Meliaceae

2016年10月 9日 (日)

Aglaia tomentosa Teijsm. & Binn.

タイなどでよく目にしていましたが、ボルネオで初めて果実を見ることができ、あっさりこの種に同定できました。かなり幅広く捉えられている種のようです。

-------------------
Aglaia tomentosa Teijsm. & Binn., Natuurk. Tijdschr. Ned.-Indië 27: 43 (1864).
Distribution: Australia, Cambodia, India, Indonesia, Malaysia, Myanmar, Thailand.

Aglaia_tomentosa
4mくらいの低木。

Aglaia_tomentosa2
葉裏も、特に脈上には黄褐色の毛がびっちり。

Aglaia_tomentosa3
1つだけついていた果実。

2016年8月30日 (火)

Sandoricum caudatum Mabb.

まだ完成していないけれど、とても便利なFlora Malesianaのe-data potalサイト。これだけで同定するのはほぼ無理な気がしますが、ある程度は同定の手がかりとなり助かります。

--------------
Sandoricum caudatum Mabb., Blumea 31: 150 (1985).
Distribution: Malaysia (Borneo).

Sandoricum_caudatum
よくあるSandoricum koetjapeに比べて葉が薄くテカテカ。

Sandoricum_caudatum2
葉裏も無毛。

Sandoricum_caudatum3
果実はやや小さい。

2014年10月27日 (月)

Dysoxylum cauliflorum Hiern.

広域分布種のDysoxylum cauliflorum。分布域は広く、かつ山地の沢沿いには割と普通に生える種のようで、下の写真のものはカンボジア産ですが、インドネシアやタイでも見たことあります。どこで見てもすぐにこの種と分かってしまうのは何だか不思議な感覚。

------------------------

Dysoxylum cauliflorum Hiern., Fl. Brit. India 1: 549 (1875).
Distribution: Cambodia, Indonesia, Malaysia (type), Philippines, Thailand, Vietnam.

Dysoxylum_cauriflorum
遠くから複葉の大きな木を見つけ、近づいてみるとDysoxylumでした。

Dysoxylum_cauriflorum2
複葉は長さ50㎝を超え、近づくと写真を撮るのがなかなか難しい。これは遠くから望遠でパシャリ。

Dysoxylum_cauriflorum3
葉裏。葉の基部は左右非対称。

Dysoxylum_cauriflorum4
Dysoxylumは葉の基部の膨らみに種ごとの特徴が出ます。D. cauriflorumはだいたいこのような感じをしています。新芽は細かい毛に覆われ、独特の灰緑色(緑がかった黄土色?)。

Dysoxylum_cauriflorum5
果実は一部角張り、緑色からやがて朱赤色に。

2014年9月 6日 (土)

Walsura robusta Roxb.

東南アジアで見かける代表的なWalsuraは2種あり、W. pinnataとW. robusta。昨日のW. pinnataに続いてもう1種のW. robustaも掲載しておきます。

昨日のW. pinnataのすぐ横に生えていた木ですが、こちらの種の方がやや乾燥したところで多く見ることができます。

-----------
Walsura robusta Roxb., Fl. Ind. ed. 1832 2: 386 (1832).
Distribution: Cambodia, China, Bangladesh, Bhutan, India, Laos, Malaysia, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Walsura_robusta
葉は2対。W. pinnataより小型で葉柄が細い。

Walsura_robusta2_2
葉裏の三次脈が著しく細かく、この脈と小葉柄の両端の膨らみがあればこの種とすぐに識別できます。

Walsura_robusta3
花序はW. pinnataに比べて小さく、果実数も少ないようです。

2014年9月 5日 (金)

Walsura pinnata Hassk.

Meliaceaeにも小葉の柄の両端が膨れる種類がいくつかあります。

葉柄の両端が膨れている様子を英語では"Petioles (are) swollen at both ends."と表現したりします。このWalsura pinnataの場合は小葉柄が膨れているので、"Petiolules swollen at both ends."となる訳ですね、きっと。

--------------------
Walsura pinnata Hassk., Retzia 1: 147 (1855).
Distribution: Cambodia, China, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Philippines, Thailand, Vietnam.

Walsura_pinnata2  
小葉はだいたい2対。分布域が広く、1-5対のものまで変異があるようです。

Walsura_pinnata4
葉裏はやや白っぽく(下の写真の方が分かりやすい)、葉脈が細かいところまでよく見えます。

Walsura_pinnata3
果実は黄色。美味しそう。

2014年9月 3日 (水)

Aglaia macrocarpa (Miq.) Pannell

ベトナムで直径7㎝ほどの大きな果実をつけるAglaiaを発見。調べてみると、名前からしてすぐにこの種類であると分かってしまいました。本当にインドネシアやマレーシアのものと同一種なのかはまだ判断できませんが、今の時点ではAglaiaのモノグラフ(Pannell, 1992)の見解に従っておきましょう。387ページにも及ぶ東南アジアのAglaiaを網羅したこの本があれば、Aglaiaは何でも解決!

C.M. Pannell. 1992. A Taxonomic Monograph of the Genus Aglaia (Meliaceae). Royal Botanic Gardens Kew, London

といきたいところですが、このモノグラフでは「種」の概念がとても幅広く捉えられており、「シノニムに落とされているこの種とこの種は明らかに別種だろう!」というのがいくつもあって、注意が必要です。信じられるのはタイプ標本と自分だけ・・・そして益々分からない混沌としたAglaiaの深みに陥っていくのでした・・・。

--------------------------
Aglaia macrocarpa
(Miq.) Pannell, Kew Bull., Addit. Ser. 16: 65 (1992).
Epicharis macrocarpa Miq., Fl. Ned. Ind., Eerste Bijv. 505 (1861).
Distribution: Indonesia, Malaysia, Philippines, Vietnam.

Aglaia_macrocarpa
果実は7㎝程。7月が果実期のようで、道路沿いからたわわに実った木を至る所で見ることができました。自生地の標高は1000-1500m付近。

Aglaia_macrocarpa4
小葉は7-9対。結構変異があります。

Aglaia_macrocarpa2
葉裏。印象としてはAglaia sylvestrisをちょっと幅広にした感じ。

Aglaia_macrocarpa3
枝先にはAglaiaの特徴である星状毛がびっしり。

その他のカテゴリー

Acanthaceae | Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Balsaminaceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Cannabaceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Cardiopteridaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Clethraceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Dipentodontaceae | Dipterocarpaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Gentianaceae | Hamamelidaceae | Hypericaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Lythraceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Pandaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Schisandraceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Tetrameristaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Trigoniaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ミャンマー】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ