« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

Phyllagathis sessilifolia C.Hansen

今日も新たに出会ったMelastomataceaeを一種。これもベトナムの(おそらくBach Maだけの?)固有種。1990年と比較的近年に記載された種で、特徴的な種なのですぐに同定できました。

--------------------
Phyllagathis sessilifolia C.Hansen,  Bull. Mus. Natl. Hist. Nat., B, Adansonia Sér. 4, 12(1): 39 (1990).
Distribution: Vietnam.

この記載論文(タイトルは"New species and combinations in Allomorphia, Phyllagathis, and Sporoxeia (Melastomataceae) in Indo-China.")ではPhyllagathisを含む3属16種の新種が記載されており、東南アジアのMelastomataceaeを勉強するためには必見。

Phyllagathis_sessilifolia
樹高(草丈?)1mほどの植物。標高1400mの林縁、やや明るい林床に散発的に生えていました。

Phyllagathis_sessilifolia2
葉裏。葉の基部はcordateし、種小名の通り、葉柄はない(あるいはごく短い)。

Phyllagathis_sessilifolia3
花序は頂生。花は5数性で花弁と雄蕊は5枚と10本。雄蕊は全て同じ形をしているように見えます。ガク裂片も紅紫色を帯び、なかなかエキゾチック。

2015年6月29日 (月)

Allomorphia inaequata C. Hansen

多様な属があって勉強中のMelastomataceae、ベトナムで知らない属にまたひとつ出会いました。調べてみるとAllomorphiaという属に。

---------------------
Allomorphia inaequata C. Hansen, Bull. Mus. Natl. Hist. Nat., B, Adansonia 12(1): 38 (1990).
Distribution: Vietnam.

Allomorphia_inaequata
樹高約1mの低木。個体数は多くなく、森の中の半日蔭に疎に生えていました。

Allomorphia_inaequata2
茎や葉柄や、葉裏の脈状に粗い開出毛が生えています。

Allomorphia_inaequata3
剛毛で目立ちながらも、花は1㎝にも満たずなかなか地味な雰囲気。Melastomataceaeの中で雄蕊のサイズや形が揃っている点がこの属の特徴のひとつだそうです。

2015年6月28日 (日)

Pentaphylax euryoides Gardner & Champ.

これまで葉っぱしか見たことなかったPentaphylaxの花についに出会いました。なかなか可愛らしい。

-------------------
Pentaphylax euryoides Gardner & Champ., Hooker's J. Bot. Kew Gard. Misc. 1: 245–246 (1849).
Distribution: China, Indonesia, Malaysia, Vietnam.

Pentaphylax_euryoides
外観はIlexとStemonurusを足して2で割ったような・・・というのはちょっと乱暴な表現ですが、個人的にはそんなイメージ。

Pentaphylax_euryoides2
葉裏の脈。確かに同じPentaphyalacaceaeのEuryaに似ています。

Pentaphylax_euryoides3
花は5数性で花弁は白色。芳香があります。

2015年6月27日 (土)

Erycibe hainanensis Merr.

ベトナムとタイから無事戻りました。

終わってみればあっという間の1か月。フィールドに出れたのはベトナムとタイの両方を足しても半月くらいですが、合わせて1300種を超える植物を見てきました。今回も気になる植物がいっぱい。空き時間をみつけて少しずつ名前を調べていきます。

----------------------------------
Erycibe hainanensis Merr., Philipp. J. Sci. 21(4): 353 (1922).
Erycibe bachmaense Gagnep., Notul. Syst. (Paris) 14(1): 27 (1950).
Distribution: China, Vietnam.

Erycibe_hainanensis
枝や葉裏に褐色の毛がびっしり!こんなかっこいいErycibeは新種かも!?と思って早速調べたところ、、、すでに記載されている種であることが分かりました。まあ現地ではたくさん生えてて、黄色い花は一際目を惹いていたので採られていて当然といえば当然です。今回はベトナム中部のBach Ma国立公園に行った訳ですが、E. bachmaenseのタイプローカリティーでした。

Erycibe_hainanensis2
葉裏。ご覧の通り、枝や脈状にサビ色の毛がいっぱい。

Erycibe_hainanensis3
Erycibeの花はなんだかどれも似たり寄ったり。黄色系の花も多いですね。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ