« Cnestis palala (Lour.) Merr. | トップページ | Memecylon paniculatum Jack »

2016年8月12日 (金)

Gonocaryum minus Sleumer

今日も暇さえあればボルネオの植物をチェック。植物の多様性は他の東南アジア地域に比べ、ものすごく高いのですが、インドシナ地域に比べると採られている植物標本数も多く、記載されている種の割合も高い印象。いやー先人の植物学者達は本当にすごいです。

----------
Gonocaryum minus Sleumer, Blumea 17: 213 (1969).
Distribution: Burnei, Malaysia (Borneo).

Gonocaryum_minus
現地ではXanthophyllumと思ってましたが、よくよく見直すとあまりしゃきっとしておらず、どことなく全体的にしらたらけた感があり。ならばこれはGonocaryumだろうということで、ひとまずこの種にしておきます。

Gonocaryum_minus2
葉裏。

Gonocaryum_minus3
果実。確かにこの果実はXanthophyllumではない(はず)。

« Cnestis palala (Lour.) Merr. | トップページ | Memecylon paniculatum Jack »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/66999368

この記事へのトラックバック一覧です: Gonocaryum minus Sleumer:

« Cnestis palala (Lour.) Merr. | トップページ | Memecylon paniculatum Jack »

カテゴリー

無料ブログはココログ