« Phyllanthus roseus (Craib & Hutch.) Beille, Gagnep. | トップページ | Antidesma ghaesembilla Gaertn. »

2014年7月 2日 (水)

Actinidia latifolia (Gardner & Champ.) Merr.

Actinidiaは温帯域の植物とばかり思っていましたが、熱帯にも生えていました。さすがに果実があると、シマサルナシにそっくりでマタタビ属の仲間だと容易に分かります。これはかなり広く分布している種類の模様。

----------------
Actinidia latifolia (Gardner & Champ.) Merr., J. Straits Branch Roy. Asiat. Soc. 86: 330 (1922).
Heptaca latifolia Gardner & Champ. in Hooker's J. Bot. Kew Gard. Misc. 1: 243 (1849).
Distribution: Cambodia, China, Laos, Malaysia, Thailand, Vietnam.

Actinidia_latifolia
台湾にも生えていて、タカサゴサルナシという和名もあるそうです。

Actinidia_latifolia2
葉裏は真っ白。

Actinidia_latifolia3
果実はシマサルナシに近い形状。食用になるそうですが、これはまだ若くて食べられませんでした。









« Phyllanthus roseus (Craib & Hutch.) Beille, Gagnep. | トップページ | Antidesma ghaesembilla Gaertn. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/56676462

この記事へのトラックバック一覧です: Actinidia latifolia (Gardner & Champ.) Merr.:

« Phyllanthus roseus (Craib & Hutch.) Beille, Gagnep. | トップページ | Antidesma ghaesembilla Gaertn. »

カテゴリー

無料ブログはココログ