« Chionanthus ramiflorus Roxb. | トップページ | Walsura robusta Roxb. »

2014年9月 5日 (金)

Walsura pinnata Hassk.

Meliaceaeにも小葉の柄の両端が膨れる種類がいくつかあります。

葉柄の両端が膨れている様子を英語では"Petioles (are) swollen at both ends."と表現したりします。このWalsura pinnataの場合は小葉柄が膨れているので、"Petiolules swollen at both ends."となる訳ですね、きっと。

--------------------
Walsura pinnata Hassk., Retzia 1: 147 (1855).
Distribution: Cambodia, China, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Philippines, Thailand, Vietnam.

Walsura_pinnata2  
小葉はだいたい2対。分布域が広く、1-5対のものまで変異があるようです。

Walsura_pinnata4
葉裏はやや白っぽく(下の写真の方が分かりやすい)、葉脈が細かいところまでよく見えます。

Walsura_pinnata3
果実は黄色。美味しそう。

« Chionanthus ramiflorus Roxb. | トップページ | Walsura robusta Roxb. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/57304803

この記事へのトラックバック一覧です: Walsura pinnata Hassk.:

« Chionanthus ramiflorus Roxb. | トップページ | Walsura robusta Roxb. »

カテゴリー

無料ブログはココログ