Annonaceae

2016年11月28日 (月)

Dasymaschalon ellipticum Nurmawati

Tree Flora of Sabah and Sarawak Vol. 8によると、サバ州とサラワク州で記録のあるDasymaschalonはたった3種。意外にも少ないですね。

--------------------
Dasymaschalon ellipticum Nurmawati, Floribunda. Sisipan 2(3): 78 (2003).
Distribution: Brunei, Malaysia (Sabah & Sarawak)

Dasymaschalon_ellipticum
葉はインドシナのDasymaschalonに比べるととても大きい。

Dasymaschalon_ellipticum2
葉裏と果実。葉裏はDasymaschalonっぽく、glaucous。

2016年11月22日 (火)

Drepananthus ramuliflorus Maingay ex Hook.f. & Thomson

インドシナ半島の植物もさることながら、最近は特にボルネオの植物を勉強中。知らない科、属がまだまだたくさんあり、勉強には今が一番楽しいときでしょうか。

--------------------
Drepananthus ramuliflorus Maingay ex Hook.f. & Thomson, Fl. Brit. India 1: 56 (1872).
Distribution: Malaysia.

Drepananthus_ramuliflorus
Polyalthiaデカタマと呼んでいた謎のAnnonaceae、ずっと分かりませんでしたが、先日インドネシアのハーバリウムであっさり同定できました。

Drepananthus_ramuliflorus2
葉裏はウラジロ。

Drepananthus_ramuliflorus3
果実。主に葉のない古い枝に花序をつけるようです。

2016年10月 8日 (土)

Pseuduvaria borneensis Y.C.F.Su & R.M.K.Saunders

相変わらず更新が途絶えがちですみません、つい先日までボルネオに行っていました。そして来週からインドネシア。出発まであまり時間はありませんが、先日のボルネオで出会った植物を少しだけ紹介しておきます。

----------------------
Pseuduvaria borneensis Y.C.F.Su & R.M.K.Saunders, Syst. Bot. Monogr. 79: 55 (2006).
Distribution: Indonesia (Kalimantan), Malaysia (Borneo).

Pseuduvaria_borneensis
葉だけだとなかなか属すら分からないAnnonaceaeですが、今回は花と果実を発見。比較的近年記載された種でした。低地の沢沿いにて。

Pseuduvaria_borneensis2
花。Pseuduvariaの中では花サイズが比較的大きく、花柄が短い。

Pseuduvaria_borneensis3
inner pertalを開いてみました。花がよく似たOrphoeaは両性花であり、stamen connectiveの形状でも識別できるそうです(Pseuduvariaはほぼflat)。

Pseuduvaria_borneensis4
たわわに実った果実。直径は3㎝ほどもあり、表面は著しく凸凹していました。

2016年8月14日 (日)

Disepalum coronatum Becc.

SumatraでDisepalum platypetalum Merr.という種に出会ったおかげで、今回のマレーシアではこの属はすぐにそれと分かりました。スマトラのものとはもちろん別種ですが、相変わらずちょっと変わった花をしています。

----------------------
Disepalum coronatum Becc., Nuovo Giorn. Bot. Ital. 2: 155 (1870).
Distribution: Malaysia (Borneo), also Indonesia (Kalimantan)?.

Disepalum_coronatum1
Annonaceaeでは珍しい頂生の花序。

Disepalum_coronatum2
葉裏。脈が不明瞭で、何となくのっぺりした感じ。だんだん分かってきました。

Disepalum_coronatum3
花のアップ。中心部にたくさんのCarpelがあり、周囲にはもっとたくさんのおしべが配置して言える。どちらも先端部は全てフラットっぽい。

Disepalum_coronatum5
花のとき(上の写真)からは想像できない、やたらと伸長する果実柄。

2016年8月 7日 (日)

Goniothalamus borneensis Mat-Salleh

この土日はずっと先日のマレーシアの植物を調べていました。欧米の主要なハーバリウムでは標本画像を無償公開しており、福岡の自宅にいても東南アジアで出会った植物の名前を調べることが容易にできてしまいます。どんどん便利な世の中に。技術の進歩はすごいですね。

-------------------
Goniothalamus borneensis Mat-Salleh, Folia Malaysiana 2: 82 (2001).
Distribution: Indonesia (Kalimantan), Malaysia (Borneo).

Goniothalamus_borneensis
湿地林で出会った6m程の低木。

Goniothalamus_borneensis2
新芽と葉裏。展開した葉はほぼ無毛に。

Goniothalamus_borneensis3
花は10㎝近くあり、森の中で出会うとなかなか見ごたえがある。

Goniothalamus_borneensis4
若い果実。先端はやや長く尖る。

2016年7月 8日 (金)

Mitrephora winitii Craib

今週もあっという間の一週間でした。来週の13日から月末までボルネオに出かけてきます。色々やりたかったことができていない。来週初めの2日間で終わるだろうか。

-----------------
Mitrephora winitii Craib,  Bull. Misc. Inform. Kew 1922: 227 (1922).
Distribution: Thailand.

Mitrephora_winitii
先日のRinorea virgataと一緒にやや乾燥する常緑樹林内(少し岩場)に生えていたMitrephora。

Mitrephora_winitii2
葉裏には全面に毛が生えている。

Mitrephora_winitii3
これまで見たMitrephoraの中で一番花サイズが大きく、大人の手のひら程。

Mitrephora_winitii4
花を横から見たところ。Annonaceaeは面白い構造のものが多いですね。

2016年1月15日 (金)

Anaxagorea javanica Blume

初めて出会う植物、特に初見の科や属はひときわワクワクするものです。聞きなれない植物の名前を覚えるのはとても大変。この植物も十回以上も間違えた末、ようやく習得しました。

----------
Anaxagorea javanica Blume, Fl. Javae Anon.: 66 (1830).
Anaxagorea_javanica
これだけ見ても花や果実があるまではAnnonaceaeの植物とは分かりませんでした。

Anaxagorea_javanica2
葉裏。こちらも細かい脈までしっかり見えて、あまりAnnonaceaeっぽくない。

Anaxagorea_javanica3
花弁はとっても肉厚ですが、確かにAnnonaceaeの花をしていました。

Anaxagorea_javanica4
果実。こちらもAnnonaceaeっぽい果実だけれど、果実柄が膨れてちょっと変な形。

2016年1月13日 (水)

Polyalthia glauca (Hassk.) F.Muell.

本年も頑張ると意気込んでおきながら、3日坊主どころか1日で更新が途絶えてしまいました。こりゃいかん、ということでちょっとズルして遡って更新。

-----------------
Polyalthia glauca (Hassk.) F.Muell., Descr. Notes Papuan Pl. 1: 95 (1877).
Uvaria glauca Hassk., Flora 25(2 Beibl.): 31 (1842).
Distribution:, Indonesia, Malaysia, New Guinea, Philippines, Thailand.

Maasia属のM. glauca (Hassk.) Mols, Kessler & Rogstadと組み替えられていたりするようですが、まだこの論文は読んでおらず、今回はよく知られているPolyalthiaの方で紹介しておきます。

Polyalthia_glauca
タイ南部の湖畔にて。10mほどの木でした。

Polyalthia_glauca2
葉裏はglaucaの名の通り、青白い。

Polyalthia_glauca3
花弁は黄色を帯び、芳香が強い。

Polyalthia_glauca4
果実とつぼみ。果実はPolyalthiaの中では小型の部類。丸くて可愛らしい。

2015年10月 4日 (日)

Disepalum platypetalum Merr.

Sumatraの標高1800m付近の森でAnnonaceaeの聞きなれない属に出会いました。2つのsepal、と覚えやすい名前です。

------------------
Disepalum platypetalum Merr., Contr. Arnold Arbor. 8: 58 (1934).
Distribution: Indonesia (Sumatra).

Disepalum_platypetalum
花には長い柄があり、葉に対生する形で出ていました。

Disepalum_platypetalum2
葉裏はのっぺり。

Disepalum_platypetalum3
正面から見た様子。黒いところがcarpel, その周囲にはstamenがびっちりと配置されています。

Disepalum_platypetalum4
果実。果実はぱっと見Polyalthia(Monoon)に近いですが、果実と柄の境目には明瞭なくびれがあります。

2015年9月21日 (月)

Fissistigma glaucescens (Hance) Merr.

ベトナム中北部で初見のFissistigmaに出会い、調べたらこの種に。以前紹介したカンボジアで見たFissistigma thorelii (Pierre ex Finet & Gagnep.) Merr. に比べると、全体的に小型で確かに寒さに強そうな雰囲気。

-----------------
Fissistigma glaucescens (Hance) Merr., Philipp. J. Sci. 15: 132 (1919).
Melodorum glaucescens Hance, J. Bot. 19(220): 112 (1881).
Distribution: China, Vietnam.

Fissistigma_glaucescens
低地の林縁にたくさん生えていました。

Fissistigma_glaucescens2
葉裏は真っ白で、種小名はおそらくこの特徴を表したもの。

Fissistigma_glaucescens3
花はMelodorum fruticosumに似ています。

Fissistigma_glaucescens4
果実は小型で8mmくらいでした。

その他のカテゴリー

Acanthaceae | Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Balsaminaceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Cannabaceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Cardiopteridaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Chrysobalanaceae | Clethraceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Dipentodontaceae | Dipterocarpaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Gentianaceae | Hamamelidaceae | Hypericaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Lythraceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Pandaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Schisandraceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Tetrameristaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Trigoniaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ミャンマー】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ