« Myrsine semiserrata Wall. | トップページ | Clematis leschenaultiana DC. »

2014年5月12日 (月)

Myrsine affinis A. DC.

MyrsineとRapaneaの関係について、J.Chen & J.J. Pipoly, Myrsinaceae In: Flora of China 15: 34 (1996)に以下の説明をみつけました。うーん、分かったような分からないような・・・この世界的レベルで吟味したという論文を探して読みたいところです。

"Myrsine
and Rapanea have traditionally been regarded as separate genera, especially in regional and local floras. However, when the two genera are examined on worldwide basis, the alleged differences between them do not hold. Myrsine and Rapanea are poorly represented in China, as evidenced by the presence of only 11 out of the approximately 300 species in the entire world. The Chinese species are easily assigned to Myrsine and Rapanea as traditionally circumscribed. For that reason, most Chinese authors prefer to maintain both genera."

それにしても、Myrsineは世界に300種もあるそうですが、私はまだタイミンタチバナとツルマンリョウを含めても5種しか出会っていません。先はまだまだ長いですね。

こちらはジャワ島の標高2200-3000mで出会ったMyrsine。
---------------------
Myrsine affinis A. DC., Prodr. [A. P. de Candolle] 8: 96 (1844).
Distribution: Indonesia +?.

Myrsine_affine
葉は6-8㎝と小型でなかなか可愛らしい。

Myrsine_affine3
もう少しアップで。枝の古い部分から小さな花芽が出てきている。

Myrsine_affine2
葉柄が赤色になるところや、だらしなさを漂わせる脈の見えない葉裏はやっぱりMyrsineです!

« Myrsine semiserrata Wall. | トップページ | Clematis leschenaultiana DC. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/56169491

この記事へのトラックバック一覧です: Myrsine affinis A. DC.:

« Myrsine semiserrata Wall. | トップページ | Clematis leschenaultiana DC. »

カテゴリー

無料ブログはココログ