中で切り残されていた株です。村人にお願いして数枝ほど採らせてらせてもらいました。熱帯の樹木は枝を採るにも一苦労。

2014年2月14日 (金)

Streblus taxoides (Roth) Kurz

林縁部や林床に多いStreblusの仲間。前の2種よりやや乾燥に強いようで、常緑の乾燥季節林に生えているのを見かけます。

--------------------------
Streblus taxoides (Roth) Kurz, Forest Fl. Burma 2: 465 (1877).
Trophis taxoides Roth,  Nov. Pl. Sp. 368 (1821).
Distribtuion: China, India, Indonesia, Malaysia, Philippines, Sri Lanka, Thailand, Vietnam

Streblus_taxoides
暗い林床で木漏れ日を頼りに頑張って撮影。しかし、パソコンで見ると何とも見にくい写真となってしまいました。

Streblus_taxoides2
枝先がトゲになるところや、鋭角に伸びて結合する側脈が特徴的。

2014年2月13日 (木)

Streblus macrophyllus Blume

こちらもStreblusの一種。確かにStreblusの中では葉は大きめ。

-------------------
Streblus macrophyllus Blume, Mus. Bot. 2: 80 (1856).
Taxotrophis balansae Hutch., Bull. Misc. Inform. Kew 1918(4): 151 (1918).
Distribution: Indonesia, Malaysia, Philippines, Thailand, Vietnam.

Streblus_macrophyllus
特徴のない、どこにでもありそうな葉っぱをしていますね。

Streblus_macrophyllus_2
こちらのStreblusは葉裏の側脈が隆起し、三次脈もよく見え、昨日のStreblus indicusとはずいぶん違っています。

2014年2月12日 (水)

Streblus indicus (Bureau) Corner

山地の沢沿いなど湿り気のある森に多いStreblus indicus。インドシナの乾燥した低地林によくあるStreblus asperなどとは葉の形がずいぶん違っており、この属の特徴はまだよくつかめずにいます。花や果実を見れば納得なのでしょうが、、、この種の花や果実はまだ見たことありません。

-------------------------
Streblus indicus (Bureau) Corner, Gard. Bull. Singapore 19(2): 226 (1962).
Distribution: China, India, Thailand.

Streblus_indicus
葉は細長く光沢があり、最初はFicusの一種かと思っていました。

Streblus_indicus_2
中脈に対してほぼ直角に伸び、辺縁で上部の脈と結合している脈の様子が何とも特徴的。葉裏もテカテカです。

2014年2月10日 (月)

Maclura andamanica (King ex J.D. Hooker) C.C. Berg

Macluraをもう一種。花や果実は見たことありませんが、こちらはM. andamanicaと同定しています。MacluraはMoraceaeの仲間なので、枝や葉を折ると白い乳液が出ます。

-------------------

Maclura andamanica (King ex J.D. Hooker) C.C. Berg, Proc. Kon. Ned. Akad. Wetensch., C 89 (3): 245 (1986)
Distribution: India, Laos, Thailand, Vietnam.

Maclura_andamanica
M. fruticosaに比べて葉が少し厚く、葉柄が長い。

Maclura_andamanica_2
やっぱり枝にはトゲあり。

Maclura_andamanica_3
葉脈が上の脈と綺麗に結合し、三次脈は網状脈となっている点もM. frutiocsaとの違うところ。確かに違う。

2014年2月 8日 (土)

Ficus deltoidea Jack

比較的低地からガスのかかる標高の高い山地まで広く生育しているFicus。その分色んな変種や品種がかかれています。この写真はインドネシアの標高1600m付近にて。東南アジアでは鉢植えの観賞樹や盆栽としてよく利用されていて、探せば多くの情報が得られることでしょう。

-------------------------
Ficus deltoidea Jack, Malayan Misc. 2(7): 71 1822.
Distribution: Indonesia, Malaysia, Thailand.

Ficus_deltoidea_2
葉の丸さに加え、中脈のない葉脈も特徴的。

Ficus_deltoidea_3
葉も小さいですが、果実さらに小さい。

その他のカテゴリー

Acanthaceae | Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Balsaminaceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Cannabaceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Clethraceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Dipentodontaceae | Dipterocarpaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Gentianaceae | Hamamelidaceae | Hypericaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Lythraceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Pandaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Schisandraceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Tetrameristaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Trigoniaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ミャンマー】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ