Loganiaceae

2014年11月 2日 (日)

Strychnos axillaris Colebr.

Loganiaceaeと言えばFagraeaの他にStrychnosも東南アジアで割とふつうに見られる属のひとつ。Strychnosはインドシナ半島では十数種分布(たぶん)。花や果実がないと同定が難しい種類もありますが、慣れれば葉っぱ、巻きひげ(tendril)、枝の毛の有無だけでも結構同定てきてしまいます。

--------------------------------
Strychnos axillaris Colebr., Trans. Linn. Soc. London 12 (2): 356-357, pl. 15 (1818).
Distribution: Australia, Bangladesh, Cambodia, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Thailand, Vietnam.

Strychnos_axillaris
インドシナ半島に分布するStrychnosの中では常緑で小型の種。沢沿いなど、湿り気のある森に多く生えています。

Strychnos_axillaris2
葉裏は光沢があり、無毛。

Strychnos_axillaris3
腋生の花序をたくさんつけています。果実の色は一番上の写真のように最終的に赤くなります。

2014年10月26日 (日)

Fagraea ceilanica Thunb.

Fagraea auriculata, F. racemosaに続き、3種目のFagraea。前の2種と同様に、東南アジアの低地からやや標高の高いところまで幅広く分布し、結構普通に見かける種類。

-------------------------
Fagraea ceilanica Thunb., Kongl. Vetensk. Acad. Nya Handl. 3: 132 (1782).
Distribution: Cambodia, China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Philippines, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Fagraea_ceilanica
地生はもちろん着生状態の個体も普通にみられ、着生したものが大きく生長するとやがて着生木を絞殺してしまうことも。

Fagraea_ceilanica2
葉は厚ぼったく、葉脈はほとんど見えず。

Fagraea_ceilanica4
花筒はすらりと長い。

Fagraea_ceilanica3
果実は液果ですが、綺麗な花からは想像できない意外な形と色をしています。

2014年10月20日 (月)

Fagraea racemosa Jack

今日も一日があっという間に終わってしまった・・・

------------------------
Fagraea racemosa Jack, Fl. Ind. (Carey & Wallich ed.) 2: 35 (1824).
Distribution: Australia, Cambodia, India, Indonesia, Malaysia, Myanmar, Singapore, Thailand, Vietnam.

Fagraea_racemosa
Fagraeaの中ではちょっと異色な種類。広域分布しており、いくつかの種内変異が知られています。

Fagraea_racemosa2
葉はFagraeaの割にはしゃっきり。葉脈も明瞭に見え、裏面に凸。

Fagraea_racemosa3
花序は頂生で、長い花柄の先に花が咲きます。サイズはあまり大きくありませんが、これで叩かれたら痛そうな感じ。こういう武器なんだっけ、て調べたらモーニングスターというらしいです。

2014年8月22日 (金)

Fagraea auriculata Jack

Loganiaceae、私の近場ではホウライカズラを見かけるのみで、日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、アイナエなどの草本からFagraeaのような木本まで、多様に分化していてなかなか面白そうな分類群であります。

属名は18世紀のスウェーデンのnaturalist、J. Fagraeus氏に献名されたもの。Fagraea属は約70種からなり、そのうちインドシナに分布しているのは数種類ほどしかありません。

-----------------------
Fagraea auriculata Jack, Malayan Misc. 2 (7): 82 (1822).
Distribution: Cambodia, Laos, Malaysia, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Fagraea_auriculata
葉が大きく、新枝もやや角ばってかなり特徴的なFagraea。低地の沢沿いから標高1000mあたりまで、やや湿り気の多い森に生えています。

Fagraea_auriculata2
葉裏はのっぺり。まあFagraeaだし。

Fagraea_auriculata3
果実は頂生で長さ5-7(-10) ㎝。植物体に似て大型です。

その他のカテゴリー

Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Arecaceae | Asteraceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Thymelaeaceae | Violaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ

カテゴリー

無料ブログはココログ