Combretaceae

2014年6月20日 (金)

Combretum sundaicum Miq.

前回のタイで見たことのないCombretumに出会いました。調べてみるとどうやらC. sundaicumという種のようです。これで今のところ、同定できていないCombretumはあと1種。何という種に行き当たるか、楽しみです。

-------------
Combretum sundaicum Miq., Fl. Ned. Ind., Eerste Bijv. 327 (1861).
Distribution: China, Indonesia, Malaysia, Singapore, Thailand, Vietnam.

Combretum_sundaicus
葉は広楕円形~広卵形、葉質がやや薄く、緑色がサワヤカです。

Combretum_sundaicus2
葉裏の脈はよく見える方。側脈は裏面に凸となります。

Combretum_sundaicus3
花筒が長くfunnel shapeとなるのが特徴、おそらくこの種でいいでしょう。

2014年6月13日 (金)

Terminalia pierrei Gagnep.

タイの南西部で出会って、名前の分からなかったTerminaliaを同定しました。Terminalia darfeuillana Pierre ex Laness. との関係性がまだよく分かっていませんが、タイではT. pierreiと呼ばれており、おそらくこの種でいいはず。分布域ははっきりとは確認できていません。

---------------------
Terminalia pierrei Gagnep., Notul. Syst. (Paris) 3: 286 (1916).
Distribution: Cambodia, Thailand, Vietnam + ?

Terminalia_pierrei
標高600mのやや乾燥した岩の露出した尾根にて。

Terminalia_pierrei2
葉裏全体に毛が生え、三次脈は隆起してはしご状になっています。これはかなり特徴的。

Terminalia_pierrei3
果実は約1.5㎝と小さく、Terminaliaの中では可愛らしい部類。

2014年4月22日 (火)

Combretum indicum (L.) DeFilipps

山地に割と普通に生えている、つる性のCombretum。たくさん見かけていましたが、長い間正体不明であり、花が咲いているのをみつけてようやく同定できました。Quinsqualisの名で広く呼ばれています。

----------------------

 Combretum indicum (L.) DeFilipps, Useful Pl. Dominica: 277 (1998).
Quisqualis indica L., Sp. Pl. ed. 2: 556 (1762).
Distribution: Africa, Bangladesh, Cambodia, China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Nepal, Pakistan, Papua New Guinea, Philippines, Singapore, Sri Lanka, Thailand, Vietnam, Pacific islands

Comgretum_indicum2
花は枝先に集まって咲く。

Comgretum_indicum3
葉裏の脈は隆起して、毛があるためザラザラしています(毛の程度にはかなり変異があり)。

Comgretum_indicum4
赤いものから白っぽいものまで花弁の色も大きく変異があります。

Comgretum_indicum
一部では葉が変化してトゲ状になったりします。

2014年4月21日 (月)

Combretum punctatum Blume

こちらはやや標高の高い山地林でちらほら見かけるCombretum。

----------------------
Combretum punctatum Blume, Bijdr. Fl. Ned. Ind.. 640 (1826).
Distribution. Cambodia, Indonesia, Malaysia, Thailand, Vietnam.

Combretum_punctatum
半つる性で、光を求めて勢いよく長いシュートを伸ばしていました。

Combretum_punctatum5
種小名のpunctatumは点状のという意味に由来する言葉で、葉裏のこの様子を表したものと思われます。

Combretum_punctatum3

花の様子。花弁はとても小さく、雄蕊が長く突出しているのが特徴的。

Combretum_punctatum4
果実の翼は4枚。1.5-2㎝程度の可愛らしい果実をたくさんつけます。

2014年4月20日 (日)

Getonia floribunda Roxb.

雰囲気からCombretaceaeを連想し、花を頼りに調べたらこの種にたどり着きました。

-----------------------
Getonia floribunda Roxb., Pl. Coromandel 1: 61 (1795)
Distribution: Bangladesh, Cambodia, China, India, Laos, Malaysia, Myanmar, Singapore, Thailand, Vietnam.

Getonia_floribunda
全体の様子。乾燥地に生えるあまりぱっとしない低木でした。花も地味な色をしています。

Getonia_floribunda2
葉裏は何というか、いかにもCombretaceaeっぽい脈ですね。

Getonia_floribunda3
花序は腋生、または頂生。全体に細かい毛が生えています。

2014年4月18日 (金)

Terminalia nigrovenulosa Pierre

乾季の影響をやや受ける落葉樹林から低地の山地林に渡って広く分布しているTerminaliaの1種。

-------------------
Terminalia nigrovenulosa Pierre, Pl. Util. col. Franç. 315 (1886).
Terminalia triptera Stapf, Bull. Misc. Inform. Kew 1895: 103 (1895).
Distribution: Cambodia, China, Laos, Malaysia, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Terminalia_niglobenulosa
満開のときは絢爛さがありますね。

Terminalia_niglobenulosa2
葉は葉質が薄く、裏が白っぽい。Terminaliaの中では端正に思えます。葉の基部の葉柄の付け根から少し離れた位置に腺があるのがポイント。

Terminalia_niglobenulosa3
花のひとつひとつはとても小さい。

Terminalia_niglobenulosa4
果実は2㎝弱で翼は3枚。この写真は別の場所で撮影した別個体のものです。

2014年4月17日 (木)

Terminalia calamansanay Rolf

Terminaliaの仲間をもうひとつ。こちらも分布域は広く、低地の乾燥地を中心に常緑樹林の林縁部にも、割と普通に見かける種類です。本種は日本では薬用に利用していないからか、和名が見つかりませんでした。

------------------------
Terminalia calamansanay Rolf, J. Linn. Soc., Bot. 21: 310 (1884).
Distribution: Cambodia, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Philippines, Thailand, Vietnam.

Terminalia
葉は細長く、葉柄もはっきりしています。

Terminalia2
葉裏の脈は細かい脈まで見えています。

Terminalia3
果実には2つの翼が発達。

2014年4月16日 (水)

Terminalia chebula Retz.

Combretaceaeの仲間で、乾燥フタバガキ林を好んで広く分布しています。名前の由来は知りませが、ミロバランノキという和名もあるそうで、果実は抗菌作用や止血、下痢止めなどに利用され薬学分野では割と有名な木のようです。

-----------------------
Terminalia chebula Retz., Observ. Bot. (Retzius) 5: 31 (1789).
Distribution: Bangladesh, Bhutan, Cambodia, China, India, Laos, Malaysia (introduced), Myanmar, Nepal, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Terminalia_chebula
葉は全縁であまり特徴はつかめにくいですが、ちょっとだえ対生っぽく葉がつく点、全体に黄色味を帯びている点、やや長い葉柄をもっている点などがポイント。

Terminalia_chebula2
Terminaliaの仲間には葉柄や葉に腺があるものが多く、この位置も識別点です。

Terminalia_chebula3
果実はナツメのような楕円形をしています。

その他のカテゴリー

Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Arecaceae | Asteraceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Thymelaeaceae | Violaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ

カテゴリー

無料ブログはココログ