« Aquilaria crassna Pierre ex Lecomte | トップページ | Rinorea bengalensis (Wall.) Kuntze »

2014年11月 2日 (日)

Strychnos axillaris Colebr.

Loganiaceaeと言えばFagraeaの他にStrychnosも東南アジアで割とふつうに見られる属のひとつ。Strychnosはインドシナ半島では十数種分布(たぶん)。花や果実がないと同定が難しい種類もありますが、慣れれば葉っぱ、巻きひげ(tendril)、枝の毛の有無だけでも結構同定てきてしまいます。

--------------------------------
Strychnos axillaris Colebr., Trans. Linn. Soc. London 12 (2): 356-357, pl. 15 (1818).
Distribution: Australia, Bangladesh, Cambodia, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Thailand, Vietnam.

Strychnos_axillaris
インドシナ半島に分布するStrychnosの中では常緑で小型の種。沢沿いなど、湿り気のある森に多く生えています。

Strychnos_axillaris2
葉裏は光沢があり、無毛。

Strychnos_axillaris3
腋生の花序をたくさんつけています。果実の色は一番上の写真のように最終的に赤くなります。

« Aquilaria crassna Pierre ex Lecomte | トップページ | Rinorea bengalensis (Wall.) Kuntze »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/57878574

この記事へのトラックバック一覧です: Strychnos axillaris Colebr.:

« Aquilaria crassna Pierre ex Lecomte | トップページ | Rinorea bengalensis (Wall.) Kuntze »

カテゴリー

無料ブログはココログ