【日本】スミレ

2012年4月10日 (火)

阿蘇のスミレ2 (2012年)

阿蘇と言えばキスミレ。たまたま立ち寄った草原の縁で、他の場所に先駆けて顔を出していました。
Viola orientalis (Maxim.) W.Becker
Orientalis

ヒゴスミレもちらほらと見かけました。
Viola chaerophylloides (Regel) W.Becker
Higo

アカネスミレもありましたが、こちらは毛のないタイプ、オカスミレ
Viola phalacrocarpa Maxim. f. glaberrima (W.Becker) F.Maek.
Akane

帰り際、一緒に行ったNさんがスズキスミレを発見。
探す目が多いと色々と見つかるものです。
Viola x suzukii Hort. ex F.Maek. et T.Hashim., nom. nud.
Suzuki

2012年4月 8日 (日)

阿蘇のスミレ(2012年)

土曜日、数人のスミレ仲間と阿蘇に行ってきました。

風は冷たく、景色はまだまだ茶色一色に見えましたが、日当たりの良い場所では花が咲いている株もちらほらとありました。全員スミレ好きなので、探す目が多いだけあって全部で十数種類のスミレの花に出会うことが出来ました。
Aso

アオイスミレ
Viola hondoensis W.Becker et H.Boissieu
Aoi

フイリナガバノスミレサイシン
Viola bissetii Maxim. var. kiusiana Terao
Variegata

ヒカゲスミレ
Viola yezoensis Maxim.
Hikage

以上がスギ林の林縁に生えていた3種類。アオイ・ヒカゲは1週間後、それ以外(草原性のものも含む)は2週間後くらいが見頃となりそうです。

2011年5月 6日 (金)

ケイリュウタチツボスミレとナガバタチツボスミレ(山口)

山口県にあるケイリュウタチツボスミレ(V. grypoceras var. ripensis)の自生地西限?へ少しだけ遊びに行ってきました。
Ripens

ケイリュウタチツボは相変わらず川岸の岩の隙間などにたくさん生えていました。残念なことに開花はほとんど終わっていました。
Repens

こちらはかろうじて咲き残っていたナガバタチツボ(V. ovato-oblonga)。落ち着きのある雰囲気が素敵です。
Oblong

以前、この場所でケイリュウタチツボスミレとナガバチツボスミレの雑種個体を見つけました。園芸的にも十分通用するほどの美麗な一品でした。株も葉もコンパクトで、よく分枝し、色むらのない透き通った濃い青紫色の花を多数咲かせ、、、そして不稔でした。今回も運良くば・・・と探したものの、見出せず。個人的にもう一度会いたいスミレNo.1です。またどこかで新たに誕生していますように・・・

2011年5月 5日 (木)

ハリマスミレ

山口県のとある道路公園でハリマスミレを見つけました!

ハリマスミレはアリアケスミレとスミレの雑種、Viola betonicifolia var. albescens x V. mandshuricaです。この株はF1でしょうか。周囲の株より一際大株となっていました。
Harima

上の株の花のアップはこちら。花はアリアケスミレに近い印象なので、アリアケが母親となったのでしょうか?
Harima_flower

この株だけではなく、この場所ではスミレとアリアケスミレが混生していて、足の踏み場もないほどの大群落を形成していました! 独り興奮しておおはしゃぎです!
Harima_pop

さらに嬉しいことには、どうもハリマスミレ(F1雑種)には稔性があったようで、様々な表現型が分離していました。もうどれがF2なのか、F3なのか、あるいは戻し交雑株なのか・・・まったく見当がつきません! 知人がスミレ(V. mandshurica)の白花を育種しようと試みていましたが、この集団をうまく選抜していけば夢も叶うのでは・・・とさえ思えるほど。以下、いくつかご紹介しておきます。
Harima2

Harima3

花が少し赤色を帯びる個体もありました。
Harima4

最初の株とは別の個体。
Harima5

これはおそらく普通のスミレ(V. mandshurica)だと思う株。形態の変異が連続的なので断定には至りませんでした。
Mandshurica

そしてこれはもう一つの片親のアリアケスミレだと思う株。本当にアリア・・・ケ?
Betonicifolia

いやはや、すっかり目の保養になりました。この群落のすぐ近くでフモトスミレもちょうど咲いていました。久住で一度見たことのあるフイリバスミレ(スミレ×フイリフモトスミレ)など、もっと自然交雑が生じて複雑な個体群になってくれると面白いですね。この場所は毎年要チェックです。

その他のカテゴリー

Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Arecaceae | Asteraceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Thymelaeaceae | Violaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ

カテゴリー

無料ブログはココログ