« Goniothalamus tamirensis Pierre ex Finet & Gagnep. | トップページ | Goniothalamus repevensis Pierre ex Finet & Gagnep. »

2014年4月 9日 (水)

Goniothalamus undulatus Ridl.

同定していたAnnonaceaeのネタが尽きてしまったので、今日はタイで見つけたGoniothalamus1種を新たに同定してみました。

タイのGoniothalamusについては、下記の論文でとてもよく整理されています。これなら花か果実があれば同定できるはず!
---------------------
Saunders R.M.K. and Chalermglin P. (2008) A synopsis of Goniothalamus species (Annonaceae) in Thailand, with descriptions of three new species. Botanical Journal of the Linnean Society 156: 355–384
---------------------
と勢いづいて、Kaeng Krachan(Petchaburi 県)で見つけたこの種を同定したところ、Goniothalamus undulatus Ridl.にいきあたりました。しかし分布図からすると、この地域にはG. undulatusではなく、Goniothalamus sawtehii C.E.C.Fisch. が分布している模様。うーむ。

まあでもきっとG. undulatusなのでしょう。良く似たこの2種は花形質も違うようなので、今度花を探しに行けば明確な結論が得られるはず。以下の写真は10月4日に撮影したものなので、5-8月頃に行けば花が見れるかなぁ。

---------------------
Goniothalamus undulatus Ridl., J. Fed. Malay States Mus. 10: 81 (1920).
Distribution: Thailand

Goniothalamus_undulatus2
4-6mのすらっと伸びた低木で、葉は15㎝前後。

Goniothalamus_undulatus
若い枝や葉裏の脈上には短い茶色い毛が密に生えています。

Goniothalamus_undulatus3
果実の様子。Monocarpaの得が1.6㎝ほどあり、この特徴から判断するとG. undulatusに(G. sawtehiiは柄がsubsessile または6㎜以下)。

« Goniothalamus tamirensis Pierre ex Finet & Gagnep. | トップページ | Goniothalamus repevensis Pierre ex Finet & Gagnep. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/55714477

この記事へのトラックバック一覧です: Goniothalamus undulatus Ridl.:

« Goniothalamus tamirensis Pierre ex Finet & Gagnep. | トップページ | Goniothalamus repevensis Pierre ex Finet & Gagnep. »

カテゴリー

無料ブログはココログ