Convolvulaceae

2016年4月13日 (水)

Erycibe expansa Wall. ex G. Don

福岡ではすっかり桜も散り、暖かくなってきたなぁと思ったのも束の間、ここ2、3日間は肌寒い日が続きました。みなさん風邪にご注意を。

---------------
Erycibe expansa Wall. ex G. Don, Gen. Hist. 4: 392 (1838).
Distribution: China, India, Malaysia, Myanmar, Thailand.

Erycibe_expansa
タイ南部の道路沿いで見かけた小型の葉のErycibe。

Erycibe_expansa2
葉裏。脈上には茶褐色の毛が残る。

Erycibe_expansa3
花序。白い花弁は大きく切れ込む。

Erycibe_expansa4
ガク裂片にも毛が生えるが、子房との間には毛が生えていない。

2015年6月27日 (土)

Erycibe hainanensis Merr.

ベトナムとタイから無事戻りました。

終わってみればあっという間の1か月。フィールドに出れたのはベトナムとタイの両方を足しても半月くらいですが、合わせて1300種を超える植物を見てきました。今回も気になる植物がいっぱい。空き時間をみつけて少しずつ名前を調べていきます。

----------------------------------
Erycibe hainanensis Merr., Philipp. J. Sci. 21(4): 353 (1922).
Erycibe bachmaense Gagnep., Notul. Syst. (Paris) 14(1): 27 (1950).
Distribution: China, Vietnam.

Erycibe_hainanensis
枝や葉裏に褐色の毛がびっしり!こんなかっこいいErycibeは新種かも!?と思って早速調べたところ、、、すでに記載されている種であることが分かりました。まあ現地ではたくさん生えてて、黄色い花は一際目を惹いていたので採られていて当然といえば当然です。今回はベトナム中部のBach Ma国立公園に行った訳ですが、E. bachmaenseのタイプローカリティーでした。

Erycibe_hainanensis2
葉裏。ご覧の通り、枝や脈状にサビ色の毛がいっぱい。

Erycibe_hainanensis3
Erycibeの花はなんだかどれも似たり寄ったり。黄色系の花も多いですね。

2015年5月 9日 (土)

Argyreia longipes (Gagnep.) Traiperm & Staples

カンボジアの1000m付近でたくさん生えていたヒルガオ科の一種。この属も東南アジアではかなり多様に分化して広く分布しています。

-----------------------
Argyreia longipes (Gagnep.) Traiperm & Staples, Adansonia 35(2): 361 (2013).
Erycibe longipes Gagnep., Notul. Syst. (Paris) 3: 140 (1915).
Distribution: Cambodia, Thailand, Vietnam.

Argyreia_longipes
2012年にこの植物を見つけてErycibe longipes とまでは同定し、でもErycibeではないのでこれは属の組換えが必要なのでは・・・と、そのまま放置していたところ、2013年になってTraiperm & StaplesによってArgyreiaとしての組換え名が発表されたのでした。

これにて労せずArgyreiaとしての名前が使えるように!Gagnepainが1915年にErycibeと記載してから約100年ぶりの属の組換え。同定も一件落着でめでたしめでたし。

Argyreia_longipes2
葉裏。側脈は3-5対と少なく、無毛。

Argyreia_longipes5
内側の中心部は濃い紅紫色。周辺部は薄く紅色が広がっています。

Argyreia_longipes3
花を横から見たところ。外側の一部には茶色の毛が生えていて何だか面白い。

Argyreia_longipes4
果実も紅紫色に熟していくようです。

2014年9月23日 (火)

Argyreia osyrensis (Roth) Choisy

Argyreiaをもう1種。A. mekongensisのすぐ近くに生えていたA. osyrensis。東南アジアに広く分布しており、分かりやすい種類なのでインターネット上でも画像がたくさん出てきますね。

--------------------
Argereia osyrensis (Roth) Choisy, Prodr. [A. P. de Candolle] 9: 334 (1845).
Ipomoea osyrensis Roth, Nov. Pl. Sp. 117 (1821).
Distribution: Cambodia, China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Argyreia_osyrensis
民家近く、低地の藪に生えていたArgyreia。

Argyreia_osyrensis2
葉裏は真っ白になるほど柔らかい毛でびっしり覆われている。

Argyreia_osyrensis3
花は1㎝を超えるほどと、Argyreiaの中でもとても小さい部類。

2014年9月22日 (月)

Argyreia mekongensis Gagnep. & Courchet

先日のErycibeに続いてConvolvulaceaeの仲間をもうひとつ。東南アジアの低地からやや高地まで広く分布するArgyreia。広域分布種もあれば狭分布種もあり、生物地理を考察するとなかなか面白い対象だと思います。種数も140種程度と多くもなく少なくもなく、適度な量。何種か同定しているので折をみてアップしていきましょう。

------------------
Argyreia mekongensis Gagnep. & Courchet, Notul. Syst. (Paris) 3: 134 (1915).
Distribution: Cambodia, Laos, Thailand, Vietnam.

Argyreia_mekongensis
乾燥フタバガキ林の環境に適応したArgyreia。カンボジアの低地にて。

Argyreia_mekongensis2
葉は細くて柄も短いですが、毛の雰囲気は確かにArgyreia。

Argyreia_mekongensis3
果実は発達した苞に包まれ、Argyreiaと気づいてからはすぐにこの種と同定できました。まだ花は見たことありません。この写真の果実は10月に見つけたものなので、花は7-8月頃でしょうか。

2014年9月11日 (木)

Tridynamia megalantha (Merr.) Staples

週の後半は色々と用事がた立て込んでしまい、日々の更新が遅れてしまいました。色々ありましたがこれで一段落することにいたしましょう。

------------------------
Tridynamia megalantha (Merr.) Staples, Novon 3 (2): 201 (1993).
Distribution: China, India, Laos, Malaysia, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Tridynamia_megalantha2
明るい伐開地に生えていました。

Tridynamia_megalantha
葉裏。毛は生えているけれど、いかにもConvolvulaceaeっぽい葉と脈。

Tridynamia_megalantha3
花序は黄褐色の毛で覆われ、ガクが花後も大きく伸長する点がこの仲間の特徴。

2014年9月 9日 (火)

Erycibe elliptilimba Merr. & Chun

実生をLauraceaeとよく間違えてしまったErycibe属の一種。若枝に稜が出たり、灰色がかかった筋が入るところを覚えれば、もう騙されません。

3枚目の花は12月、果実は10月にそれぞれ別の場所で見つけた別個体撮影したものです。

--------------------------------
Erycibe elliptilimba Merr. & Chun, Sunyatsenia 2(1): 45 (1934).
Distribution: Cambodia, China (type-Liang H.Y. 61534, Po-ting to Seven Finger Mountain, Lingshui, Hainan, alt. 548.6 m, 23 April 1932, NYBG), Laos, Thailand, Vietnam.

Erycibe_elliptilimba
Convolvulaceaeの木本つる植物。日本にはホルトカズラ(E. henryi Prain)が分布しています。

Erycibe_elliptilimba2
葉裏の脈はうっすら。

Erycibe_elliptilimba3
花は1㎝ほどと大きくありませんが、なかなか可愛らしく、芳香もあります。

Erycibe_elliptilimba4
果実の横断面。

その他のカテゴリー

Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Balsaminaceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Clethraceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Dipterocarpaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Gentianaceae | Hamamelidaceae | Hypericaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Lythraceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Pandaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Schisandraceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Tetrameristaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Trigoniaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ