« Rinorea anguifera Kuntze | トップページ | Cleistanthus myrianthus (Hassk.) Kurz »

2014年11月11日 (火)

Erythroxylum cambodianum Pierre

Erythroxylaceaeは4属約240種から構成され、アフリカや南米が分布の中心。東南アジアには少数が分布し、日本には残念ながら分布していませんでした。系統的にはRhizophoraceaeに近いそうです。

-------------------------
Erythroxylum cambodianum Pierre, Fl. Forest. Cochinch. t. 282 (1893).
Distribution: Cambodia, Thailand, Vietnam.

Erythroxylon_cambodiana_2
(1) 綺麗な楕円形の葉と下の写真に写っている (2)ちょっと尖った芽の形、(3) 托葉痕のように見える枝の横線があればこの種でOK。カンボジアでは密には生えていないけれど、薄く広く、割と普通に生えている小低木。

Erythroxylon_cambodiana2
葉裏。光沢がややあり、緩い網状脈が見える。

Erythroxylon_cambodiana3
果実のアップ。美味しそうな色をしているけれど、まだ食べたことはない。

« Rinorea anguifera Kuntze | トップページ | Cleistanthus myrianthus (Hassk.) Kurz »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/57958921

この記事へのトラックバック一覧です: Erythroxylum cambodianum Pierre:

« Rinorea anguifera Kuntze | トップページ | Cleistanthus myrianthus (Hassk.) Kurz »

カテゴリー

無料ブログはココログ