« Erythroxylum cambodianum Pierre | トップページ | Cleistanthus tomentosus Hance »

2014年11月12日 (水)

Cleistanthus myrianthus (Hassk.) Kurz

先日Brideliaを掲載し、その流れのPhyllanthaceae仲間としてはこの属も外せません。Brideliaに近縁な属で、東南アジアにおける森林の重要な構成要素のひとつのCleistanthus。140種ほどが分布し、属名は"hidden + flower"、小さい花にちなんだ名前でした。

--------------------
Cleistanthus myrianthus (Hassk.) Kurz, Prelim. Rep. Forest Pegu, App. A cx (1875).
Nanopetalum myrianthum Hassk., Verslagen Meded. Afd. Natuurk. Kon. Akad. Wetensch. 4: 141 (1855).
Distribution: Australia, India, Indoneisa, Malaysia, Myanmar, Philippens, Singapore, Solomon Islands, Thailand, Vietnam.

Cleistanthus_myranthus2
広域に分布する結構立派な木。インドシナではポツポツ見たことありますが、インドネシアではまだ見たことありません。下3枚の写真は日向の枝で、上の写真は日蔭の枝(でもそれぞれ別個体)。葉の形はずいぶん変わるようです。

Cleistanthus_myrainthus
花も実もあり、ちょうど良いシーズンに出会いました。確かに1つの木がこれだけ果実を実らせていたら、分布域も広くなるに違いない。

Cleistanthus_myrainthus3_3
葉裏は全面明るい茶褐色。最初に花も果実もない上の写真の個体を見たときは、黄金色の葉裏と膨れる葉柄からDurioの何かと思ってしまいました・・・。

Cleistanthus_myrainthus2
花と果実がいい具合に写っていました。Phyllanthaceaeなので果実は3裂します。

« Erythroxylum cambodianum Pierre | トップページ | Cleistanthus tomentosus Hance »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/57971419

この記事へのトラックバック一覧です: Cleistanthus myrianthus (Hassk.) Kurz:

« Erythroxylum cambodianum Pierre | トップページ | Cleistanthus tomentosus Hance »

カテゴリー

無料ブログはココログ