« Aporosa tetrapleura Hance | トップページ | Triadica cochinchinensis Lour »

2014年7月 6日 (日)

Alchornea tiliifolia (Benth.) Müll.Arg.

かなり広域に分布指定していて変異に富んでいるArchorneaの1種。線引きができないため、現在はこの名前で呼ばれているようです。これはタイでは南部に分布しているタイプ。

------------------------
Alchornea tiliifolia (Benth.) Müll.Arg., Linnaea 34: 168 (1865).
Stipellaria tiliifolia Benth., Hooker's J. Bot. Kew Gard. Misc. 6: 4 (1854).
Distribution: China, Bangladesh, Bhutan, India, Malaysia, Myanmar, Thailand, Vietnam.

Alchornea_tiliifolia
やや標高の高いところの沢沿い、場所によっては林縁でも普通にみられます。

Alchornea_tiliifolia2
葉の基部の脈は3つで、外側とそれぞれの間にglandがあり。

Alchornea_tiliifolia3
果実は短い花序に数個つき、表面は小さな突起があったりなかったり。

« Aporosa tetrapleura Hance | トップページ | Triadica cochinchinensis Lour »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/56727013

この記事へのトラックバック一覧です: Alchornea tiliifolia (Benth.) Müll.Arg.:

« Aporosa tetrapleura Hance | トップページ | Triadica cochinchinensis Lour »

カテゴリー

無料ブログはココログ