« Xanthophyllum sylvestre S.Moore | トップページ | Argyreia osyrensis (Roth) Choisy »

2014年9月22日 (月)

Argyreia mekongensis Gagnep. & Courchet

先日のErycibeに続いてConvolvulaceaeの仲間をもうひとつ。東南アジアの低地からやや高地まで広く分布するArgyreia。広域分布種もあれば狭分布種もあり、生物地理を考察するとなかなか面白い対象だと思います。種数も140種程度と多くもなく少なくもなく、適度な量。何種か同定しているので折をみてアップしていきましょう。

------------------
Argyreia mekongensis Gagnep. & Courchet, Notul. Syst. (Paris) 3: 134 (1915).
Distribution: Cambodia, Laos, Thailand, Vietnam.

Argyreia_mekongensis
乾燥フタバガキ林の環境に適応したArgyreia。カンボジアの低地にて。

Argyreia_mekongensis2
葉は細くて柄も短いですが、毛の雰囲気は確かにArgyreia。

Argyreia_mekongensis3
果実は発達した苞に包まれ、Argyreiaと気づいてからはすぐにこの種と同定できました。まだ花は見たことありません。この写真の果実は10月に見つけたものなので、花は7-8月頃でしょうか。

« Xanthophyllum sylvestre S.Moore | トップページ | Argyreia osyrensis (Roth) Choisy »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/57469585

この記事へのトラックバック一覧です: Argyreia mekongensis Gagnep. & Courchet:

« Xanthophyllum sylvestre S.Moore | トップページ | Argyreia osyrensis (Roth) Choisy »

カテゴリー

無料ブログはココログ