« Aglaia tomentosa Teijsm. & Binn. | トップページ | Bridelia retusa (L.) A.Juss. »

2016年10月10日 (月)

Amyxa pluricornis (Radlk.) Domke

この連休は祖母の米寿祝いに実家の山口へ帰省してきました。88歳、おめでとう。

---------------------
Amyxa pluricornis (Radlk.) Domke, Biblioth. Bot. 111: 117 (1934).
Gonystylus pluricornis Radlk, Sitzungsber. Math.-Phys. Cl. Königl. Bayer. Akad. Wiss. München 16: 329 (1886).
Distribution: Indonesia (Kalimantan), Malaysia (Borneo).

Amyxa_pluricornis
花が咲いていたものの、初めて見る属なのでフィールドでは科すら皆目見当がつきませんでした。が、その後同行していたSさんが見事同定し、Amyxaを教えてくれました。言われてみると、確かにThymelaeaceaeっぽい細かい毛と何だかのっぺりとしただらしのない葉。Amyxaは本種だけの1属1種のちょっと変わった種のようです。

Amyxa_pluricornis2
葉裏。うーん、今でこそもう分かるようになりましたが、単葉・鋸歯なし・羽状脈とこれといった特徴はなし。

Amyxa_pluricornis3
やや終わりかけの花。花弁はすでに落ちたものと現場で思っていましたが、Thymelaeaceaeの仲間の多くに見られるように、きっとこの種の花弁ももともと存在しないのでしょう。

« Aglaia tomentosa Teijsm. & Binn. | トップページ | Bridelia retusa (L.) A.Juss. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/67895237

この記事へのトラックバック一覧です: Amyxa pluricornis (Radlk.) Domke:

« Aglaia tomentosa Teijsm. & Binn. | トップページ | Bridelia retusa (L.) A.Juss. »

カテゴリー

無料ブログはココログ