« Parameria laevigata (Juss.) Moldenke | トップページ | Epigynum cochinchinensis (Pierre) Mabb. »

2014年6月17日 (火)

Epigynum griffithianum Wight

Apocynaceaeは白い花が多いですね。この種もインドシナ半島では広く分布していて、やや普通に見ることのできる種のひとつ。

種小名はイギリス人医師のWilliam Griffithに献名したもの(と思います)。彼はインドやミャンマーを中心に植物採集を精力的に行った人物。Elaeocarpus griffithii A. Gray, Rhododendron griffithianum Wight、 Anacolosa griffithii Mast.など、彼の名にちなんだ(と思われる)多くの植物が知られています。また、Calamus palustris Griff., Isonandra obovata Griff (=Palaquium obovatum (Griff.) Engl.),
Tristania merguensis Griff. (=Tristaniopsis merguensis (Griff.) Peter G.Wilson & J.T.Waterh.) などなど、彼が記載した種も数多くあります。

--------------------------
Epigynum griffithianum Wight, Icon. Pl. Ind. Orient. 4: t. 1308 (1848).
Distribution: Cambodia, India, Laos, Malaysia (Peninsula), Myanmar, Thailand, Vietnam.

Epigynum_griffithii
葉の表面は深緑色をして、7-8対の側脈、黒紫色を帯びる枝、といったところがこの種の識別形質。葉のサイズは林内の日蔭では大きく、かなり変異します。

Epigynum_griffithii2
葉裏はやや白色を帯び、三次脈までうっすらと見える程度。

Epigynum_griffithii3
花は頂生。花筒はやや長く2-2.5㎝ほど。

« Parameria laevigata (Juss.) Moldenke | トップページ | Epigynum cochinchinensis (Pierre) Mabb. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/56532592

この記事へのトラックバック一覧です: Epigynum griffithianum Wight:

« Parameria laevigata (Juss.) Moldenke | トップページ | Epigynum cochinchinensis (Pierre) Mabb. »

カテゴリー

無料ブログはココログ