« Dasymaschalon ellipticum Nurmawati | トップページ | Passiflora siamica Craib »

2017年7月30日 (日)

Pittosporopsis kerrii Craib

実に7カ月ぶりに復活。相変わらずずーっと東南アジアの植物を追いかけ回していました。この半年で色々と面白い植物に出会えたので、また少しずつ紹介していきたいと思います。モチベーションがどこまで続くか分かりませんが、せめて3日坊主にはならないよう頑張りたい次第です。

------
Pittosporopsis kerrii Craib, Bull. Misc. Inform. Kew 1911: 28 (1911).
Distribution: China (south), Laos, Myanmar, Thailand, Vietnam (north).

Pittosporopsis_kerrii
先月のラオスで見かけた全く分からなかった植物。Icacinaceaeの聞いたことのない属でした。これまで紹介したIcacinaceaeをご覧いただければ分かりますが、Icacinaceaeは属ごとに形態が大きく違っていて、もう何が何だか。

Pittosporopsis_kerrii_2
枝や葉に毛はなく、特に葉裏はテカテカ。写真にはありませんが、新芽には毛があります。

Pittosporopsis_kerrii_3
短い花序の先端に1.5~2㎝程度の果実をつけていました。


« Dasymaschalon ellipticum Nurmawati | トップページ | Passiflora siamica Craib »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/71284402

この記事へのトラックバック一覧です: Pittosporopsis kerrii Craib:

« Dasymaschalon ellipticum Nurmawati | トップページ | Passiflora siamica Craib »

カテゴリー

無料ブログはココログ