« Strychnos axillaris Colebr. | トップページ | Diospyros gracilis Fletcher »

2014年11月 3日 (月)

Rinorea bengalensis (Wall.) Kuntze

2年前は「Suregada?」とEuphorbiaceaeの私が知らない属だろうと決めつけ、そのまま同定することもなく放置していたこちらの植物。久々に写真を見ると、「あれ?これスミレじゃん」と思い、調べてみたらやっぱりRinoreaでOKでした。

Rinorea bengalensis、名前は知っていましたがこれがそうだったのか・・・。今見るとRinoreaにしか見えないのに。当時はまだまだレベル不足でした。

------------------------
Rinorea bengalensis (Wall.) Kuntze, Revis. Gen. Pl. 1: 42. (1891).
Alsodeia bengalensis Wall. Trans. Med. Soc. Calcutta vii: 224 (1846).
Distribution: Australia, Cambodia, China, India, Malaysia, Myanmar, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Rinorea_bengalensis
Celastraceaeのような低い鋸歯。石灰岩地に生え、1mほどの低い木でした。

Rinorea_bengalensis2
葉裏。うーん、何だかあまり特徴ないですね。

Rinorea_bengalensis3
立派な托葉痕ととガク片の長いこの果実がスミレの決定打。次は花を見て見たい。

« Strychnos axillaris Colebr. | トップページ | Diospyros gracilis Fletcher »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/57880993

この記事へのトラックバック一覧です: Rinorea bengalensis (Wall.) Kuntze:

« Strychnos axillaris Colebr. | トップページ | Diospyros gracilis Fletcher »

カテゴリー

無料ブログはココログ