« Diospyros elephasii Lecomte | トップページ | Diospyros malabarica (Desr.) Kostel. »

2015年5月 9日 (土)

Argyreia longipes (Gagnep.) Traiperm & Staples

カンボジアの1000m付近でたくさん生えていたヒルガオ科の一種。この属も東南アジアではかなり多様に分化して広く分布しています。

-----------------------
Argyreia longipes (Gagnep.) Traiperm & Staples, Adansonia 35(2): 361 (2013).
Erycibe longipes Gagnep., Notul. Syst. (Paris) 3: 140 (1915).
Distribution: Cambodia, Thailand, Vietnam.

Argyreia_longipes
2012年にこの植物を見つけてErycibe longipes とまでは同定し、でもErycibeではないのでこれは属の組換えが必要なのでは・・・と、そのまま放置していたところ、2013年になってTraiperm & StaplesによってArgyreiaとしての組換え名が発表されたのでした。

これにて労せずArgyreiaとしての名前が使えるように!Gagnepainが1915年にErycibeと記載してから約100年ぶりの属の組換え。同定も一件落着でめでたしめでたし。

Argyreia_longipes2
葉裏。側脈は3-5対と少なく、無毛。

Argyreia_longipes5
内側の中心部は濃い紅紫色。周辺部は薄く紅色が広がっています。

Argyreia_longipes3
花を横から見たところ。外側の一部には茶色の毛が生えていて何だか面白い。

Argyreia_longipes4
果実も紅紫色に熟していくようです。

« Diospyros elephasii Lecomte | トップページ | Diospyros malabarica (Desr.) Kostel. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/59938903

この記事へのトラックバック一覧です: Argyreia longipes (Gagnep.) Traiperm & Staples:

« Diospyros elephasii Lecomte | トップページ | Diospyros malabarica (Desr.) Kostel. »

カテゴリー

無料ブログはココログ