« 2016年10月 | トップページ

2016年11月

2016年11月28日 (月)

Dasymaschalon ellipticum Nurmawati

Tree Flora of Sabah and Sarawak Vol. 8によると、サバ州とサラワク州で記録のあるDasymaschalonはたった3種。意外にも少ないですね。

--------------------
Dasymaschalon ellipticum Nurmawati, Floribunda. Sisipan 2(3): 78 (2003).
Distribution: Brunei, Malaysia (Sabah & Sarawak)

Dasymaschalon_ellipticum
葉はインドシナのDasymaschalonに比べるととても大きい。

Dasymaschalon_ellipticum2
葉裏と果実。葉裏はDasymaschalonっぽく、glaucous。

2016年11月27日 (日)

Parinari anamensis Hance

日本では馴染みのないChrysobalanaceaeですが、東南アジアではちらほらとこの科の植物に出会います。しかし同じ科でも属が違えば形態がかなり異なっており、未だに科の特徴が掴めずにいます・・・うーむ。

----------------
Parinari anamensis Hance, J. Bot. 15: 333 1877.
Distribution: Cambodia, Laos, Thailand, Vietnam.

Parinari_anamensis
インドシナ半島には普通に生えていてよく見かけますが、果実を見たのは初めて。なかなかいびつな形をしていました。

Parinari_anamensis2
枝にはたくさんの皮目があり、葉裏はglaucousで細かい脈が見える点が特徴。

2016年11月23日 (水)

Scyphostegia borneensis Stapf

花と果実があっても何の科か全く分からなかった植物。ようやくScyphostegia borneensis という種であることが分かりました。昔の植物学者も悩んだようで、色々な科に入れられたり、Scyphostegiaceaeという単独の科に入れられたり。最近のAPGIII分類体系では広義のSalicaceaeに含まれているそうです。

----------------
Scyphostegia borneensis Stapf, Trans. Linn. Soc. London, Bot. 4(2): 218 (1894).
Distribution: Malaysia (Borneo).

Scyphostegia_borneensis
標高1200m付近の沢に近い常緑樹林にて。

Scyphostegia_borneensis2




葉裏。葉だけ見るとScolopiaを縦長にしたような葉。

Scyphostegia_borneensis3
花序。こちらは雄花。花筒があり、確かにSalicaceaeっぽくない。

Scyphostegia_borneensis4


果実には長い柄がある。本種は雌雄異株で、こちらの写真は別個体のもの。

2016年11月22日 (火)

Drepananthus ramuliflorus Maingay ex Hook.f. & Thomson

インドシナ半島の植物もさることながら、最近は特にボルネオの植物を勉強中。知らない科、属がまだまだたくさんあり、勉強には今が一番楽しいときでしょうか。

--------------------
Drepananthus ramuliflorus Maingay ex Hook.f. & Thomson, Fl. Brit. India 1: 56 (1872).
Distribution: Malaysia.

Drepananthus_ramuliflorus
Polyalthiaデカタマと呼んでいた謎のAnnonaceae、ずっと分かりませんでしたが、先日インドネシアのハーバリウムであっさり同定できました。

Drepananthus_ramuliflorus2
葉裏はウラジロ。

Drepananthus_ramuliflorus3
果実。主に葉のない古い枝に花序をつけるようです。

2016年11月15日 (火)

Bridelia retusa (L.) A.Juss.

相変わらず更新が突然途絶えてしまい、申し訳ありません。インドネシア(スマトラ、ジャワ)とカンボジアに行ってきました。今年は例年に比べ、1割増しで日本にいない日が多い気が・・・。今月の残りはおとなしく日本にいることになっているので、約2週間ほど再開します。

-----------------
Bridelia retusa (L.) A.Juss., Euphorb. Gen. 109 (1824).
Distibution: Cambodia, China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Nepal, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Bridelia_retusa
東南アジアのDry evergreen forest, Mixed evergreen forest, Dry deciduous forestなどで割とよく見かけるBrideliaの木。葉は大型で分厚いので他の種と容易に区別できます。

Bridelia_retusa2
枝には皮目があり、葉裏の側脈間には細かいはしご状の脈が目立ちます。

Bridelia_retusa3
果実のサイズは1㎝に満たないですが、Brideliaの中では大きい方。

« 2016年10月 | トップページ

カテゴリー

無料ブログはココログ