Dichapetalaceae

2017年8月11日 (金)

Dichapetalum helferianum (Kurz) Pierre

昨日に引き続き、Dichapetalumをもう一種。

--------------
Dichapetalum helferianum (Kurz) Pierre, Fl. Forest. Cochinch. t. 48 (1881).
Chailletia helferiana Kurz, J. Asiat. Soc. Bengal, Pt. 2, Nat. Hist. 41(2): 297 (1872).
Distribution: Malaysia, Myanmar, Thailand.

Dichapetalum_helferianum
ミャンマーの海岸に生えていました。標本では何度も見てましたが、生で見るのは初めて。花序がなかったらすぐにはDichapetalumと分からなかったに違いない。

Dichapetalum_helferianum2
葉裏。側脈はあまり目立たず、全体的にのっぺり、つるっとしています。

Dichapetalum_helferianum3
花柄が長く伸びる点が何よりも本種の特徴。また、葉の縁にある毛は若い葉でよく目立っています。

2017年8月10日 (木)

Dichapetalum gelonioides (Roxb.) Engl.

Dichapetalaceaeは種数こそ東南アジアでは多くないですが(多様性のメインはアフリカ)、あちこちで見かけるので覚えていて損はない植物。

-----------------
Dichapetalum gelonioides (Roxb.) Engl., Nat. Pflanzenfam. 3(4): 348 (1896).
Moacurra gelonioides Roxb., Fl. Ind. ed. 1832 2: 69 (1832).
Distribution: China, India, Indonesia, Malaysia, Myanmar, Philippines, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Dichapetalum_gelonioides
低木~ときどきつる性になるDichapetalum。

Dichapetalum_gelonioides2
葉裏。側脈が直線的で三次脈が不明瞭というところが特徴という特徴だろうか。

Dichapetalum_gelonioides3
果実の縫合線は1つ。種子は1つ(まれに2つ)入っています。

2014年8月18日 (月)

Dichapetalum tonkinense Engl.

昨日のCroton caudatusのすぐ隣に生えていた木本つる植物。これを見て何の仲間かぱっとわかる方はなかなかの熱帯の植物通。

正解は・・・日本ではまだ自生が見つかっていないDichapetalaceaeのDichapetalum属の植物でした!

----------------------
Dichapetalum tonkinense Engl., Bot. Jahrb. Syst. 23: 143 (1896).
Distribution: China?, Laos?, Vietnam.

広義でDichapetalum longipetalum (Turcz.) Engl. のシノニムにされることもあるが、雰囲気からして一緒にしたくないのでここではD. tonkineseとして紹介しておきます。

Dichapetalum_tonkinense
Dichapetalumは東南アジアに数種ありますが、あちこちの森で普通に見られます。

Dichapetalum_tonkinense2
葉の両面に光沢があり、葉裏の脈は側脈の間を水平に走る脈とさらに細かい網状脈が目立ちます。若い枝は明るい黄褐色の圧着毛で覆われています。

Dichapetalum_tonkinense3
果実はオレンジ色!灰色~黒色となったモノクロの植物標本しか見たことなかったから、生品を見て衝撃を受けました。こんなハデなやつだったとは。全体を柔らかい毛が覆っています。枝に皮目があるのもこの仲間の特徴のひとつ。

その他のカテゴリー

Acanthaceae | Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Balsaminaceae | Betulaceae | Bignoniaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Cannabaceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Cardiopteridaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Chrysobalanaceae | Clethraceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Dipentodontaceae | Dipterocarpaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Gentianaceae | Hamamelidaceae | Hypericaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Lythraceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Myristicaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Symplocaceae | Tetrameristaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【ミャンマー】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【福岡】シダ | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ