【ベトナム】植物

2016年7月12日 (火)

Ficus lamponga Miq.

いよいよ明日からBorneoへ。今から慌てて荷物の準備です。東南アジアに行くときはいつも直前にドタバタ。それではまた。今月末に戻ります。

------------------
Ficus lamponga Miq., Fl. Ned. Ind., Eerste Bijv. 431 (1861).
Distribution: Cambodia, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Ficus_lamponga
葉は楕円形。

Ficus_lamponga2
東南アジアの中では珍しく低地に生えていても落葉するタイプで、葉質は薄い。

Ficus_lamponga3
果実。葉のついていない古い枝に柄のある果実をたくさんつけます。

2016年7月10日 (日)

Eustigma balansae Oliv.

Eustigma属の植物は、最近ベトナム南部から記載された1種を加え、4種ほどが知られています。

先月訪れたベトナム中北部の1600m付近にはこの木がたくさん生えており、当初は「ワカランノキ(Styracaceaeに似てるけど違う別の科の何か)」と名付けていましたが、数日経って同行していたT君がEustgima balansaeだと気づく。確かに!そして最後の下山する段階で運よく果実を得ることができ、全員が得心したのでした。

--------------------
Eustigma balansae Oliv.,Hooker's Icon. Pl. 20: t. 1954 (1891).
Distributoin: China, Laos, Vietnam.

Eustigma_balansae
15m程度の木。やや湿った斜面に多く生えていました。

Eustigma_balansae2
葉裏。葉裏全面に毛が生えているのはE. balansaeだけ。

Eustigma_balansae3
果実もびっちりと毛で覆われている。

2016年7月 6日 (水)

Dipentodon sinicus Dunn

約1年半前にPerrottetia alpestris (Blume) Loes.を紹介した際、本種はDipentodontaceaeという聞いたこともない科に属していると述べました。そして、ついに、前々回のベトナム北部の森でDipentodon属の植物に巡り合いました。

といっても、フィールドではDipentodon属の植物なんて微塵も気づかず、花序がumbelleとなるHomaliumの新種だ!とすっかり勘違い。意気揚々とたくさん写真を撮影したものの、帰国して調べた結果、あえなく撃沈してしまいました・・・。

それでもまだまだ分からない植物がいっぱいというのは嬉しい限り。もっともっとたくさんの植物に出会えるよう、精進します。

--------
Dipentodon sinicus
Dunn, Bull. Misc. Inform. Kew 1911: 311 (1911).
Distribution: China, Myanmar, Vietnam.

Dipentodon_sinicus
標高1400-2200mの沢沿いにたくさん生えていました。

Dipentodon_sinicus2
葉裏。葉は一見、glandのないPrunusの葉、あるいはIlexにそっくり。

Dipentodon_sinicus3
花序。この花ひとつひとつを見てみるとHomaliumに見えてきませんか?

2016年7月 2日 (土)

Elaeocarpus hainanensis Oliv.

あーつーいー。福岡はすっかり夏に突入。同じく暑い状況なら早く東南アジアに行きたい。

--------------------
Elaeocarpus hainanensis Oliv., Hooker's Icon. Pl. 25: t. 2462 (1896).
Distribution: China, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Elaeocarpus_hainanensis
標本でパッと見る限り、Elaeocarpus grandiflorus Sm. と花序のbracteoleが違うだけで、本当に別種なのかどうかいまいちよく分からなかったけれど、生品を初めてみて納得。雰囲気が全然違っていました。

Elaeocarpus_hainanensis2
葉裏。

Elaeocarpus_hainanensis3
このbracteoleが分かりやすい特徴。Elaeocarpusの中でもかなり大型の花なので見ごたえがあります。

Elaeocarpus_hainanensis4
雄蕊の先端は著しく伸びます。

2016年6月30日 (木)

Claoxylon longifolium (Blume) Endl. ex Hassk.

前回の記事でベトナムから戻りました、と報告したものの、またすぐにミャンマー、ベトナム(今度は中北部)と続けて出かけ、1カ月以上も間が空いてしまいました。いやはや・・・そして次は13日からボルネオへ。せめてそれまでの間だけでも、少しでも更新しておきたいと思います。さすがに1カ月出かけていただけあって、たくさんの植物に出会うことができました。

-----------------
Claoxylon longifolium (Blume) Endl. ex Hassk., Cat. Hort. Bot. Bogor. 235 (1844).
Erythrochilus longifolius Blume, Bijdr. 616 (1826).
Distribution: Cambodia, China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Thailand, Vietnam.

Claoxylon_longifolium
沢沿いに生えていた5m程度の木。東南アジアでよく見かけるC. indicumに比べると毛が少なく、葉も細長くてすっきりした印象。

Claoxylon_longifolium2
一見無毛ですが、葉裏の主脈上には細かい毛が生えています。

Claoxylon_longifolium3
果実の様子は確かにClaoxylonっぽい。

2016年5月21日 (土)

Premna interrupta Wall. ex Schauer

ベトナムから戻りました。今回のベトナムではインドシナ最高峰のFansipanに行ってきました。山頂は標高3143m。最近完成したケーブルカーを利用して、あっという間に山頂に到達。さすがにベトナム北部の高地だけあって、いつも出会っているガチガチの熱帯の植物ではなく、温帯域の植物をたくさん見ることができてとても面白かったです。

----------------
Premna interrupta Wall. ex Schauer, Prodr. 11: 633 (1847).
Distribution: Cambodia, China, Bhutan, India, Myanmar, Nepal,: Vietnam.

Premna_interrupta
高地に生育する植物。Premnaの中では花序がspikeのような形をしている変わった種類。

Premna_interrupta2
葉裏はほぼ無毛で細かい脈が見えます。

Premna_interrupta3
花序のアップ。雄蕊は4本。

2016年4月20日 (水)

Helicia nilagirica Bedd.

ベトナムに植物を探しに行ってきます! 帰国は5月7日頃。また面白い植物にたくさん出会えますように。

-----------------
Helicia nilagirica Bedd., Madras J. Lit. Sci., ser. 3 1: 56, pl. 11 (1864).
Distribution: Bhutan, Cambodia, China, India, Laos, Myanmar, Nepal, Sikkim, Thailand, Vietnam.

Helicia_nilagirica
色々あるHeliciaの中でもあまり光沢のない葉が本種の特徴。丘陵林を中心に分布し、やや標高の高いところ(1000m付近)でも普通に出てきます。カンボジア、タイ、ベトナムで見かけましたが、これは今年に見たベトナムのもの。

Helicia_nilagirica2
葉裏。

Helicia_nilagirica4
花のアップ。いつ見ても面白い。


2016年4月16日 (土)

Elaeagnus annamensis S.Moore

2種目のElaeagnus。グミの花には花弁がないこと(花に見えるのは実はガク)、しかも子房上位(superior)ということを昨年知り、びっくりしたものです。

---------------
Elaeagnus annamensis S.Moore, J. Nat. Hist. Soc. Siam 4: 155 (1921).
Distribution: Vietnam.

Elaeagnus_annamense
グミはよく似たものが多いのですが、見つけた場所からしてもこの種で間違いないでしょう。

Elaeagnus_annamense2
花は他の類似する種に比べてやや大きく、萼筒部は丸みを帯び、また写真ではほとんど分かりませんが、雄しべが萼筒部よりかなり突き出ています。

2016年4月15日 (金)

Mastixia poilanei Tardieu

Mastixia pentandra subsp. cambodiana (Pierre) K.M.Matthewとする考えもあるようですが、私は別種だと思っているのでM. poilaneiの名前で紹介しておきます。

---------------------
Mastixia poilanei Tardieu,  Fl. Camb., Laos & Vietn. 8: 16 (1968).
Distribution: Vietnam

Mastixia_poilanei
葉が小型のMastixia。一見、シラタマカズラみたい。

Mastixia_poilanei2
葉裏のこの青白さと脈の様子はMastixia。

Mastixia_poilanei3
Mastixiaの花は初めて見ましたが、意外とショボい。Celastraceaeに通ずるものがあります。

2016年4月14日 (木)

Styrax rufopilosus Svengs.

Styraxというと日本にはエゴノキしかないのでなかなか属内の形態変異というのを想像できませんが、東南アジアではいかに多様化していることか。Styrax argentifolius H.L. Liに続いて2種目です。

----------------------
Styrax rufopilosus Svengs., Fl. Camb., Laos & Vietn. 26: 154 (1992).
Distribution: Vietnam.

Styrax_rufopilosus
葉は15㎝もあるやや大型のStyrax。若枝には褐色の毛がびっちり。

Styrax_rufopilosus2
葉裏は真っ白。

Styrax_rufopilosus3
果実も2㎝以上あり、大きい。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Acanthaceae | Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Balsaminaceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Cannabaceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Clethraceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Dipentodontaceae | Dipterocarpaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Gentianaceae | Hamamelidaceae | Hypericaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Lythraceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Pandaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Schisandraceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Tetrameristaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Trigoniaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ミャンマー】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ