Anacardiaceae

2015年8月17日 (月)

Spondias lakonensis Pierre

でっかい複葉なのでToona? かな、と思ったらAnacardiaceaeのSpondiasでした。初めて見る植物に対する正答率は打率が下がる一方・・・直感に頼らず、もう少し植物の形態について勉強しなくては。

-------------------------------
Spondias lakonensis Pierre, Fl. Forest. Cochinch. 5: , pl. 375 (1898).
Distribution: China, Laos, Thailand, Vietnam.

Spondias_lakonensis
確かに現在までに知られているToonaの種類でこんな直立する花序を持つものはありません。

Spondias_lakonensis2
葉裏。Anacardiaceaeっぽく細かい脈が明瞭。

Spondias_lakonensis3
果実。この少しいびつな形がAnacardiaceaeと言われればそうなのかも。いやー難しい。

2015年4月 7日 (火)

Gluta aptera (King) Ding Hou

ときどき見かける aptera という種小名、(a = ない pteron = 翼)という意味であることを今日初めて知りました! なるほど!

-------------------------
Gluta aptera (King) Ding Hou, Blumea 24(1): 12 (1978).
Melanorrhoea aptera
King, J. Asiat. Soc. Bengal, Pt. 2, Nat. Hist. 65(3): 487 (1896).
Distribution: Brunei, Indonesia (Kalimantan, Sumatra), Malaysia (Peninsula, Borneo)

Gluta_aptera
Kerangas林で見つけた低木。この種についてのapteraは果実に翼がない様子を表したものでしょうが、果実はまだ見たことありません。

Gluta_aptera2
葉裏は網目状の三次脈が見え、いかにもAnacardiaceaeという感じ。

Gluta_aptera3
雄蕊は70本くらいと文献にありましたがこの花は数えてみると86本くらい。花柄やガクにうっすらと毛があるところや、柱頭や子房の形も本種の特徴のひとつです。

2014年7月29日 (火)

Swintonia floribunda Griff.

Artocarpus gomezianusに続き、今回のベトナムで見つけた植物シリーズ。忘れないうちにいくつか紹介しておきましょう。

---------------------
Swintonia floribunda Griff., Proc. Linn. Soc. London 1: 283 (1846).
Distribution: Myanmar, Thailand, Vietnam.

Swintonia_floribunda1
遠くに白い花の咲いている木を発見(写真真ん中の右側の付近)。「あれが欲し~い!」とおねだりしたら、同行していたK君が頑張って採りに行ってきてくれました。

Swintonia_floribunda
遠くからOleaceae? Wendlandia?と見当をつけてましたが、答えは全然違ってSwintonia。なるほどなるほど、新たな選択肢が増えました。

Swintonia_floribunda2
葉裏はSwintoniaらしく、真っ白。

Swintonia_floribunda3
Swintoniaの咲いている花を初めて見ました。やっぱりAnacardiaceae、花弁は小さく、1㎜以下。

Swintonia_floribunda4
以前掲載したS. pierreiとは大きく違って、果実の翼が発達しているのが特徴です。

2014年4月25日 (金)

Toxicodendron succedaneum (L.) Kuntz

カンボジアで見つけたハゼノキ。まあハゼノキとしてみれば確かにハゼノキでした。マレーシアまで、こんなに広域分布しているとは。とはいえ、さすがに熱帯だけあって低地にはなく、標高1000m付近になってようやく姿を現しました。

------------------------
Toxicodendron succedaneum (L.) Kuntze, Revis. Gen. Pl. 1: 154 (1891).
Distribution: Cambodia, China, India, Japan, Korea, Laos, Malaysia, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Toxicodendron_succedaneum
日本のハゼノキに比べると全体的に小型の印象。

Toxicodendron_succedaneum2
葉裏の様子。脈は確かにハゼノキっぽい。

Toxicodendron_succedaneum3
果実の様子。あまり実つきは良くありませんでした。

2014年4月24日 (木)

Swintonia pierrei Hance

インドのSwintonさんに献名されたSwintonia属。何だかいい響き。S. pierreiはカンボジアやベトナム南部では低地の乾燥する常緑樹林にたくさん生え、優占種のひとつとなる種類(ですが、現地では大木はほとんど伐採されてしまっている)。それでも行くところに行けば、稚樹はたくさん生えており、かつてのこの大木が生い茂っていた森を彷彿とさせる。

-------------------------
Swintonia pierrei Hance, J. Bot. 14: 257 (1876).
Distribution: Cambodia, Vietnam.

Swintonia_pierrei
勢いよく伸びた花序、いかにもAnacardiaceaeという感じです。

Swintonia_pierrei2
Swintoniaの特徴は今まで出会った種を見る限り、この長い葉柄と白っぽい葉裏でOK。

Swintonia_pierrei3
この仲間は果実のガクが翼状になり、5㎝近く発達するものも。S. pierreiはあまり発達せず、だから分布域もあまり広くないのかも?

2014年4月23日 (水)

Bouea oppositifolia (Roxb.) Adelb.

今日からはAnacardiaceaeをいくつか。かなり広義で同一種として捉えられているBouea oppositifolia。隠ぺい種がたくさんありそうな気はしているものの、いかんせん標本にすると識別できる特徴があまりない点と広域分布なのでで整理が大変そうという点から、どうにもしがたいグループと勝手に認識している。うーむ。

-------------------

Bouea oppositifolia (Roxb.) Adelb., Blumea 6: 326 (1948).
Distribution: Cambodia, China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Thailand, Vietnam

Bouea_oppositifolia
カンボジアやベトナムに産するのは葉が小型になるタイプ。低地から5-600mまでの乾燥気味の常緑樹林に多い。

Bouea_oppositifolia2
葉の脈はよく見えるが、凹凸はあまりない。

Bouea_oppositifolia3
腋生の花序に黄色い花がたくさん。

その他のカテゴリー

Actinidiaceae | Adoxaceae | Anacardiaceae | Annonaceae | Apocynaceae | Aquifoliaceae | Araceae | Araliaceae | Arecaceae | Asteraceae | Betulaceae | Bonnetiaceae | Burseraceae | Capparaceae | Caprifoliaceae | Celastraceae | Chloranthaceae | Combretaceae | Connaraceae | Convolvulaceae | Cornaceae | Crypteroniaceae | Cyperaceae | Dichapetalaceae | Dilleniaceae | Ebenaceae | Elaeagnaceae | Elaeocarpaceae | Ericaceae | Erythroxylidaceae | Euphorbiaceae | Fabaceae | Fagaceae | Hamamelidaceae | Icacinaceae | Ixonanthaceae | Lamiaceae | Lauraceae | Lecythidaceae | Loganiaceae | Loranthaceae | Magnoliaceae | Malpigiaceae | Malvaceae | Melastomatacae | Meliaceae | Moraceae | Myristicaceae | Myrtaceae | Nepenthaceae | Ochnaceae | Oleaceae | Orchidaceae | Passifloraceae | Pentaphylacaceae | Philydraceae | Phyllanthaceae | Plantaginaceae | Podocarpaceae | Polygalaceae | Primulaceae | Proteaceae | Putranjivaceae | Ranunculaceae | Rhamnaceae | Rosaceae | Rubiaceae | Rutaceae | Salicaceae | Sapindaceae | Sapotaceae | Saurauiaceae | Simaroubaceae | Smilacaceae | Staphyleaceae | Stemonuraceae | Styracaceae | Symplocaceae | Theaceae | Thymelaeaceae | Violaceae | Zingiberaceae | 【Australia】動植物 | 【Australia】植物 | 【インドネシア】Polypodiaceae | 【インドネシア】ツツジ科 | 【インドネシア】植物 | 【インドネシア】生活 | 【インドネシア】着生植物 | 【カンボジア】 | 【カンボジア】動物 | 【カンボジア】植物 | 【タイ】イネ科 | 【タイ】動物 | 【タイ】旅 | 【タイ】日常 | 【タイ】昆虫 | 【タイ】本 | 【タイ】植物 | 【タイ】行事 | 【ベトナム】植物 | 【マレーシア】植物 | 【ラオス】動物 | 【ラオス】植物 | 【ラオス】生活 | 【台湾】植物 | 【奄美】植物 | 【山口】植物 | 【日本】 スミレ | 【日本】スミレ | 【日本】旅行 | 【日本】日常 | 【日本】生活 | 【福岡】シダ | 【福岡】植物 | 【西表島】植物 | スミレ | Hydrangeaceae

カテゴリー

無料ブログはココログ