« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年1月

2016年1月15日 (金)

Anaxagorea javanica Blume

初めて出会う植物、特に初見の科や属はひときわワクワクするものです。聞きなれない植物の名前を覚えるのはとても大変。この植物も十回以上も間違えた末、ようやく習得しました。

----------
Anaxagorea javanica Blume, Fl. Javae Anon.: 66 (1830).
Anaxagorea_javanica
これだけ見ても花や果実があるまではAnnonaceaeの植物とは分かりませんでした。

Anaxagorea_javanica2
葉裏。こちらも細かい脈までしっかり見えて、あまりAnnonaceaeっぽくない。

Anaxagorea_javanica3
花弁はとっても肉厚ですが、確かにAnnonaceaeの花をしていました。

Anaxagorea_javanica4
果実。こちらもAnnonaceaeっぽい果実だけれど、果実柄が膨れてちょっと変な形。

2016年1月14日 (木)

Ficus obpyramidata King

タイ南部で見たことのないFicusを発見。これは新種かも?と思いましたが、どうやらこの種でよさげな感じ。

-----------
Ficus obpyramidata King, Ann. Roy. Bot. Gard. (Calcutta) 1: 116 (1888).
Distribution: Malaysia (Peninsula), Myanmar, Thailand.

Ficus_obpyramidata
葉のサイズや形はFicus hispida L.f.に似ていますが、対生でなかったり、毛の質が違ったりと明らかに別種の雰囲気。

Ficus_obpyramidata2
葉裏。

Ficus_obpyramidata3
果実。この手の果実をつけるのはFicus属の中でもSycomorus亜属の仲間。

Ficus_obpyramidata4
せっかくなので果実を割った写真も。中にはイチジクコバチや寄生蜂がわらわらといました。

2016年1月13日 (水)

Polyalthia glauca (Hassk.) F.Muell.

本年も頑張ると意気込んでおきながら、3日坊主どころか1日で更新が途絶えてしまいました。こりゃいかん、ということでちょっとズルして遡って更新。

-----------------
Polyalthia glauca (Hassk.) F.Muell., Descr. Notes Papuan Pl. 1: 95 (1877).
Uvaria glauca Hassk., Flora 25(2 Beibl.): 31 (1842).
Distribution:, Indonesia, Malaysia, New Guinea, Philippines, Thailand.

Maasia属のM. glauca (Hassk.) Mols, Kessler & Rogstadと組み替えられていたりするようですが、まだこの論文は読んでおらず、今回はよく知られているPolyalthiaの方で紹介しておきます。

Polyalthia_glauca
タイ南部の湖畔にて。10mほどの木でした。

Polyalthia_glauca2
葉裏はglaucaの名の通り、青白い。

Polyalthia_glauca3
花弁は黄色を帯び、芳香が強い。

Polyalthia_glauca4
果実とつぼみ。果実はPolyalthiaの中では小型の部類。丸くて可愛らしい。

2016年1月12日 (火)

Dipterocarpus hasseltii Blume

すっかり遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
本年も頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

年末にタイから戻ってからドタバタ続きでしたが、でようやく一息つき、今日から平常運転でブログも再開することにしました。とはいえ、週末からまた約1カ月間ボルネオに出かけることになっているため、またすぐに更新が途絶えてしまうのですが・・・。

------------------
Dipterocarpus hasseltii Blume, Fl. Javae 7-8: 22 (1829).
Distribution: Indonesia, Malaysia, Philippines, Thailand (Peninsula), Vietnam.

Dipterocarpus_hasseltii5
高さ45mに達するそうですが、ベトナムで見たのは15mくらいの高さでで花を咲かせていました。

Dipterocarpus_hasseltii
一部の文献ではベトナムで記録がないことになっていますが、ひとまずこの種でよさげな感じ。

Dipterocarpus_hasseltii2
葉裏。枝も葉も無毛。

Dipterocarpus_hasseltii3
花を横から見たところ。これから伸長していくであろう2対のガク裂片が分かります。

Dipterocarpus_hasseltii4
花を正面から見るとこんな様子。大輪で芳香があり。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ