« Ardisia quinquegona Blume | トップページ | Rapanea yunnanensis Mez »

2014年5月 9日 (金)

Rapanea neriifolia var. macrocarpa (Pit.) C.M.Hu

Rapanea neriifolia var. neriifoliaと同定していたこの植物。R. neriifoliaの名前を調べてみれば日本ではタイミンタチバナと呼ばれていました。タイミンタチバナはMyrsine seguinii H.Lév.のシノニムにされていることもあるようで、この辺りの属の違いが何なのか、ちょっとまだ整理が追いついていません。

残念ながらまだ花も果実も見たことがなく、どれくらいタイミンタチバナと違っているのか気になるところ。

----------------------
Rapanea neriifolia (Siebold & Zucc.) Mez, Pflanzenr. (Engler) IV. 236 (Heft 9): 361 (1902).
var. macrocarpa (Pit.) C.M.Hu, Fl. Cambodge, Laos & Vietnam 32: 182 (2004).
Distribution: Cambodia, Vietnam.

Rapanea_neriifolia
葉の様子。var. neriifoliaより幅広い葉をしています。

Rapanea_neriifolia2
葉裏の脈はほとんど見えず。

Rapanea_neriifolia3
花芽は腋生で葉の落ちた古い枝からもたくさん出ていました。こういう特徴は一緒ですね。

« Ardisia quinquegona Blume | トップページ | Rapanea yunnanensis Mez »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/56132199

この記事へのトラックバック一覧です: Rapanea neriifolia var. macrocarpa (Pit.) C.M.Hu:

« Ardisia quinquegona Blume | トップページ | Rapanea yunnanensis Mez »

カテゴリー

無料ブログはココログ