Arecaceae

2015年9月27日 (日)

Areca triandra Roxb. ex Buch.-Ham.

昨日のPinangaでAreca triandraの話が出たので、こちらもアップしておきましょう。

------------------
Areca triandra Roxb. ex Buch.-Ham., Mem. Wern. Nat. Hist. Soc. 5: 310 (1826).
Distribution: Cambodia, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Philippines, Thailand, Vietnam.

Areca_triandra
東南アジアで割と普通に見かける種類。株立ちにならず1本立ちのものが多い。

Areca_triandra2
茎は緑色。

Areca_triandra3
葉裏。これは林床に生えていた小型のものなので葉の列片の幅は狭い。

Areca_triandra4
Pinangaの花序と全く異なるAreca triandraの花序。先端が縮れてしまうのが特徴のひとつ。

2015年9月26日 (土)

Pinanga sylvestris (Lour.) Hodel

Arecaceaeの仲間も東南アジアの森林の重要な構成要員。低地からかなりの高地まで、様々な種類を普通に見ることができます。

-----------------
Pinanga sylvestris (Lour.) Hodel, Palm J. 139: 55 (1998).
Areca sylvestris
Lour., Fl. Cochinch. 568 (1790).
Distribution: Cambodia, China, Laos, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Pinanga_sylvestris
森の(sylvestris)Pinangaという名の通り、インドシナの森では(やや標高の高いところで)ごく普通にみかけるPinanga。同所的に普通に生えているAreca triandraとは茎の太さや色で簡単に区別できます(A. triandraの茎は太くて緑色)。

Pinanga_sylvestris3
葉裏。まあいわゆるヤシの葉っぱです。

Pinanga_sylvestris2
果実。15㎝程度の花序にたくさんの果実をつけていました。

2014年10月30日 (木)

Calamus palustris Griff.

東南アジアでは低地の乾燥林から山間部の森まで、どこにでも何かしらのトウ属(Calamus)の仲間が生えています。森の中に分け入って進んでいると、カバンや服や体の肉に頻繁にひっかかって、結構大変。強引に前進してトゲが外れる確率はほぼゼロ。おとなしくバックしましょう。

------------------------------
Calamus palustris Griff., Calcutta J. Nat. Hist. 5: 60 (1845).
Distribution: Cambodia, India, Laos, Malaysia, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Calamus_palustris
藪の中に他のものを寄せつけないようにどっしりと陣取っていました。さすがにここから森に突っ込むのは断念。

Calamus_palustris2
小葉は2-3対がまとまってつくタイプ。

Calamus_palustris3
葉裏。茎だけでなく、葉軸の裏もすらっと伸びた葉軸の先端部にもトゲがあり、他のものに引っかかってよじ登っていくべく、あらゆる部分が特化しています。

Calamus_palustris4
茎のトゲは大小あり。茎のトゲはどちらかというと防御的な機能が強そう。どこも触るところがありません。

Calamus_palustris5
花序。割と詰まって咲くものから間延びするものまで、結構ダラダラしているようです。

2014年10月16日 (木)

Plectocomia pierreana Becc.

ラタン(Rattan)と呼ばれるツル性のヤシには色々な属が含まれています。Calamusが最も代表的で種数も多いのですが、カンボジアで見つけた種のひとつはPlectocomiopsis属というあまり聞きなれない属に行き当たりました。

# Plectocomiopsis_geminifloraと同定して上ように記していましたが、Plectocomia pierreanaであることに気づき、同定を訂正しました。なお、以下の写真はP. combodianaのタイプローカリティ―で得たものです。2014/11/02 加筆修正。

-------------
Plectocomia pierreana Becc., Webbia 3: 236 (1910).
Plectocomia cambodiana Gagnep. ex Humbert, Notul. Syst. (Paris) 6: 157 (1937).
Distribution: Cambodia, China, Laos, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Plectocomiopsis_geminiflora
葉はPlectocomia elongataよりはやさしい印象。

Plectocomiopsis_geminiflora2
葉鞘には小さなトゲがたくさん。

Plectocomiopsis_geminiflora3
果実はぱっと見ブドウのような房状。いつか花を見てみたい。

その他のカテゴリー

Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Gentianaceae | Hamamelidaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Pandaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ