« Combretum punctatum Blume | トップページ | Bouea oppositifolia (Roxb.) Adelb. »

2014年4月22日 (火)

Combretum indicum (L.) DeFilipps

山地に割と普通に生えている、つる性のCombretum。たくさん見かけていましたが、長い間正体不明であり、花が咲いているのをみつけてようやく同定できました。Quinsqualisの名で広く呼ばれています。

----------------------

 Combretum indicum (L.) DeFilipps, Useful Pl. Dominica: 277 (1998).
Quisqualis indica L., Sp. Pl. ed. 2: 556 (1762).
Distribution: Africa, Bangladesh, Cambodia, China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Nepal, Pakistan, Papua New Guinea, Philippines, Singapore, Sri Lanka, Thailand, Vietnam, Pacific islands

Comgretum_indicum2
花は枝先に集まって咲く。

Comgretum_indicum3
葉裏の脈は隆起して、毛があるためザラザラしています(毛の程度にはかなり変異があり)。

Comgretum_indicum4
赤いものから白っぽいものまで花弁の色も大きく変異があります。

Comgretum_indicum
一部では葉が変化してトゲ状になったりします。

« Combretum punctatum Blume | トップページ | Bouea oppositifolia (Roxb.) Adelb. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211120/55885137

この記事へのトラックバック一覧です: Combretum indicum (L.) DeFilipps:

« Combretum punctatum Blume | トップページ | Bouea oppositifolia (Roxb.) Adelb. »

カテゴリー

無料ブログはココログ