« Fagraea racemosa Jack | トップページ | Grewia hirsuta Vahl »

2014年10月21日 (火)

Barringtonia acutangula (L.) Gaertn.

Barringtonia paucifloraに続き、サガリバナの仲間をもう1種。

--------------------------
Barringtonia acutangula (L.) Gaertn., Fruct. Sem. Pl. 2: 97 (1791).
Eugenia acutangula L., Sp. Pl. 471 (1753).
Distribution: Afghanistan, Australia, Cambodia, China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Nepal, Pakistan, Philippines, Sri Lanka, Thailand, Vietnam.

Barringtonia_acutangula
カンボジアでは低地の乾燥林に広く分布しているやや普通な種類。広域分布種で変異が大きいようですが、インドシナの乾燥地に生えるタイプはだいたいこんな葉が薄くてテカテカしている雰囲気。

Barringtonia_acutangula2
Barringtoniaの特徴のひとつである、枝先に集まる葉縁の鋸歯の様子。この木にはツムギアリが巣をかけていて、あちこち噛まれてしまいました。噛まれた人にしか分からない、服の中から突然やってくるあの痛み。

Barringtonia_acutangula3
花の様子。午後だったのでほとんどの花は地面に落ちていましたが、わずかに咲き残っていました。

« Fagraea racemosa Jack | トップページ | Grewia hirsuta Vahl »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/57767069

この記事へのトラックバック一覧です: Barringtonia acutangula (L.) Gaertn.:

« Fagraea racemosa Jack | トップページ | Grewia hirsuta Vahl »

カテゴリー

無料ブログはココログ