Fabaceae

2015年11月22日 (日)

Mucuna gigantea (Willd.) DC.

現在手持ちのMucunaはひとまずこれで最後。また別の種の同定が進んだら、そして新しい種を見つけたら改めて紹介することにします。

----------------------
Mucuna gigantea (Willd.) DC., Prodr.  2: 405  (1825). 
Distribution: China, India, Malaysia, Thailand, Vietnam.

Mucuna_gigantea
Mucunaの中ではほっそりとした葉を持つ美麗種。しかも花は白花。

Mucuna_gigantea2
葉裏は無毛。

Mucuna_gigantea3
Mucuna giganteaは本来花柄がもっと長い種なのですが、この個体は短い。まだ咲く前だからなのか、実はよく似た別種だからなのか?

2015年11月21日 (土)

Mucuna pruriens (L.) DC.

東南アジアに限らず世界中の熱帯に広く分布(あるいは栽培)されているMucunaの代表種。

-----
Mucuna pruriens (L.) DC., Prodr.  2: 405.  (1825). 
Distribution: widely distributed in tropic area in the world.

Mucuna_pruriens
葉は・・・あまり特徴のない、どこにでもありそうないわゆるマメ科の葉っぱ。

Mucuna_pruriens2
葉裏はやや白っぽい。

Mucuna_pruriens3
見るからに悪そうな痛々しい毛で覆われている。興味のある方は是非刺されてみてください。

2015年11月20日 (金)

Bauhinia clemensiorum Merr.

Bauhiniaシリーズ。東南アジアでは多様で20種くらい見たでしょうか。まだ2種しか紹介していないので、ネタが思いつかないときにぼちぼちとアップしていきます。

---------------------
Bauhinia clemensiorum Merr.,  J. Arnold Arbor. xxiii. 171 (1942).
Distribution: Vietnam.

Bauhinia_clemensiorum
ベトナム中部の道端には普通に生えていたBauhinia。しかしそれ以外の地域では出会わない。Bauhiniaは広域分布種が一般的だが、地域固有種も意外と多いのかも。

Bauhinia_clemensiorum2
枝や葉裏、巻きひげには細かい毛がびっしりと生えています。

Bauhinia_clemensiorum3

2cm以上ある長ーい長ーいhypanthiumが本種の特徴。

2015年11月18日 (水)

Mucuna marocarpa Wall.

日本のウジルカンダと同種とされている広域分布種のMucuna macrocarpa。葉はMucunaそのものに見えますが、下の果実を見るとMucunaも多様に種分化していることがわかります。

---------------------
Mucuna marocarpa Wall., Numer. List [Wallich] n. 5618. 1831-32; et Pl. As. Rar. i. 41. t. 47.
Distribution; Bhutan, China, India, Japan, Laos, Myanmar, Nepal, Thai­land, Vietnam.

Mucuna_marocarpa
こちらはタイの山の中で見かけたもの。

Mucuna_marocarpa2
葉裏はややウラジロ。

Mucuna_marocarpa3
花は幹生。果実が完熟する前に動物によってほとんど食い荒らされていたようでした。

Mucuna_marocarpa4
落ちていた豆の莢と岩の隙間に残っていた種子。

2015年11月17日 (火)

Mucuna cochinchinensis (Lour.) Chev.

昨日のMucunaに続き、比較しやすいように今日もMucunaを1種。

----------
Mucuna cochinchinensis (Lour.) A. Chev., Bull. Agric. Inst. Sc. Saigon 1919, i. 91 (1919).
Distribution: Vietnam+? (すみません、文献が確認できませんでした。)

Mucuna_cochinchinensis_lour_chev
道端のフェンスをよじ登っていました。

Mucuna_cochinchinensis_2
葉裏。細かい毛が全面に生えています。

Mucuna_cochinchinensis3
Mucunaに多くの種にみられる、黒紫色の花。日本だとウジルカンダが有名です。

2015年11月16日 (月)

Mucuna interrupta Gagnep.

長らく無断でご無沙汰しており、申し訳ありませんでした。約1ヶ月間、海外に出かけていました。先週末に無事帰国しましたので、再開します!

------------------
Mucuna interrupta Gagnep., Notul. Syst. (Paris) 3: 26 (1914).
Distribution: Cambodia, China, Laos, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Mucuna_interrupta
カンボジアの林道で、夕日に照らされたMucunaを見つけました。なかなかごっつい果実の種類。

Mucuna_interrupta2
葉裏は無毛。

Mucuna_interrupta3
細くて硬質の毛は触ると容易に皮膚に刺さり、恐ろしく大変な目に。

Mucuna_interrupta4
毛が刺さらないように果実を割るのは苦労しましたが、中には大きな種子が3つほど入っていました。

2015年10月 8日 (木)

Bowringia callicarpa Champ. ex Benth.

学名が分からないので「ヒトツバマメヅル」とで呼んでいたこちらのマメ科のつる植物、調べた結果、Bowringiaという知らない属の植物であることが分かりました。

----------------
Bowringia callicarpa Champ. ex Benth.
Distribution: China, Vietnam.

Bowringia_callicarpa
低地から山地に割と普通。

Bowringia_callicarpa2
葉裏。小雨の降る中だったので、水滴がたくさんでよく見えないです。が、テカテカ具合は分かるかと。

Bowringia_callicarpa3
花弁は白色。

Bowringia_callicarpa4
1つだけ見つけた果実。

2015年10月 6日 (火)

Bauhinia khasiana Baker

最近多忙につき更新が遅れ気味ですが、何とか頑張って近日中に追い付きます。

ベトナムで出会ったGolden yellowの花を咲かせるBauhinia。新種かも!と思って調べたらB. pierreiに辿りつきましたが、この種はB. khasianaのシノニムになっていました。

------------
Bauhinia khasiana
Baker, Fl. Brit. India [J. D. Hooker] 2(5): 281 (1878)..
Bauhinia pierrei Gagnep.,  Notul. Syst. (Paris) 2: 178 (1912).
Distribution: China, India, Laos, Thailand, Viet­nam.

Bauhinia_khasiana
ベトナムでは今のところ中~北部の海外近くの低地~山地中腹にかけて広く遭遇。

Bauhinia_khasiana2
葉や枝の毛は少ない方(若いときはサビ色の毛で覆われるが、すぐに脱落)。

Bauhinia_khasiana3
Fertileな雄蕊は3本。

Bauhinia_khasiana4
花序は頂生で、びっしりとサビ色の毛で覆われています。

2015年7月10日 (金)

Bauhinia saccocalyx Pierre

熱帯に広く、多様化して様々な環境に分布するBauhinia。約300種あるそうですが、まだ30種程度しか出会っていません。

---------------------------
Bauhinia saccocalyx Pierre, Fl. Forest. Cochinch. t. 400 B.
Distribution: Cambodia, Laos, Thailand, Vietnam

Bauhinia_saccocalyx
乾燥季節林に広くみられるBauhiniaの一種。6月上旬、タイの東北部ではちょうど花盛りを迎えていました。

Bauhinia_saccocalyx2
葉裏。Buhiniaも慣れてくると葉っぱだけでもある程度見分けがつくようになってきます。

Bauhinia_saccocalyx3
花はぱっとマメ科には見えない放射相称。白色で1.5㎝ほどと、Bauhiniaの中では割と小型といっていいでしょう。

2015年4月17日 (金)

Millettia cochinchinensis Gagnep.

正直なところ種同定には自信がないですが、ベトナムで見かけたつる性のマメをひとまずこの種に。

--------------------
Millettia cochinchinensis Gagnep., Notul. Syst. (Paris) 2: 353 (1913).
Distribution: Vietnam.

Millettia_cochinchinensis
小葉は3枚と、Millettiaの中ではかなり特徴的。

Millettia_cochinchinensis2
葉裏。脈は細かい三次脈まで見えます。

Millettia_cochinchinensis3
花は黄色~緑色を帯びており、外側やガクは茶色の短毛にびっしりと覆われていました。

その他のカテゴリー

Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Balsaminaceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Gentianaceae | Hamamelidaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Pandaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Schisandraceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ