« Ardisia gigantifolia Stapf | トップページ | Nageia nagi (Thunb.) Kuntze »

2015年7月 4日 (土)

Homalium cochinchinense (Lour.) Druce

Flacourtiaceaeに分類されていた属の多くが、APG分類体系ではAchariaceaeとSalicaceaeに組み入れられました。

-------------------
Homalium cochinchinense (Lour.) Druce, Rep. Bot. Soc. Exch. Club Brit. Isles 4: 628 628 (1917).
Astranthus cochinchinensis Lour., Fl. Cochinch. 1: 222 (1790).
Distribution: Cambodia, China, Thailand, Vietnam.

Homalium_cochinchinensis
東南アジアでは標高800-1400m付近でポツポツと生えている。

Homalium_cochinchinensis2
葉裏。脈上には細かい毛が生えています。

Homalium_cochinchinensis3
花序。毛の多い様子はH. dasyanthum (Turcz.) W.Theob.に似ている。

« Ardisia gigantifolia Stapf | トップページ | Nageia nagi (Thunb.) Kuntze »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/60615385

この記事へのトラックバック一覧です: Homalium cochinchinense (Lour.) Druce:

« Ardisia gigantifolia Stapf | トップページ | Nageia nagi (Thunb.) Kuntze »

カテゴリー

無料ブログはココログ