« Goniothalamus borneensis Mat-Salleh | トップページ | Homalium caryophyllaceum Benth. »

2016年8月 8日 (月)

Xanthophyllum adenotus Miq.

Xanthoyphllumも最近気になる分類群。いくつか気になっている種があり、まだまだ新知見はいっぱいありそう。そんな彼ら(彼女ら?)を同定するのに役立つ基本文献はこちら。

Meijden, R. van der (1982) Systematics and Evolution of Xanthophyllum (Polygalaceae). Vol. 7, Leiden Botanical Series. E.J. Brill & Leiden University Press, Netherlands.

---------------
Xanthophyllum adenotus Miq., Fl. Ned. Ind., Eerste Bijv. 393 (1861).
Distribution: Indonesia (Sumatra), Malaysia (Borneo).

Xanthophyllum_adenotus
30㎝近い大型の葉を持つXanthophyllum。Sabahから葉が細長くて脈の少ない変種var. lineareが知られているそうですが、こちらはvar. adenotusの方。

Xanthophyllum_adenotus2
葉裏。Diospyrosみたいな脈をしていますが、緑のややジグザグ気味の枝はどうみてもXanthophyllum。

Xanthophyllum_adenotus3
果実序。1個体しか見ていませんが、花序は頂生の種のようです。果実は1㎝。

« Goniothalamus borneensis Mat-Salleh | トップページ | Homalium caryophyllaceum Benth. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/66912418

この記事へのトラックバック一覧です: Xanthophyllum adenotus Miq.:

« Goniothalamus borneensis Mat-Salleh | トップページ | Homalium caryophyllaceum Benth. »

カテゴリー

無料ブログはココログ