Euphorbiaceae

2016年8月28日 (日)

Mallotus leucodermis Hook.f.

先々週はアメリカから来客があり、九州をぐるっと案内。そして先週はずっと東京とつくばに。またしても更新がぶっつりと途絶えてしまいましたが、今日から約1週間ほど再開します。

-----------------
Mallotus leucodermis Hook.f., Fl. Brit. India 5: 441 (1887).
Distribution: Indonesia, Malaysia, Thailand.

Mallotus_leucodermis
Mallotusの中では比較的高木に生長する種類。確かにこの木は30mはあったでしょうか。

Mallotus_leucodermis2
葉裏。無毛で、少し分かりにくいですが、葉の基部にglandがあります。

Mallotus_leucodermis3
果実序。まあやや柄の長い普通のMallotusの果実っぽい。

2016年6月30日 (木)

Claoxylon longifolium (Blume) Endl. ex Hassk.

前回の記事でベトナムから戻りました、と報告したものの、またすぐにミャンマー、ベトナム(今度は中北部)と続けて出かけ、1カ月以上も間が空いてしまいました。いやはや・・・そして次は13日からボルネオへ。せめてそれまでの間だけでも、少しでも更新しておきたいと思います。さすがに1カ月出かけていただけあって、たくさんの植物に出会うことができました。

-----------------
Claoxylon longifolium (Blume) Endl. ex Hassk., Cat. Hort. Bot. Bogor. 235 (1844).
Erythrochilus longifolius Blume, Bijdr. 616 (1826).
Distribution: Cambodia, China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Thailand, Vietnam.

Claoxylon_longifolium
沢沿いに生えていた5m程度の木。東南アジアでよく見かけるC. indicumに比べると毛が少なく、葉も細長くてすっきりした印象。

Claoxylon_longifolium2
一見無毛ですが、葉裏の主脈上には細かい毛が生えています。

Claoxylon_longifolium3
果実の様子は確かにClaoxylonっぽい。

2016年4月19日 (火)

Trigonostemon aurantiacus (Kurz ex Teijsm. & Binn.) Boerl.

Trigonostemonはこれで3種目。Trigonostemon属の種は葉や花の形、色、毛の様子においてとても多様な変異が見られ、調べていくと色々と面白いものです。

------------------
Trigonostemon aurantiacus
(Kurz ex Teijsm. & Binn.) Boerl., Handl. Fl. Ned. Ind. (Boerlage) 3(1): 284. (1900).
Distribution: India (Andaman Islands), Indonesia (Java), Malaysia (Peninsula), Thailand.

Trigonostemon_aurantiacus
ピンク~黒紫色の花が多い中でひときわ目立つオレンジ色の花を咲かせるTrigonostemon。

Trigonostemon_aurantiacus2
葉裏はややのっぺり。

Trigonostemon_aurantiacus3
こちらは雄花。Trigonostemonの花糸は合着しています。

Trigonostemon_aurantiacus4
こちらは雌花。雌花序はとても長く、先端に数個の花を咲かせるようです。

Trigonostemon_aurantiacus5
果実。上の花の写真は12月で、この果実は2月に撮影したもの。どちらもタイ南部です。

2015年10月 3日 (土)

Hancea penangensis (Müll.Arg.) S.E.C.Sierra, Kulju & Welzen

今日は嬉しい知らせが一つ。無事OKをもらえそうなので、来週にでも次を投下します。

-------------------
Hancea penangensis (Müll.Arg.) S.E.C.Sierra, Kulju & Welzen, Blumea 52: 364 (2007).
Mallotus penangensis Müll.Arg., Linnaea 34: 186 (1865).
Distribution: India (Andaman Islands), New Guinea, Philippines, Thailand, Vietnam.

Hancea_penangensis
ベトナムで見つけたHancea。よくあるMallotusに比べると葉柄が上部で節が顕著。

Hancea_penangensis2
葉裏。

Hancea_penangensis3
雄花の花序。Euphorbiaceaeには珍しく紅紫色でびっくり。しかも葯までこの色で二度びっくりでした。

Hancea_penangensis4
果実。よくあるトゲトゲのあるMallotusの果実にそっくりです。

2015年9月20日 (日)

Croton argyratus Blume

東南アジアに広く分布している、割と大きな木になるCroton。散発的ですが、確かに色んな国で見かけます。

------------------
Croton argyratus Blume, Bijdr. Fl. Ned. Ind. 12: 602 (1826).
Distribution: Indonesia, Malaysia, Philippines, Thailand.

Croton_argyratus
まだ新しい葉が展開したばかり。

Croton_argyratus2
葉裏は銀色。

Croton_argyratus3
花序の一部。先端部の雄花は落ちてしまい、雌花のみが残っている。

2015年8月11日 (火)

Epiprinus balansae (Pax & K.Hoffm.) Gagnep.

最初はTrigonostemonと呼んでいたものの、やはり雰囲気が何となく違う。何の属だろう?、、、、と考えていたところ・・・これはEpiprinusだ! と頭に閃き、この属を調べてみると確かにそうで自分でもびっくり。

ベトナム中北部では低地からやや標高の高いところまでごく普通に見ることができます。

---------------------------
Epiprinus balansae (Pax & K.Hoffm.) Gagnep., Bull. Soc. Bot. France 71: 1023 (1925).
Epiprinus malayanus var. balansae Pax & K.Hoffm., Pflanzenr. IV, 147, X: 111 (1919).

Distribution: Vietnam (only?).

Epiprinus_balansae
不揃いなサイズの葉が輪生する様がEpiprinusの特徴(きっと)。

Epiprinus_balansae2
葉裏。割とテカテカして脈が浮き出ていました。

Epiprinus_balansae3
苞の中には大きな果実が見え隠れ。

Epiprinus_balansae4
こちらは雄花序。

2015年8月10日 (月)

Vernicia montana Lour.

ベトナムの森から無事帰国しました。今回も初めて出会う植物がたくさん。あちこち行き過ぎて種々の同定が追い付いていませんが、それはさておき、次第に視野が広がっていくことを実感できるのは嬉しい限り。地理的に前回のベトナムよりさらに日本に近づいたことで、植物も熱帯でおなじみだった分類群がずいぶん減ったように思います。全部種まで同定して定量的に評価できたら面白そう。

---------------------------
Vernicia montana Lour., Fl. Cochinch. 2: 586. (1790).
Aleurites montanus (Lour.) E.H.Wilson, Bull. Imp. Inst. Gr. Brit. 11: 460 (1913).
Distribution: China, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Vernicia_montana
二次林の道路沿いに普通に生えていたアブラギリの仲間。

Vernicia_montana2
葉裏はやや青白い。

Vernicia_montana3
果実はシワシワですが、Euphorbiaceaeらしく3つの稜が目立っていました。

2015年5月18日 (月)

Euphorbia ridleyi Croizat

実に多様なEuphorbia属の植物。本ブログではこれまでに2種紹介しているので、これで3種目。E. antiquorumなんて約5年ぶりの登場です。

Euphorbia antiquorum L.
Euphorbia heterophylla L.

--------------------
Euphorbia ridleyi Croizat,  Gard. Bull. Straits Settlem. 9: 147 (1937).
Distribution: Malaysia, Thailand (Peninsula).

Euphorbia_ridleyi
草丈は40㎝ほど。沢沿いの斜面に生えていました。

Euphorbia_ridleyi2
葉裏と果実。全体に無毛で茎はのっぺり。

Euphorbia_ridleyi3
花のアップ。柱頭が3つに分かれているのが分かります。

2015年5月12日 (火)

Claoxylon indicum (Reinw. ex Blume) Hassk.

小笠原固有種で絶滅危惧種のセキモンノキ、名前は有名なので知っていましたが、まさかClaoxylon属の植物だったとは!東南アジアではC. indicumは割と普通に生えている種類なので、先日そのことを知り、とてもびっくりでした。

まだ小笠原に入ったことないので、一度は行ってセキモンノキの実物を見て納得してみたいものです。

----------------------
Claoxylon indicum (Reinw. ex Blume) Hassk., Cat. Hort. Bot. Bogor. 235 (1844).
Distribution: Cambodia, China, India, Indonesia, Malaysia, New Guinea, Thailand, Vietnam.

Craoxylum_javanicum
葉は20㎝近くあり、結構大型の植物。

Craoxylum_javanicum2
葉裏。全体的に白い微毛が生えています。

Craoxylum_javanicum3
果実。雄株と雌株があり、こちらは雌株の花序。

2015年4月11日 (土)

Homalanthus populneus (Geiseler) Pax

今日は天気も良く、近所で開催されていた植木市に行って園芸一色な一日を過ごしました。やっぱり庭が欲しいですねぇ。

-------------------
Homalanthus populneus (Geiseler) Pax, Nat. Pflanzenfam. 3(5): 96 (1892).
Distribution: Indonesia, Malaysia, Philippines, Thailand.

Homalanthus_populneus
分布域では割と普通種の部類。1000mを超える山地まで広く分布しています。

Homalanthus_populneus2
葉裏は真っ白。

Homalanthus_populneus3
花序はCrotonと同様に下部は雌、上部は雄となっています。ただし、全て雄だけで構成される花序もしばしば(よく?)見られます。

その他のカテゴリー

Acanthaceae | Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Balsaminaceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Cannabaceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Cardiopteridaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Clethraceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Dipentodontaceae | Dipterocarpaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Gentianaceae | Hamamelidaceae | Hypericaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Lythraceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Pandaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Schisandraceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Tetrameristaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Trigoniaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ミャンマー】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ