« Nephelium melliferum Gagnep. | トップページ | Erythroxylum cambodianum Pierre »

2014年11月10日 (月)

Rinorea anguifera Kuntze

木本スミレの2種目。奇抜な果実が特徴的ですが、東南アジアでは割と普通種。

-------------------
Rinorea anguifera Kuntze, Revis. Gen. Pl. 1: 42 (1891).
Distributoin: Burnei, Cambodia, Indonesia, Malaysia, Thailand, Vietnam.

Rinorea_angustifolia
乾季の道路際の個体は砂埃にまみれて何だか可哀想。

Rinorea_angustifolia2
葉裏。この鋸歯の感じは確かにスミレっぽい。

Rinorea_angustifolia3
花と果実。下の小さい花が受粉すると大きく生長してもじゃもじゃに。どうしてこうなってしまったのか。広域分布して分布拡大に成功していることを考えると、何かしらの利点があるに違いない。

« Nephelium melliferum Gagnep. | トップページ | Erythroxylum cambodianum Pierre »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/57948192

この記事へのトラックバック一覧です: Rinorea anguifera Kuntze:

« Nephelium melliferum Gagnep. | トップページ | Erythroxylum cambodianum Pierre »

カテゴリー

無料ブログはココログ