Apocynaceae

2015年7月16日 (木)

Wrightia laevis Hook.f.

昨日に続いて今日もApocynaceaeを一種。インドシナでWrightiaと言えばW. dubiaをまず思い浮かべますが、ずいぶん心象の違うこんなWrightiaもありました。えいやっと、広域分布のこの種に同定。

-----------------
Wrightia laevis Hook.f., Fl. Brit. India 3: 654 (1882).
Distribution: Australia, China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Philippines, Thailand, Vietnam.

Wrightia_laevis
道路沿いの林縁にて。

Wrightia_laevis2
葉裏。毛なし、テカテカです。

Wrightia_laevis3
花にはしゃもしゃした部分があり、花筒はごく短く、雄蕊は完全に突き出しています。こうして見ると確かに昨日のKibataliaの花とは違って見えてきます。ううむ。

2015年7月15日 (水)

Kibatalia laurifolia (Ridl.) Woodson

Apocynaceaeは属の数が多く、どういう属があり、それらは何が違っているのか、未だによく分かっておりません。花も果実も全部一緒に見えてしまう・・・。

------------------
Kibatalia laurifolia (Ridl.) Woodson, Sunyatsenia 3: 102 (1936).
Distribution: Malaysia (Peninsula), Thailand, Vietnam.

Kibatalia_laurifolia
道端に生えていた低木。これがよもやKibataliaだったとは。

Kibatalia_laurifolia2
葉裏の脈腋には目立つdomatiaがあります。

Kibatalia_laurifolia3
花はやや黄色みを帯びた白色。これは咲き始めの花なので分かりにくいですが、雄蕊が少しだけ花筒から出ています。

2014年12月25日 (木)

Myriopteron extensum (Wight & Arn.) K. Schum.

タイの乾燥季節林内で普通に見られたApocynaceae (Asclepiadaceae) のつる植物。まだ見たことのない知らない属だと思ったら、なるほど、カンボジアでは今のところ分布記録のない種類でした。

-----------------------
Myriopteron extensum (Wight & Arn.) K. Schum., Nat. Pflanzenfam. 4(2): 215 (1895).
Streptocaulon extensum Wight & Arn., Contr. Bot. India 65 (1834).
Distribution: China, India, Indonesia, Laos, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Myriopteron_extensum
葉質は薄い。たくさんありましたが、この時期に花が咲いていたのはこちらの1株のみ。

Myriopteron_extensum2
葉裏の脈は隆起。

Myriopteron_extensum3
花は確かにHoyaっぽいAsclepiadaceaeの形。アップでみると実に面白い形をしています。

2014年7月31日 (木)

Bousigonia mekongensis Pierre

これも知らなかった属のApocynaceae。果実をみつけ、この種に同定。花はまだ見たことありません。

--------------
Bousigonia mekongensis Pierre, Bull. Mens. Soc. Linn. Paris n.s., 1: 36 (1898).
Distribution: China, Vietnam.

Bousigonia_mekongensis_pierre
葉の表は深い緑色で、葉脈が少し凹みます。枝も緑色。

Bousigonia_mekongensis_pierre2
葉裏の側脈は目立ち、Syzygiumのように辺縁部で上部の脈と結合。

Bousigonia_mekongensis_pierre3
果実のアップ。うーん、何といい表せばよいのか、イチジク型?このとき約2.5㎝ほど、結構大きいです。

2014年7月30日 (水)

Chonemorpha yersinii Vernet

現地ではぱっと見てEpigynum cochinchinensisと思ったこのApocynaceae、よくよく観察すると違う種であることに気づきました。今日、空き時間に調べてよくやくこの種にたどりつきました。Chonemorpha属、そんなのあったのか、というようにApocynaceaeはまだまだ知らない属ばかり。

Chonemorpha yersinii Vernetはインドから中国、インドネシアにかけて広く分布するChonemorpha fragrans (Moon) Alstonのシノニムとする見解もあるようです。とりあえずこれはC. yersiniiのType localityに近いのでこの学名を使っておきましょう。

---------------------
Chonemorpha yersinii Vernet, Bull. Écon. Indochine 35: 1197 (1904).
Distribution: Vietnam.

Chonemorpha_fragrans
花は白色で中心部が黄色。花以外はほぼ全体微毛に覆われています。

Chonemorpha_fragrans2
葉だけ見るとEpigynum auritum (C.K.Schneid.) Tsiang & P.T.Li にそっくり。E. auritumはまだ実物を見たことないけれど、全体的にもう少し毛が粗っぽそう。

Chonemorpha_fragrans3
花弁は花筒まで切れ込んでいます。

D.J. Middleton (1999) Apocynaceae in Flora of China 7(1) の検索表ではEpigynumとChonemorphaの違いは
--------------
44. Inflorescens flat topped and umbel-like; sepals free from each other  32.Epigynum
44. Inflorescens a panicle; sepals often connate into a tube 33. Chonemorpha
--------------
とありますが、この検索表では写真の植物はうまく分類できないのでした・・・いやはや難しい。ただ、果実はEpigynumは長さ1㎝以下、Chonemorphaは長さ1.5㎝以上あるそうで、果実があれば確実に同定できそうです。次回訪問時に探してみましょう。

2014年6月25日 (水)

Alstonia scholaris (L.) R. Br

やや乾燥にも強いようで、低地から山地かけて広く、そしてやや普通に分布しているAlstoniaの一種。街中でも植木としてときどき植えられています。

-----------------
Alstonia scholaris (L.) R. Br, Mem. Wern. Nat. Hist. Soc. 1: 76 (1810).
Distribution: Australia, Cambodia, China, India, Laos, Malaysia, Myanmar, Sri Lanka. Thailand, Vietnam.

Alstonia_schoralis
葉は6-10枚ほどが輪生。まだ展葉したてで黄緑色ですが、落ち着くと濃い(灰)緑色に。

Alstonia_schoralis2
無毛でテカテカ。脈は多い。

Alstonia_schoralis3
花序はあまり長くなく、小さなクリーム色の花をたくさん咲かせます。夜中になると非常に強い匂いを出し、人によっては大嫌いな匂いとなるようで、私の知り合いのタイ人は職場に植えられていたこの木をあるとき切り倒していました・・・。

2014年6月23日 (月)

Cynanchum corymbosum Wight

イケマの仲間はどうも温帯の植物というイメージがありましたが、カンボジアの森で伐採用道路に生えているのを発見。ざっと調べたところ、確かに熱帯に分布する種数は少ないですが、何種類かは分布している模様。今回の種は広域分布するC. corymbosumに同定しました。

---------------
Cynanchum corymbosum Wight, Contr. Bot. India 56 (1834).
Distribution: Cambodia, China, India, Laos, Malaysia, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Cynanchum_corymbosum
葉は対生し、どこからどうみてもイケマ属。

Cynanchum_corymbosum2
葉裏はやや青白い。

Cynanchum_corymbosum4
葉腋から花序を出し、サワヤカな色合いの花を咲かせていました。花序の形がコイケマとは少し違いますね。

Cynanchum_corymbosum3
花のアップ。イケマはガガイモ科AsclepiadaceaeはAPG体系ではキョウチクトウ科Apocynaceaeに含まれています。

2014年6月21日 (土)

Alstonia macrophylla Wall. ex G.Don

Apocynaceaeの高木で、30mに達します。花が咲いているのは下から見てすぐ分かったのですが、枝を落とすのに苦労したものです。

---------------
Alstonia macrophylla Wall. ex G.Don, Gen. Hist. 4: 78 (1837).
Distribution: Cambodia, India, Malaysia, Philippines, Sri Lanka, Thailand.

Alstonia_macrophylla
葉は成木の上部の葉は20㎝程度ですが、幼木では40㎝ほどのものも。

Alstonia_macrophylla2
他のAlstoniaと同様、葉は3-4輪生で、全体に微毛が生えています。

Alstonia_macrophylla3
花序には小さな白い花が多数咲きます。

2014年6月19日 (木)

Streptocaulon juventas (Lour.) Merr.

森の中より道路沿いの藪や田畑の横の茂みなど、人里近くに普通に生えているStreptocaulon juventas。カンボジアではあちこちで生えているのを目にします。

------------------------
Streptocaulon juventas (Lour.) Merr.,
Distirbution: Cambodia, China, India, Laos, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Streptocaulon_juventas
つる性の植物。Streptocaulonの中には低木になる種もあるとか。見てみたい。

Streptocaulon_juventas2
葉裏はビロード状の毛に覆われ、触り心地はGood。基部はややcordate気味。

Streptocaulon_juventas3
花は小さく、6-7㎜。花弁は黄色を帯びています。

Streptocaulon_juventas4_2
果実は10㎝前後まで長く伸び、これもびっしりと毛に覆われていました。

2014年6月18日 (水)

Epigynum cochinchinensis (Pierre) Mabb.

東南アジアのEpigynumについてはMiddleton博士によってレビューが出ています。この論文によると、東南アジアにはひとまずE. auritum, E. cochinchinense, E. graciliflorum, E. griffithianum, E. ridleyiの5種の分布を挙げています。私はまだ2種しか出会っていません。(ひとまず、としたのは、E. auritumとE. graciliflorumの分類がまだはっきりしないため)。

-------------------
Middleton D.J. 2005.  A revision of Epigynum (Apocynaceae: Apocynoideae). Harvard Papers in Botany, 10(1): 67-81.
-------------------
分布図と標本画像もついていて、非常に分かりやすいです。

-------------------
Epigynum cochinchinensis (Pierre) Mabb.,  Kew Bull. 49: 304 (1994).
Nouettea cochinchinensis Pierre, Bull. Mens. Soc. Linn. Paris n.s., 1: 30 (1898).
Distribution: Thailand, Vietnam.

Epigynum_cochinchinensis
E. griffithiiに比べて全体的にサイズの大きなE. cochinchinensis。花のサイズも東南アジアの中では一番大きいようです。

Epigynum_cochinchinensis2
葉裏は白色を帯びず、

Epigynum_cochinchinense4
花は3-4㎝で白色~わずかにピンク色を帯びるものも。花筒がわずかにカーブしているのもこの種の特徴のひとつとありました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Hamamelidaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Thymelaeaceae | Violaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ