« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

Callicarpa stapfii Moldenke

マレーシアで出会ったCallicarpa。でっかい!、かっこいい!、だから新種だろう!といつもの勢いで喜んだのも束の間、その日のうちにTree Flora of Sabah Sarawakを調べてみるとこの種に落ちてしまいました。

------------------
Callicarpa stapfii Moldenke, Phytologia 43: 222 (1979).
Distribution: Malaysia (Borneo).

Callicarpa_stapfii_6
やや湿り気のある常緑樹林下に1株だけ見つけました。

Callicarpa_stapfii
葉はほぼ前年に見えますが、よくよく見ると細かい鋸歯があります。

Callicarpa_stapfii_5
新芽は確かにCallicarpa。若いときには毛がありますが、すぐに無毛になります。

Callicarpa_stapfii_2
葉裏。葉に毛のないCallicarpaはそんなに多くの種類がありません。

Callicarpa_stapfii_3
図体はでっかいのに花序や花はとても小さい。

Callicarpa_stapfii_4




そして果実もとても小さく、わずか数ミリでした。

2016年3月30日 (水)

Phyllocladus hypophyllus Hook.f.

1月に出会ったBorneoの植物シリーズ。これもなかなかインパクトの強い植物でよく記憶に残っています。広域分布種、かつ特徴的なので、インターネット上にたくさん画像が出てきますね。

--------------------
Phyllocladus hypophyllus Hook.f., Hooker's Icon. Pl. 9: t. 889 (1852).
Distribution: Brune, Indonesia, Malaysia, Philippines, New Guinea

Phyllocarpus_hypophyllus
これでもれっきとした針葉樹。

Phyllocarpus_hypophyllus3
そして葉の先端に花ができるという不思議な形状をしています。

2016年3月29日 (火)

Clethra pachyphylla Merr.

東南アジアではほとんど見たことなかったリョウブの仲間にボルネオの高原で出会いました。日本のリョウブは落葉性なので、この仲間は温帯~寒冷地を中心に分布する植物だと思っていたのですが、、、考えを改めました。

-------------------
Clethra pachyphylla Merr.,Philipp. J. Sci., C 13: 103 (1918).
Distribution: Malaysia (Borneo).

Clethra_pachyphylla
ボルネオでもリョウブはリョウブ!こちらもツツジ目の植物。

Clethra_pachyphylla2
葉裏はびっしりと毛で覆われています。

Clethra_pachyphylla3
花序は頂生。

Clethra_pachyphylla4
花は白色で雄蕊はリョウブと同じ10本。

2016年3月28日 (月)

Tetramerista glabra Miq.

Tetrameristaceae、そんな科があるのか!! と、久々に聞いたことのない科に出会ってびっくり。TetrameristaceaeはTetrameristaとPentameristaの2属4種で構成され、ツツジ目に入るらしいです。

-----------
Tetramerista glabra Miq., Fl. Ned. Ind., Eerste Bijv. 534 (1861).
Distribution: Indonesia (Sumatra), Malaysia.

Tetramerista_glabra
ボルネオの1000mの高原にて。割と普通に生えていました。

Tetramerista_glabra2
見た目はMyrtaceaeのTristaniopsisをやわらかくした感じ。

Tetramerista_glabra3
花序はぐちゃっとしていたけれど、これは病気かも?

Tetramerista_glabra4
果実は球形。ガクや苞が目立ちます。

2016年3月23日 (水)

Viola annamensis Baker f

年明けよりマレーシア、ベトナム、インドネシアと怒涛の調査に明け暮れ、長らくご無沙汰してしまいました。ようやく福岡に戻り、しばらくは落ち着いた生活を送ることができそうなので(といっても明日、明後日はまたお出かけですが)、東南アジアの植物紹介を再開します。

再開記念は2月に行ったベトナムで見つけたこのスミレ。渓流沿いに生え、葉もやや披針形気味でケイリュウタチツボスミレを彷彿とさせます。
------------
Viola annamensis Baker f., J. Nat. Hist. Soc. Siam iv. 128 (1921).
Distribution: Vietnam.

Viola_annamensis
あいにくの雨天でしたが、スミレは満開でご満悦。

Viola_annamensis_2
葉裏。葉も花も無毛。

Viola_annamensis_3
花弁は細長く、ほんのりとピンク~紫色を帯びます。

Viola_annamensis_4
横からみたところ。距は白色で短い。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ