« Aglaia macrocarpa (Miq.) Pannell | トップページ | Walsura pinnata Hassk. »

2014年9月 4日 (木)

Chionanthus ramiflorus Roxb.

OleaceaeはOleaとChionanthusの関係がかなり混沌としていて、分類がすっきりしていません。未だに分からないのもたくさん・・・。その中で、広域かつやや普通に生えているこのChionanthusはたぶんこの種でOKでしょう。

---------------------
Chionanthus ramiflorus Roxb., Hort. Bengal. 3 (1814);
Distribution: Australia, Cambodia, China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Moluccas, Myanmar, Nepal, New Guinea, Philippines, Thailand, Vietnam.

Chionanthus_ramiflorus
幼木のときは葉がもっと幅広く、林縁、林内の光環境でも葉の形が大きく変異します。それらが同種と分かるようになるまで、ずいぶん時間がかかりました。

Chionanthus_ramiflorus2
表裏面とも葉質は他のOleaceaeに比べ、柔らかい感じがします。

Chionanthus_ramiflorus3
初めてみた果実。次は花を見て見たいものです。

« Aglaia macrocarpa (Miq.) Pannell | トップページ | Walsura pinnata Hassk. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/57279364

この記事へのトラックバック一覧です: Chionanthus ramiflorus Roxb.:

« Aglaia macrocarpa (Miq.) Pannell | トップページ | Walsura pinnata Hassk. »

カテゴリー

無料ブログはココログ