« Drepananthus ramuliflorus Maingay ex Hook.f. & Thomson | トップページ | Parinari anamensis Hance »

2016年11月23日 (水)

Scyphostegia borneensis Stapf

花と果実があっても何の科か全く分からなかった植物。ようやくScyphostegia borneensis という種であることが分かりました。昔の植物学者も悩んだようで、色々な科に入れられたり、Scyphostegiaceaeという単独の科に入れられたり。最近のAPGIII分類体系では広義のSalicaceaeに含まれているそうです。

----------------
Scyphostegia borneensis Stapf, Trans. Linn. Soc. London, Bot. 4(2): 218 (1894).
Distribution: Malaysia (Borneo).

Scyphostegia_borneensis
標高1200m付近の沢に近い常緑樹林にて。

Scyphostegia_borneensis2




葉裏。葉だけ見るとScolopiaを縦長にしたような葉。

Scyphostegia_borneensis3
花序。こちらは雄花。花筒があり、確かにSalicaceaeっぽくない。

Scyphostegia_borneensis4


果実には長い柄がある。本種は雌雄異株で、こちらの写真は別個体のもの。

« Drepananthus ramuliflorus Maingay ex Hook.f. & Thomson | トップページ | Parinari anamensis Hance »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/68547789

この記事へのトラックバック一覧です: Scyphostegia borneensis Stapf:

« Drepananthus ramuliflorus Maingay ex Hook.f. & Thomson | トップページ | Parinari anamensis Hance »

カテゴリー

無料ブログはココログ