【タイ】植物

2016年4月19日 (火)

Trigonostemon aurantiacus (Kurz ex Teijsm. & Binn.) Boerl.

Trigonostemonはこれで3種目。Trigonostemon属の種は葉や花の形、色、毛の様子においてとても多様な変異が見られ、調べていくと色々と面白いものです。

------------------
Trigonostemon aurantiacus
(Kurz ex Teijsm. & Binn.) Boerl., Handl. Fl. Ned. Ind. (Boerlage) 3(1): 284. (1900).
Distribution: India (Andaman Islands), Indonesia (Java), Malaysia (Peninsula), Thailand.

Trigonostemon_aurantiacus
ピンク~黒紫色の花が多い中でひときわ目立つオレンジ色の花を咲かせるTrigonostemon。

Trigonostemon_aurantiacus2
葉裏はややのっぺり。

Trigonostemon_aurantiacus3
こちらは雄花。Trigonostemonの花糸は合着しています。

Trigonostemon_aurantiacus4
こちらは雌花。雌花序はとても長く、先端に数個の花を咲かせるようです。

Trigonostemon_aurantiacus5
果実。上の花の写真は12月で、この果実は2月に撮影したもの。どちらもタイ南部です。

2016年4月13日 (水)

Erycibe expansa Wall. ex G. Don

福岡ではすっかり桜も散り、暖かくなってきたなぁと思ったのも束の間、ここ2、3日間は肌寒い日が続きました。みなさん風邪にご注意を。

---------------
Erycibe expansa Wall. ex G. Don, Gen. Hist. 4: 392 (1838).
Distribution: China, India, Malaysia, Myanmar, Thailand.

Erycibe_expansa
タイ南部の道路沿いで見かけた小型の葉のErycibe。

Erycibe_expansa2
葉裏。脈上には茶褐色の毛が残る。

Erycibe_expansa3
花序。白い花弁は大きく切れ込む。

Erycibe_expansa4
ガク裂片にも毛が生えるが、子房との間には毛が生えていない。

2016年4月 5日 (火)

Chrysophyllum roxburghii G.Don

熱帯の森林の重要な構成種であるSapotaceaeですが、紹介しているのはまだ1種しかありませんでした。ということで2種目をアップ。

-------------------------
Chrysophyllum roxburghii G.Don, Gen. Hist. 4: 33 (1837).
Distribution: Cambodia, India, Indonesia, Malaysia, Phillipines, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Chrysophyllum_roxburghiana
東南アジアの森林で広域に分布して割とよく見かけるSapotaceaeの仲間。

Chrysophyllum_roxburghiana2
狭い間隔で横にたくさん走る葉脈が特徴です。

Chrysophyllum_roxburghiana3
果実は少し角ばっていました。

2016年1月15日 (金)

Anaxagorea javanica Blume

初めて出会う植物、特に初見の科や属はひときわワクワクするものです。聞きなれない植物の名前を覚えるのはとても大変。この植物も十回以上も間違えた末、ようやく習得しました。

----------
Anaxagorea javanica Blume, Fl. Javae Anon.: 66 (1830).
Anaxagorea_javanica
これだけ見ても花や果実があるまではAnnonaceaeの植物とは分かりませんでした。

Anaxagorea_javanica2
葉裏。こちらも細かい脈までしっかり見えて、あまりAnnonaceaeっぽくない。

Anaxagorea_javanica3
花弁はとっても肉厚ですが、確かにAnnonaceaeの花をしていました。

Anaxagorea_javanica4
果実。こちらもAnnonaceaeっぽい果実だけれど、果実柄が膨れてちょっと変な形。

2016年1月14日 (木)

Ficus obpyramidata King

タイ南部で見たことのないFicusを発見。これは新種かも?と思いましたが、どうやらこの種でよさげな感じ。

-----------
Ficus obpyramidata King, Ann. Roy. Bot. Gard. (Calcutta) 1: 116 (1888).
Distribution: Malaysia (Peninsula), Myanmar, Thailand.

Ficus_obpyramidata
葉のサイズや形はFicus hispida L.f.に似ていますが、対生でなかったり、毛の質が違ったりと明らかに別種の雰囲気。

Ficus_obpyramidata2
葉裏。

Ficus_obpyramidata3
果実。この手の果実をつけるのはFicus属の中でもSycomorus亜属の仲間。

Ficus_obpyramidata4
せっかくなので果実を割った写真も。中にはイチジクコバチや寄生蜂がわらわらといました。

2016年1月13日 (水)

Polyalthia glauca (Hassk.) F.Muell.

本年も頑張ると意気込んでおきながら、3日坊主どころか1日で更新が途絶えてしまいました。こりゃいかん、ということでちょっとズルして遡って更新。

-----------------
Polyalthia glauca (Hassk.) F.Muell., Descr. Notes Papuan Pl. 1: 95 (1877).
Uvaria glauca Hassk., Flora 25(2 Beibl.): 31 (1842).
Distribution:, Indonesia, Malaysia, New Guinea, Philippines, Thailand.

Maasia属のM. glauca (Hassk.) Mols, Kessler & Rogstadと組み替えられていたりするようですが、まだこの論文は読んでおらず、今回はよく知られているPolyalthiaの方で紹介しておきます。

Polyalthia_glauca
タイ南部の湖畔にて。10mほどの木でした。

Polyalthia_glauca2
葉裏はglaucaの名の通り、青白い。

Polyalthia_glauca3
花弁は黄色を帯び、芳香が強い。

Polyalthia_glauca4
果実とつぼみ。果実はPolyalthiaの中では小型の部類。丸くて可愛らしい。

2015年12月 1日 (火)

Mischocarpus pentapetalus (Roxb.) Radlk.

東南アジアでXerospermum noronhianumと共におそらく最も広域に、そして普通に見ることのできるSapindaceaeの樹木。

-----------------
Mischocarpus pentapetalus
(Roxb.) Radlk., Sitzungsber. Math.-Phys. Cl. Königl. Bayer. Akad. Wiss. München 43(113): 646 (1879).
Schleichera pentapetala Roxb., Fl. Ind., ed. 1832 2: 275 (1832).
Distribution: Cambodia, China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Malaysia, Philippines, Thailand, Vietnam

Mischocarpus_pentapetalus
葉の表はテカテカ。

Mischocarpus_pentapetalus2
葉はややのっぺり。葉腋にはDomatiaがあります。

Mischocarpus_pentapetalus4
若い果実。熟すと橙赤色に。

2015年11月30日 (月)

Lyonia ovalifolia (Wall.) Drude

広義のネジキ。広域分布種で変異が大きく、いくつかの変種で分けられてたりしています。

--------------------
Lyonia ovalifolia (Wall.) Drude, Nat. Pflanzenfam. 4(1): 44 1889.
Distribution: Bangladesh, Bhutan, Cambodia, China, India, Japan, Laos, Malaysia, Myanmar, Nepal, Pakistan, Sikkim, Thailand, Vietnam.

Lyonia_ovalifolia
東南アジアでは標高の高いところ、特に貧栄養の砂岩の台地上などに点々と出現します。

Lyonia_ovalifolia2
フラッシュのたきすぎで色とびしました・・・。

Lyonia_ovalifolia3
確かに花はネジキにそっくり。

Lyonia_ovalifolia4
さく果。これもいまいちフォーカスが甘い。

2015年11月29日 (日)

Prunus wallichii Steud.

Prunusは分類がまだすっきりしないところがあるので掲載するのを避けていた分類群のひとつですが、インターネットで画像を探しても何だかこれはというものが出てこないので、一石を投じる意味でこの名前の下に掲載しておきます。

Laurocerasus wallichii (Steud.) Browicz.として、熱帯に生える常緑性の種を別属として扱う考えもあったり、また、中国ではこの種はLaurocerasus undulata (Buchanan-Hamilton ex D. Don) M. Roemer,として呼ばれているようです、おそらく。

----------------
Prunus wallichii Steud., Nomencl. Bot.  [Steudel], ed. 2. ii. 404 (1841).
Distribution: China, India, Indonesia (Sumatra), Laos, Malaysia (Peninsula), Myanmar, Nepal, Thailand, Vietnam.

Prunus_wallichii
こちらはタイの南部の沢沿いにて。広域分布種であり、結構あちこちで見かけます。

Prunus_wallichii2
葉が薄く、葉脈が上の脈とよく結合し、(生葉では分かりにくいですが)Aporosa wallichiiのようにglandがあるのが特徴。

Prunus_wallichii3
花はリンボクなど常緑性のサクラに似ていて、確かに属を分けたくなる気持ちは分かります。

2015年11月22日 (日)

Mucuna gigantea (Willd.) DC.

現在手持ちのMucunaはひとまずこれで最後。また別の種の同定が進んだら、そして新しい種を見つけたら改めて紹介することにします。

----------------------
Mucuna gigantea (Willd.) DC., Prodr.  2: 405  (1825). 
Distribution: China, India, Malaysia, Thailand, Vietnam.

Mucuna_gigantea
Mucunaの中ではほっそりとした葉を持つ美麗種。しかも花は白花。

Mucuna_gigantea2
葉裏は無毛。

Mucuna_gigantea3
Mucuna giganteaは本来花柄がもっと長い種なのですが、この個体は短い。まだ咲く前だからなのか、実はよく似た別種だからなのか?

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Balsaminaceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Clethraceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Dipterocarpaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Gentianaceae | Hamamelidaceae | Hypericaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Lythraceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Pandaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Schisandraceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Tetrameristaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Trigoniaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ