Malvaceae

2016年8月29日 (月)

Sterculia cuspidata R.Br.

再開しますと言っておきながらサボってしまった・・・そしてこれを書いているのは土曜日。えっと、月曜日何をしたっけ・・・もう記憶にないということは、きっとごく普通の平穏な一日だったのでしょう。

----------------------
Sterculia cuspidata R.Br., Pl. Jav. Rar. 232 (1844).
Distribution: Indonesia, Malaysia, Philippines.

Sterculia_cuspidata
やや普通に生えていたSterculia。あまり大きい木にはならないようで、4m程度で果実をつけていた。

Sterculia_cuspidata2
葉裏。よくあるSterculiaっぽい葉。

Sterculia_cuspidata3
果実。柄は割と細い。

Sterculia_cuspidata4
裂開している様子。果実だけ見ても、Sterculiaの他の種と区別できなさそう。

2016年7月 7日 (木)

Microcos sinuata Burret

今日もあっという間に一日が終わってしまいました。気が付けば今日は七夕。これからもずっとたくさんの植物に出会えますように。

--------------
Microcos sinuata Burret, Notizbl. Bot. Gart. Berlin-Dahlem 9: 735 (1926).
Distribution: Cambodia, India, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Microcos_sinuata
河川沿いの、増水すると冠水する開けた岩場に生えていた、小型の可愛らしいMirocos。

Microcos_sinuata2
葉は5㎝にも満たない。

Microcos_sinuata3
花も小型でまばらに咲いていました。

2015年4月 9日 (木)

Helicteres hirsuta Lour.

今日もあっという間に一日が終了。気が付けば2015年も4分の1が過ぎ去っているのでした。

-----------------------
Helicteres hirsuta Lour., Fl. Cochinch. 2: 530 (1790).
Distribution: Cambodia, China, India, Laos, Malaysia, Philippines, Thailand, Vietnam

Helicteres_hirsuta
日当たりのよいやや乾燥気味の林縁などに生える1mくらいの低木。

Helicteres_hirsuta2
枝にも葉裏にも、びっしりとやわらかい毛が生えています。モフモフじゃー。

Helicteres_hirsutus3
花の様子。長く伸びて白い毛の生えているのはガク筒。その先に赤紫色の花弁が出ています。

Helicteres_hirsutus4
果実はもっとモフモフ。

2015年3月 1日 (日)

Leptonychia caudata Burret

カンボジアから帰国したものの、すぐに予定通りブラジル、タイ南部と連続で出かけ、ようやく帰国しました。今月15日頃までは国内にいる予定なので、久々に更新再開です。

今回のタイは待望の半島部。低地では見るものほとんどが初めての植物ばかりであり、色々と勉強になりました。

--------------------------
Leptonychia caudata (Wall. ex G.Don) Burret, Notizbl. Bot. Gart. Berlin-Dahlem 9: 729 (1926).
Distribution: India, Indonesia, Malaysia, Myanmar, Sri Lanka, Philippines, Thailand, Vietnam.

Leptonychia_caudata
現地では1-2mの低木で、標高800m付近の林床・林縁にごく普通に生えていました。

Leptonychia_caudata3
葉裏。葉柄の両端も膨る点や、葉脈がいかにもMalvaceaeっぽい。

Leptonychia_caudata2
雄蕊は10個ありあますが、その後ろにあるもしゃもしゃしたのは退化した不稔の雄蕊(sterile filaments)でしょうか?

Leptonychia_caudata4
果実はさく果(Capsule)。意外と硬い。

2014年12月31日 (水)

Schoutenia ovata Korth.

Sshoutenia属というのは今回のタイで初めて出会いました。タイには5種あり、ちょっとし調べたらこの種に。

-----------------
Schoutenia ovata Korth.,  Ned. Kruidk. Arch. 1: 313 (1848).
Distribution: Cambodia, Indonesia, Thailand, Vietnam.

Schoutenia_ovata
タイ東北部、乾燥季節林の300-900m付近にごく普通に生えていました。

Schoutenia_ovata2
葉裏は真っ白。果実のない幼木を見てPterospermumと思っていたら全然違っていました。

Schoutenia_ovata3
果実のアップ。Ovaryには粗毛が生えています。果実期のガクが2-2.5㎝あり、これが他の種との識別点のひとつ。

2014年12月23日 (火)

Melochia umbellata (Houtt.) Stapf

ベトナム南部の道路際にたくさん生えていた高さ約8mほどの木。車を停めての小休止の隙間にようやく写真を撮ることができました。

現地ではよく分かりませんでしたが、帰ってMalvaceaeの仲間を調べてみたらあっさりこの種にたどりつきました。Malvaceaeもまだまだ知らない属がたくさん。

----------------
Melochia umbellata (Houtt.) Stapf, Bull. Misc. Inform. Kew 317 (1913).
Distribution; Australia, India, Malasysia (peninsula), Myanmar, Philippines, Polynesia, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Melochia_umbellata
葉の表面には白い毛が密に生え、特に若い葉では白っぽく見えるほど。

Melochia_umbellata2
葉柄の葉の接合部分が膨れているところがMalvaceae(Sterculiaceae)らしい。

Melochia_umbellata3
花の第一印象はカタバミとかTrigonostemonとか。写真では分かりにくいですが、雌蕊は5つに分かれています。

Melochia_umbellata4_2
花序やガクは柔らかい毛が密生していました。

2014年10月22日 (水)

Grewia hirsuta Vahl

Grewiaの種はGrewia annamica Gagnep. に続いて2種目のはず。ランダムアタックで掲載していくとどれを紹介したのか、最近は歳のせいもあって記憶が曖昧に・・・。Grewiaの仲間は比較的乾燥地に生えるものが多く、G. hirustaもカンボジアの乾燥フタバガキ林で見つけました。

-------------------------
Grewia hirsuta Vahl, Symb. Bot. 1: 84 (1790).
Distribution: Bangladesh, Cambodia, India, Laos, Malaysia, Myanmar, Nepal, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Grewia_lacei
葉は細長く、下部の方が幅広で基部は非対称。

Grewia_lacei2
葉腋に短い花序をつけ、白い花を咲かせます。葉裏はびっしりと白~明るい黄褐色の毛に覆われています。

Grewia_lacei3
果実にも粗い毛が生えているのが見えます。毛の生えた果実はなかなか珍しい。

2014年10月13日 (月)

Heritiera littoralis Aiton

今日は台風もあって久しぶりに休日らしく家でのんびり。カンボジアで得たCodariocalyxとPhyllodiumをお昼ご飯を食べて同定しようとしたらあっという間に夜中になってしまいました・・・。この種だというのは分かったのですが、学名を何とすべきか(呼ぶべきか)、途方に暮れています。1種名前を付けるのにこのペースでは全然時間が足りない。続きはまた明日以降に持ち越しです。

------------------------------
Heritiera littoralis Aiton, Hort. Kew. 3: 546 (1789).
Distribution: Australia, Cambodia, East Africa, India, Indonesia, Malaysia, Myanmar, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Heritiera_littoralis
先日の西表島で思い出した、カンボジアで見つけたマングローブ林の共通種。いくつかありますが、まずは有名どころのサキシマスオウノキを。

Heritiera_littoralis2
葉裏は銀白色。

Heritiera_littoralis3
カンボジアは赤花でした。日本のものは花をまだ見たことありませんが、画像検索では白~黄色っぽい色の花のようですね。

Heritiera_littoralis4
果実は確かに先日西表島で見たものとそっくり。花の色は多少違っても、これなら同種として納得です。

2014年9月24日 (水)

Waltheria indica L.

よく見かけるけれど、名前の知らない植物はたくさんあるものです。世界の熱帯地域に広く分布するWaltheria indica、この種も名前を知ることで、ようやくイメージから認識できる存在になりました。認識論、、、哲学はさっぱりなのですが、名前は大事です。

-----------------------
Waltheria indica L., Sp. Pl. 2: 673 (1753).
Distribution: pantropical

Waltheria_indica
カンボジアの低地で、辺り一面に生えていました。乾季の終わり頃。

Waltheria_indica2
草のようでもありますが、一応低木扱い。感覚的にハイキンゴシカやモロヘイヤの近くと思ったらやっぱりMalvaceaeでした。

Waltheria_indica3
コバンバノキという和名もあるそうです。確かに葉は小判の形に近いです。確かに近いですね。

Waltheria_indica4
花は小さな花序にあり。茎や葉、花弁以外に生えているこういう毛をdensely puberulentと表現するそうです。毛の表現も難しい。

2014年9月19日 (金)

Hibiscus macrophyllus Roxb. ex Hornem.

インドから中国にかけて、南はマレー半島まで広く分布しているHibiscusの一種。やや湿り気のある低地ー標高400mの森によく見られます。

---------------------------
Hibiscus macrophyllus Roxb. ex Hornem., Hort. Bot. Hafn. Suppl. 149 Suppl. 149 (1819).
Distribution: Cambodia, China, India, Laos, Malaysia (Peninsula), Myanmar, Thailand, Vietnam.

Hibiscus_macrophyllus
名前の通り、葉は大きく30㎝ほど。

Hibiscus_macrophyllus2
葉裏の脈は隆起し、全面に毛がびっしり。

Hibiscus_macrophyllus3
落ちていた花。確かにHibiscus。

Hibiscus_macrophyllus4
花柄やガクにも粗い毛が生えています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Acanthaceae | Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Balsaminaceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Cannabaceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Cardiopteridaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Clethraceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Dipentodontaceae | Dipterocarpaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Gentianaceae | Hamamelidaceae | Hypericaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Lythraceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Pandaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Schisandraceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Tetrameristaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Trigoniaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ミャンマー】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ