« Ilex wallichii Hook.f. | トップページ | Saraca declinata Miq. »

2015年1月14日 (水)

Gynochthodes cochinchinensis (DC.) Razafim. & B. Bremer

ハナガサノキと言えばMorinda属の植物として覚えていましたが、最近の分子系統の結果を踏まえ、

Razafimandimbison, S. G., & Bremer, B. (2011). Nomenclatural changes and taxonomic notes in the tribe Morindeae (Rubiaceae). Adansonia 33(2): 283-309.

の論文ではGynochthodes属への組み替えが提唱されています。

いやはや、つい先日までNさんに教えていただくまで全く知りませんでした。いろんな分類群でどんどん論文が発表されるので、追いつくのが大変です(といっても、これはもう4年前の論文でしたが)。この考えが良いかどうかはちょっと論文を読んでみないと分かりませんが、今回はひとまずこれに準じてGynochthodesとしておきましょう。こちらはハナガサノキの近縁種の植物。

-------------------
Gynochthodes cochinchinensis (DC.) Razafim. & B. Bremer, Adansonia, sér. 3, 33(2): 288 (2011).
Morinda cochinchinensis DC., Prodr. 4: 449 (1830).
Distribution:Cambodia, China, Vietnam.

Gynochthodes_cochinchinensis
花序は頂生。ハナガサノキと同様、つる植物です。

Gynochthodes_cochinchinensis2
葉裏は微毛が全面に生えています。Flora of Chinaによるとdensely villosulousと表現してありました。

Gynochthodes_cochinchinensis3
果実は数個が融合。しかし何とも不思議な形。

« Ilex wallichii Hook.f. | トップページ | Saraca declinata Miq. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/58584878

この記事へのトラックバック一覧です: Gynochthodes cochinchinensis (DC.) Razafim. & B. Bremer:

« Ilex wallichii Hook.f. | トップページ | Saraca declinata Miq. »

カテゴリー

無料ブログはココログ