« Sindechites chinensis (Merr.) Markgr. & Tsiang | トップページ | Epigynum griffithianum Wight »

2014年6月16日 (月)

Parameria laevigata (Juss.) Moldenke

今日もApocynaceaeのつるを一種。東南アジアに広く分布しており、やや乾燥する季節林~常緑樹林で割と普通に見ることのできる種、Parameria laevigataです。

--------------------
Parameria laevigata (Juss.) Moldenke, Revista Sudamer. Bot. 6: 176 (1940).
Aegiphila laevigata Juss., Ann. Mus. Hist. Nat. 7: 76 (1806).
Distribution: Cambodia, China, Indonesia, Malaysia, Myanmar, Philippines, Thailand, Vietnam.

Parameria_laevigata
葉はおおよそ5-9㎝。明るい林縁でよく見かけます。

Parameria_laevigata2
葉のサイズや側脈の数もSindechites chinensis に比較的似ていますが、Parameria laevigataは側脈の基部にdomatiaがあるのが最大の特徴。花がなくても容易に識別できます。

Parameria_laevigata3
花は6-7㎜程度と小さく、でも形はしっかりApocynaceae。花はとっても良い香りがします。

« Sindechites chinensis (Merr.) Markgr. & Tsiang | トップページ | Epigynum griffithianum Wight »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/56521801

この記事へのトラックバック一覧です: Parameria laevigata (Juss.) Moldenke:

« Sindechites chinensis (Merr.) Markgr. & Tsiang | トップページ | Epigynum griffithianum Wight »

カテゴリー

無料ブログはココログ