Melastomatacae

2016年8月13日 (土)

Memecylon paniculatum Jack

広域に分布していて一番分かりやすいMemecylon。最初に出会ったのはカンボジア。葉っぱだけしかなく、Syzygiumと思い込んでずいぶん混乱したものでした。それから5年、ようやく果実を発見。やっぱりMemecylonで納得です。

-----------------------
Memecylon paniculatum Jack, Malayan Misc. 2(7): 62 (1822).
Distribution: Cambodia, Indonesia, Malaysia, Myanmar, Philippines, Thailand.

Memecylon_paniculatus
葉は20㎝近くあり、Memecylonの中でもやや大型。

Memecylon_paniculatus2
葉裏の脈はくっきり。枝は若いときは4稜があり、ややwingedにもなります。

Memecylon_paniculatus3
果実序。まだ熟していないので白っぽい。

2015年8月16日 (日)

Allomorphia balansae Cogn.

Blastus属でこんな種類はないから新種だ!とすっかり思い込んで、色々準備していたのですが、雄蕊の数をちゃんと数えてみると8本。あっさり別属の植物であることが判明したのでした。まさに徒労。しかしその分、この植物を忘れることはないでしょう。

--------------------------------
Allomorphia balansae Cogn., Monogr. Phan. [A.DC. & C.DC.] 7: 1183 (1891).
Oxyspora balansae (Cogn.) J.F.Maxwell, Gard. Bull. Singapore 35(2): 216 (1983).
Distribution: China, Thailand, Vietnam.

Allomorphia_balansae
葉先は3㎝ほど長く伸びる。

Allomorphia_balansae2
葉裏。いかにもMelastomataceaeという脈。

Allomorphia_balansae3
左の花は花弁が2枚落ちた後。雄蕊も本来8本ありますが、3本抜け落ちていたようで、この写真を見てこの植物は雄蕊4-5本と思い込んでしまった訳です。いやー相変わらず前のめり。

2015年6月30日 (火)

Phyllagathis sessilifolia C.Hansen

今日も新たに出会ったMelastomataceaeを一種。これもベトナムの(おそらくBach Maだけの?)固有種。1990年と比較的近年に記載された種で、特徴的な種なのですぐに同定できました。

--------------------
Phyllagathis sessilifolia C.Hansen,  Bull. Mus. Natl. Hist. Nat., B, Adansonia Sér. 4, 12(1): 39 (1990).
Distribution: Vietnam.

この記載論文(タイトルは"New species and combinations in Allomorphia, Phyllagathis, and Sporoxeia (Melastomataceae) in Indo-China.")ではPhyllagathisを含む3属16種の新種が記載されており、東南アジアのMelastomataceaeを勉強するためには必見。

Phyllagathis_sessilifolia
樹高(草丈?)1mほどの植物。標高1400mの林縁、やや明るい林床に散発的に生えていました。

Phyllagathis_sessilifolia2
葉裏。葉の基部はcordateし、種小名の通り、葉柄はない(あるいはごく短い)。

Phyllagathis_sessilifolia3
花序は頂生。花は5数性で花弁と雄蕊は5枚と10本。雄蕊は全て同じ形をしているように見えます。ガク裂片も紅紫色を帯び、なかなかエキゾチック。

2015年6月29日 (月)

Allomorphia inaequata C. Hansen

多様な属があって勉強中のMelastomataceae、ベトナムで知らない属にまたひとつ出会いました。調べてみるとAllomorphiaという属に。

---------------------
Allomorphia inaequata C. Hansen, Bull. Mus. Natl. Hist. Nat., B, Adansonia 12(1): 38 (1990).
Distribution: Vietnam.

Allomorphia_inaequata
樹高約1mの低木。個体数は多くなく、森の中の半日蔭に疎に生えていました。

Allomorphia_inaequata2
茎や葉柄や、葉裏の脈状に粗い開出毛が生えています。

Allomorphia_inaequata3
剛毛で目立ちながらも、花は1㎝にも満たずなかなか地味な雰囲気。Melastomataceaeの中で雄蕊のサイズや形が揃っている点がこの属の特徴のひとつだそうです。

2015年4月 1日 (水)

Pternandra multiflora Cogn.

いよいよ新年度が始まりました。やりたいこともですが、やること・やらないといけないことはいっぱいです! ということで、ときどき電池切れになりながらも何事も全力で頑張ります。

-----------------------
Pternandra multiflora Cogn.,  Monogr. Phan. [A.DC. & C.DC.] 7: 1104 (1891).
Distribution: Malaysia (Borneo).

Pternandra_multiflora
インドシナは種類が少ないけれど、ボルネオでは意外にも種類が多かったPternandra。今年はまずMelastomataceaeを勉強中です。

Pternandra_multiflora2
葉裏はテカテカ。これだけ見るとStrychnosにも見えます。

Pternandra_multiflora3
花序は10㎝以上と大きく、種小名の通りたくさんの花を咲かせていました。

2015年3月18日 (水)

Medinilla septentrionalis (W.W.Sm.) H.L.Li

今週からシンガポールにやってきています。週末にはそのままボルネオへ。年度末までなかなか落ち着けない日々が続き、更新が止まりがちで申し訳ない限りです。

---------------
Medinilla septentrionalis (W.W.Sm.) H.L.Li, J. Arnold Arbor. 25:. 38 (1944).
Oritrephes septentrionalis
W. W. Smith, J. Proc. Asiat. Soc. Bengal 7: 69 (1911).
Pseudodissochaeta septentrionalis (W. W. Smith) M. P. Nayar., J. Bombay Nat. Hist. Soc. lxv. 565 (1969).
Distribution: China, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Medinilla_septentrionalis
やや標高のある山地の明るい林縁に生える低木。

Medinilla_septentrionalis2
葉や茎が無毛で、緑色なのが特徴的。

Medinilla_septentrionalis3
横から見た花。雄蕊は8本あり、短いのと長いのが4本ずつ。

Medinilla_septentrionalis4
この果実は別の場所、別の時期に撮影したもの。果実に毛が生えています。黒く熟し、Melastomataceaeの中では珍しく液果をつける種類。そのため分類学的な位置がすっきりとしていないようで、今回はMedinilla属の植物として取り扱っていますが、将来的にはきっと別属の植物になってしまうでしょう、おそらく。

まさかMedinillaやPseudodissochaetaとして扱われていたとはつゆ知らず、探しても全然同定できないのでずっと新種だ!と思っていました。先月のタイでようやく名前が判明し、すっきりです。

2015年3月10日 (火)

Blastus borneensis Cogn. ex Boerl.

今日はひたすら仕分け作業。ようやく整理が終わり、明日からは少し自分のことができそうです。今週はあと3日間のみ、何をすべきか・・・。

----------------
Blastus borneensis Cogn. ex Boerl., Handl. Fl. Ned. Ind. (Boerlage) 1: :531 (1890).
Distribution: Indonesia, Malaysia, Thailand.

Blastus_borneensis
昨日のMicorotropis bivalvisと一緒に、タイ南部の山にたくさん生えていたBlastus borneensis。ようやくBlastusの正体が分かった気がします。

Blastus_borneensis2
枝や葉裏の葉脈上にはびっしりと肌色の毛が生えています。

Blastus_borneensis3
雄蕊は4本で葯はピンク色。子房も毛で覆われています。

2015年3月 3日 (火)

Oxyspora stellulata King

属すら分からないものがたくさんあるMelastomataceae。今回のタイでいくつか勉強してきました。

-----------------------
Oxyspora stellulata King, J. Asiat. Soc. Bengal, Pt. 2, Nat. Hist. 69(1): 9 (1900).
Distribution: Indonesia (Sumatra), Malaysia (Peninsula) Thailand (Peninsular).

Oxyspora_stellulata
Khao Luangにたくさん生えていたこの低木。現地では全く属すら分かりませんでしたが、色々調べてこの種に落ち着きました。

Oxyspora_stellulata2
葉裏。はしご状の三次脈が目立ちます。

Oxyspora_stellulata3
雄蕊は2型があり、葯が紫のもの(outer)と、黄色いもの(inner)。

2015年1月 9日 (金)

Memecylon langbianense Guillaumin

年明けに継続宣言しておきながらも、この3日間は出張が入ってしまい、ブログをお休みしてしまいました。今日からまた再開です。

Memecylonは花や果実があっても同定が難しい分類群のひとつ。カンボジアのとある山では1つの山で12種類ものこの仲間を見つけ、その同定には相当苦労したものです。今回はベトナムで見つけた、とっても分かりやすいこのMemecylon。

種小名はおそらくDalatの近郊のLangbiangにちなんだもの。下の写真の個体はDalatのあるLam Dong県の隣の県で見つけたもの。ちょっと距離はありますが、まあこの種でOKでしょう。

-----------------------
Memecylon langbianense Guillaumin, Bull. Soc. Bot. France 68: 6 (1921).
Distribution: Vietnam

Memecylon_langbiaense
花序は頂生。他には腋生だったり、古い枝に花序がついたり、色々とあります。

Memecylon_langbiaense2
葉柄はほぼなく、葉の基部はcordate。

Memecylon_langbiaense3
枝や花序柄は4-angular。

2014年9月18日 (木)

Pternandra azurea (DC.) Burkill

先週は何かと忙しく、更新が遅れがちになってしまい申し訳ありませんでした。今日は久々の休日、遅れを取り戻しておきましょう!

-----------------
Pternandra cf. azurea (DC.) Burkill, Bull. Misc. Inform. Kew 1935: 319 (1825).
Kibessia azurea DC., Prodr. [A. P. de Candolle] 3: 196. (1828).
Distribution: Indonesia (Java, Kalimantan, Sumatra), Malaysia (Borneo).

Pternandra_azurea
スマトラ島の標高1500m付近の森でガクが特徴的なPternandraを見つけ、ひとまずこの種にしておきます。

Pternandra_azurea2
葉裏の脈はよく見えます。いかにもMelastomataceaeっぽい形と脈をしています。

Pternandra_azurea3
花のアップ。うーん、本当にP. azureaだろうか。見れば見るほど違う種の気がしてきますね・・・今後、何か分かれば追記しましょう。

その他のカテゴリー

Acanthaceae | Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Balsaminaceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Cannabaceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Cardiopteridaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Clethraceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Dipentodontaceae | Dipterocarpaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Gentianaceae | Hamamelidaceae | Hypericaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Lythraceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Pandaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Schisandraceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Tetrameristaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Trigoniaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ミャンマー】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ